人気ブログランキング |

タグ:温泉 ( 28 ) タグの人気記事

熱海 ふふのお部屋

こちらは、とてもモダンで
温泉旅館ではなく、ホテルといった雰囲気でした。。。


d0013068_10433860.jpg
リビングは掘りごたつ式で、居心地は良かったのですが
少し窮屈感がありました。
友人の家にでも遊びに来ている気分でした。
もっとお高いお部屋は、とても広いようです。
ネスプレッソマシンも置いてあり
お部屋でおこもりタイプのお宿ですネ。

d0013068_10525663.jpg
こちらは寝室です。
とても寝心地の良いベッドでした。


d0013068_10575730.jpg
洗面台が2つあり
アメニティも充実していました。


d0013068_10590551.jpg
お部屋の冷蔵庫内ですが・・・・・
いくら頂いても無料です。。。
いくら頑張っても、全部はいただけませんが。。。

湯上りサイダーが美味しい。

d0013068_11051528.jpg
お部屋に付いている露天風呂です。
ベランダのようなところにあるので
残念ながら、あまり景色などが見えず
開放感はありません。
TVが付いていたので、以外に長湯になってしまうかも。。。。


d0013068_11130663.jpg
こんな空間もありましたが・・・・
あの日は寒い日だったので
利用する機会がありませんでした。


d0013068_22441777.jpg

食事や大浴場に行くときに使用した
お洒落なバック。。。。

大浴場が以外にも小さく・・・・・
時間的な関係もあると思いますが
他のお客さんが集中して、落ち着いて利用できなかったのが残念。

d0013068_11274243.jpg

お部屋にはスマートスピーカーが設置されており
音楽などを楽しみました。


有名な温泉旅館だったので・・・・
機会があったら泊まってみたかったのですが。
10年くらい前だったら、お洒落でモダンな
空間で喜んだかもしれません。
最近は、私が温泉宿に求めるものが
ちょっと違ってきたのかな?と感じました。

やはり雄大な自然や景観、その土地の食材や郷土料理など
もう少し、非日常的な雰囲気を感じたかったかもしれません。


d0013068_18282871.gif




by cherry2005 | 2019-03-27 22:39 | 旅行・お出かけ | Trackback

熱海ふふの弥生お献立

熱海では、熱海ふふに宿泊しました。
とてもモダンな温泉宿で、まるでホテルのような感じでした。

食事は、鉄板焼きか日本料理を選べるため
私たちは日本料理を注文。

d0013068_14315579.jpg
前菜2人分で
梅の枝が添えられ、雛飾りのように出てきました。

蛍烏賊と浜防風の白和え、根三つ葉と芹の海苔浸し
飯蛸の土佐ジュレ、穴子桜の寿司
白魚と百合根のかき揚げとたらの芽、黄身揚げ。


d0013068_16455400.jpg
お椀は水雲真丈。
水雲は、もずくらしく・・・・
もずくの入った真丈に筍や平貝が
がありました。
良いお出汁がでていて美味しい。

d0013068_17001975.jpg
お造りも2人分。。
本鮪に真鯛、鰹の三種類です。
本鮪は、上品ながら脂がのっていて
上質でした。

d0013068_17111597.jpg
長野の純米酒をいただきました。
こちらの酒器が素敵でした。
旅館内のお店にも販売されていたので
少し迷いましたが、結果的に買いませんでした。

d0013068_17164302.jpg

地金目鯛と春野菜。
よもぎ麩やうるい、蕗の薹や
うどなど、春の味覚がいっぱいでした。

d0013068_17235912.jpg
黒毛和牛のグリル
付け合わせは、ポテトや行者にんにくの天ぷら
ひろっこ炒めです。
ひろっこは、雪の下で保存していた
あさつきのようです。

お肉が少しだったので、ちょっと残念。。。。

d0013068_17470767.jpg

鰆と蕗の釜炊き込みご飯


d0013068_17504327.jpg
デザートはパパイヤやオレンジ、パンナコッタの
抹茶ソースとバニラアイス。
そして・・・桜餅でした。

食事は・・・・ロビー棟にあるレストラン夢音でいただきました。

案内された席が、窓際のカウンター席みたいな席だったのですが
並び席で、ちょっと違和感がありました。
スタッフからは、お庭がよく見えるようにと
言われたのですが、残念ながら暗いので
夕食時はあまり見えませんでした。


d0013068_18282871.gif




by cherry2005 | 2019-03-21 18:30 | 和食 | Trackback | Comments(6)

熱海に行ってきました!  sanpo

オットは何度も行っているのですが
実は、私は初めての熱海です。
だいたい温泉地と言うと
私も含めて中高年世代以上が中心かと思ったら・・・・・

d0013068_14550683.jpg
熱海駅周辺は、老若男女を問わず賑わっておりました。。。
タクシーの運転手さんによると
最近は、若い人を中心にパワースポットになっていて
とても人気の温泉地になっているらしい。


d0013068_15022104.jpg
東京駅から新幹線で約40分で
熱海駅に到着です。

オットは、比内地鶏の鶏飯
私はカニ、いくら、焼きホタテ弁当。。。
乗車時間が40分なので、お弁当を食べるには
とても慌ただしかったです (汗)

d0013068_11355203.jpg
熱海駅前にある山六ひもの店さんへ。
こちらは、店頭で試食もできるので
お味は間違いないです。
とろ鯵は、身が厚くって脂がのってるから美味しい (^^)

d0013068_15093041.jpg

この日は、幸いにも暖かい日でした。
湯~遊~バス1日乗車券(700円)を購入して
熱海市内の名所巡りをしました。

まずは、寛一・お宮の銅像の前で下車。

d0013068_22514484.jpg

青空の美しい、良いお天気でした。
海を眺めながらの散策は
とても気持ちが良かったです。

d0013068_15160545.jpg

海を背景に、熱海桜も満開でした。


d0013068_15342945.jpg

MOA美術館 にも立ち寄りました。。
美術館から海が見えて
とても素敵な美術館でした。

d0013068_15404432.jpg
エントランスから美術館本館まで約60mの高低差があるため
7基のエスカレーターが設置されています。
壁面や天井の照明が刻々と変わり
色彩のグランデーションが神秘的で
楽しめました。

d0013068_15521115.jpg
円形ホールには、日本最大の万華鏡の
マッピングを鑑賞することができます。

d0013068_15552932.jpg
現在展示していたのは
国宝の紅白梅図屏風です。
江戸時代中期の絵師 尾形光琳の晩年の傑作です。


d0013068_15555897.jpg
撮影不可の作品もありましたが・・・
わりと撮影が可能な作品も多かったです。

美術館内はとてもモダンなのですが
展示しているものは日本の美術品が中心です。


d0013068_17500368.gif


by cherry2005 | 2019-03-06 17:51 | 旅行・お出かけ | Trackback | Comments(4)

笛吹温泉 坐忘の朝食と庭園を散策

昨晩の天気予報で
今日は関東地方も、遅い時間に雪が降ると言っていましたが
午前中、早くも雪が散らついていました 176.png

昨年の12月24日から19日間も
雨が降っていないそうです。
今日は少し・・・・雨が欲しいところです。

d0013068_14213049.jpg

お夕飯の時に利用した、築140年の古民家です。
夜は薄暗くて、あまり分かりませんでしたが
風情のある建物です。。。

d0013068_14225949.jpg
朝食も・・・・こちらの
古民家でいただきました。

d0013068_14241149.jpg
古民家の雰囲気に合わせて
器は古伊万里を使っていました。。。。

d0013068_14251275.jpg

山里の旬の食材を使った、素朴な体に優しい朝食でした。

d0013068_14323947.jpg
朝食後・・・・日本庭園を散歩していたら
雄大な富士山が見えました。

d0013068_14345532.jpg

d0013068_14352410.jpg
敷地が3000坪あるそうです。。。
とても広いお庭を散策すると、小川が流れていたり
大きな池には、鯉が気持ち良さそうに
泳いでいました。

このような静かな空間にいると・・・・
慌ただしい日常を忘れて、穏やかな気持ちになります (^^)
 


d0013068_14530129.gif




by cherry2005 | 2019-01-12 14:58 | 旅行・お出かけ | Trackback | Comments(4)

笛吹温泉 茶懐石とワインのマリアージュ

新年明けましておめでとうございます

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
年末から年始と・・・・お天気が良くて
穏やかな新年を迎えられた事に感謝しております。

お天気が良いので、ついつい洗濯や掃除と・・・・・
普段さぼり気味なので、チョコチョコと家事に励んでいたら
普段の生活より疲れました。。。 (汗)
日本人の悪い癖で、お正月疲れでしょうか?

d0013068_11102873.jpg

昨年の事ですが・・・・・
リニア体験試乗の時に山梨県内まで出かけたので
笛吹温泉に一泊してきました。

d0013068_11061891.jpg
お夕飯に、茶懐石がいただける坐忘に泊まりました。
今回、本格的な茶懐石は初めての体験です。

スタートは、一汁三菜です。
お汁は、白味噌仕立てで湯葉が入っていました。
向付は、平目のお刺身で煎り酒でいただきました。
平目は脂がのっていて、美味しい。

d0013068_11312319.jpg
煮物椀は百合根饅頭や海老。
百合根饅頭は、もっちりとしてほんのり甘くて
美味しかったです。
薄味のお出汁で、上品なお味でした。

d0013068_11341977.jpg
乾徳山天子炭火焼き(2人分)
天子はヤマメとかなり似ていますが?

d0013068_11571922.jpg
天子炭火焼きの取り皿です。
器にもいろいろとこだわりがあって
素晴らしかったです。

d0013068_12090668.jpg
鯛とかぶらの炊き合わせ
器は、魯山人の写しだと思いますが?
大きな椿の花がインパクトあります。

d0013068_12292012.jpg
甲州牛(2人分)

d0013068_12345776.jpg
軽く炭火で炙っていただきました。
お肉本来の旨味を、シンプルに味わいました。


d0013068_12370871.jpg
実は・・・・あまり日本料理にワインをいただく事がなく
温泉旅館に行ったら、地元の日本酒を楽しむことが多かった私たちですが。。。。
今回、珍しくそれぞれの料理とのペアリングで5種類のワインを楽しみました。
スタートは、スパークリングから始まり、甲州牛には
まるき葡萄酒のラフィーユ 樽ベーリーAを楽しみました。

正直・・・・日本の赤で、ここまでエレガントで
バランスのとれたワインは初めてかも。
美味しい1杯でした。

d0013068_12483589.jpg

甲州産の百目柿と椎茸やアワビの煮貝


d0013068_12520395.jpg
箸洗いは、昆布だしのお吸い物です
箸洗いは、「口の中をさっぱりさせて、箸の先を
洗ってください」と言う意味があるらしい。


d0013068_13040408.jpg

八寸は五穀豊穣というテーマだそうです。
この順番で八寸も珍しいです。。。。
子持ち昆布や稲穂、焼栗、むかご、銀杏や松の実、胡桃など。

d0013068_13060427.jpg
ずわい蟹と栗ご飯、お吸い物は焦がし湯。
デザートは抹茶と信玄餅にアイスクリーム。

d0013068_13122213.jpg

140年の古民家を改装した建物の中にある
懐石まる喜。
今回、幸運なことにカウンターで食事を楽しむことができました。

ご主人自ら、料理の説明や茶懐石の意味などをお話しいただき
とても貴重な体験をいたしました。


d0013068_13201596.gif





by cherry2005 | 2019-01-03 13:32 | 和食 | Trackback | Comments(10)

櫻湯 山茱萸の夕食

早いもので12月・・・・・
今年も残すところ1ヵ月となってしまいました ^^;
今年の冬は暖かいので、寒がりの私としてはありがたい日々です。。

9月末に宿泊した山茱萸の夕食です 169.png

d0013068_13371516.jpg
食前酒は、蜂蜜のお酒で微発泡でした。。。
先付けは、柿の白和えと蕪の柚子味噌かけ。
むかごが上に乗っています。

d0013068_13403161.jpg
前菜は、鶏と茸の和え物や鮎甘露煮
菊花寿司やあけび味噌と豚肉、銀杏。
素朴な雰囲気ですが、まさに実りの秋を表現していますネ。。。

d0013068_14261930.jpg

今年は、松茸が豊作とお聞きしました。。。。
思い切って、追加で頂いてよかったです(^^)
シンプルに網焼きで、すだちと一緒が正解でした。

d0013068_14211040.jpg
やっぱり日本酒。
地元のお酒で、純米大吟醸 東の麓です。

d0013068_13451403.jpg
お吸い物は、萩真薯と白きくらげ
海老の真薯でふわふわでした。

d0013068_13484412.jpg
お造りは、鮪と鯛

d0013068_13495045.jpg
秋鮭の豊年焼き(2人分)
豊年と言うことで・・・・鮭に
お米の蒸したものが添えられていました。

d0013068_13544710.jpg
箸休めはむき蕎麦と穴子

d0013068_13561163.jpg
米沢牛ステーキ(2人分)
欲を言えば、これが1人分だったらよいのに。。。。。
美味しかったです。

d0013068_14000549.jpg
ホタテの柿酢添えともって菊

d0013068_14011567.jpg
山形名物いも煮
里芋が口当たりがなめらかで美味しい。
わりとあっさり味ですネ。
d0013068_14024528.jpg
ご飯とお漬物
デザートはピオーネとカボチャプリン

朝晩の食事は、お部屋でゆっくりいただきました。
料理の出すタイミングも良かったし・・・・
畳での座卓が苦手なので、堀ごたつ式になっていたのが
とても居心地が良かったです。

寝室のお部屋があるので
食後の布団の上げ下ろしの時間を
気にすることもないので、気分的に楽でした。


d0013068_14193118.gif




by cherry2005 | 2018-12-02 14:23 | 和食 | Trackback | Comments(4)

南陽温泉 櫻湯 山茱萸でゆったりまったり ♪ sanpo

肌寒くなると、温かい温泉が恋しくなります。

10月の末に、東北の温泉に行ってきました。
凄く疲れていて、風邪をひきそうな感じだったのですが
一泊でしたが、とても元気になって東京に戻ることができました。

d0013068_13442794.jpg
今回は南陽温泉の櫻湯 山茱萸に宿泊しました。 
全部で7室しかない、こじんまりとした
静かな温泉宿でした。

d0013068_13592662.jpg
一休プランで、広いお部屋にお得に泊まることができました。
和室の主室で、ゆっくりと食事をいただきました。
テーブルが掘りごたつ式になっていて
居心地が良かったです。

d0013068_14062370.jpg
緑の多い庭に面したリビング
とても寛げました。
湯上りに、景色を眺めながら
コーヒーを楽しんで、のんびりと過ごせました。

d0013068_14125367.jpg
こちらは、主室とリビング・・・・・
そして、最初からお布団が敷いてある寝室がありました。
早めにチェックインして、温泉に入ってから
お昼寝が楽しめました。。。

広々とした間取りに、ゆったりとした空間だったので
とても疲れがとれました。

d0013068_14233438.jpg
お部屋に付いている露天風呂。

d0013068_14314639.jpg
まだ紅葉は早かったのですが・・・
広々としたお庭を眺めながら温泉に入れるのは
本当に贅沢な気持ちになりました。

d0013068_14345278.jpg
一枚だけ、赤く色づいた紅葉を見つけました。


d0013068_14501969.jpg
山茱萸から歩いて3分のところに
酒井ワイナリー があります。
創業1892年の東北で一番古いワイナリーです。


d0013068_14563585.jpg
家族経営のこじんまりとしたお店です。
国道13号線を車で走ると
急な傾斜地にブドウ畑が見えてきます。
昔ながらの製法にこだわり
畑では羊を飼いながらブドウを栽培しているそうです。
きっとご苦労も多い事だと思います。


d0013068_15173317.gif


by cherry2005 | 2018-11-24 15:27 | 旅行・お出かけ | Trackback | Comments(4)

奥湯河原 海石榴での食事

昨年の11月末に宿泊したときの食事です。
最近は、TVのCMも放映されているみたいです。。。。

d0013068_14510268.jpg
スタートはザクロの食前酒でした。
前菜の華やかな器や演出に圧倒されます。
カマスの山椒寿司、干し柿の砧巻き。
金色の細長い器には、焼き胡桃の葛煮、サーモン胡麻豆腐
小芋、銀杏やイカ黄身焼きなど。

d0013068_12434605.jpg
甘鯛の澄まし汁椀月見見立て
しっかりとした出汁の風味や旨味が味わえて
美味しかったです。

d0013068_12493718.jpg
本鮪、石鯛、ひらまさ、ホッキ貝に才巻海老
竜飛産の本マグロは絶品でした。

d0013068_12540506.jpg
こちらの旅館のオリジナルのお酒があったので
注文してみました。
思ったより甘めだったので・・・・
おせち料理に合いそうな感じだったことを
思い出しました。

d0013068_13351946.jpg
相州牛フィレ肉と松茸の陶板焼き
小鉢は、焼き茄子うるか添えと白和え。
磯つぶ貝の柔らか煮もありました。

d0013068_13413780.jpg
こちらの名物 山北産すっぽんのつみれ鍋
すっぽんのつみれは、とても柔らかくフワフワな食感で
生姜風味が美味しい。
私などは、珍しいスッポンがいただけて
嬉しかったのですが。。。。
外国人のお客さんに、亀のミートボールと説明すると
嫌がるお客さんも多いらしいそうです。

d0013068_13475939.jpg
北海道産の新米「ふっくりんこ」と赤だし。
自家製のの香の物。

d0013068_13501189.jpg
デザートは柿、幸水と巨峰といちじくのスムージー。
右側のは栗きんとんの和菓子。

料理の品数も多いので、部屋出しのタイミングが難しく
少し間が空いてしまうこともありました。
思った以上に食事に時間がかり、9時からマッサージを
頼んでいたため、デザートは後回しになっちゃいました。

伝統的な高級旅館として・・・・
お部屋出しを頑張られているのだと思いますが
経営者も変わり、以前と違って人やサービスの
見直しもあった事と推測します。
個人的には、合理的にお食事処でいただいたほうが
温かいものは温かく、美味しいお料理を
堪能できるのではないかと思いました。

やはり、有名な高級旅館という事で・・・・
どうしても、利用する客側は期待値が高くなってしまいます。

d0013068_14022884.gif





by cherry2005 | 2018-01-20 14:08 | 和食 | Trackback | Comments(4)

奥湯河原 海石榴で温泉三昧 ♪ sanpo

昨年の事になりますが
奥湯河原にある海石榴 に泊まりました。。。。
寒いと温泉が恋しくなります。

d0013068_22224892.jpg
玄関を入るとお庭が見える
和室のロビーに案内されます。
こちらでお抹茶とお菓子をいただきました。

オットがバブルな時代に
こちらの旅館で宴会をしたと言って
年配の仲居さんを喜ばせていました。。。

d0013068_21323761.jpg
館内には椿が飾られ・・・・・
タオルやカップも椿でした。

d0013068_21372012.jpg
私たちが宿泊した部屋は・・・・
和室の他に、音楽やお茶が楽しめる
リビングがあって寛げました。

d0013068_21432888.jpg
お部屋には露天風呂も付いており・・・・・
お湯も柔らかくって、何度も入りました。
気持ち良かったです101.png

d0013068_21472186.jpg
お部屋の露天風呂からは・・・・・
木々に囲まれたお庭が眺められ
こちらのシンボルの椿も見ることができて癒されました。

最近の幸せは温泉です(笑)
肩こりがひどいので、その後のマッサージも楽しみです。

お部屋にはなぜか?
北海道のミシュラン本が置いてありました。
どうやら2012年に、経営が野口観光に変わったらしい。。。。。

d0013068_22053109.gif



帰りに小田原城へ ♪
by cherry2005 | 2018-01-19 22:15 | 旅行・お出かけ | Trackback

温泉で米沢牛創作料理を堪能

急に寒くなったり、台風が来たりと・・・・・
なんだか落ち着かない感じです。
大きな被害がありませんように
早く台風が通過することを祈るばかりです。

d0013068_15564452.jpg

久しぶりに東北の温泉へ。。。。
東北自動車道の福島飯坂ICから車で1時間ほど走ると・・・・
山形県米沢市郊外にある、森の中の湯の沢温泉 時の宿すみれ があります。
寒かったですが・・・・
まだ紅葉は早かったみたいです。
d0013068_16181357.jpg
こちらは、米沢牛の創作懐石コースがいただける
温泉宿として有名です。
すっかりリラックスした浴衣スタイルで
鉄板焼きカウンターに座れるのも、温泉ならではの
寛ぎのひと時です。。
あの夜は、ボルドーの赤をお友に米沢牛を楽しみました。

d0013068_16243574.jpg

スタートは、内もものローストとカプレーゼ。
秋のほおずきと共に
内ももが柔らかく、少し酸味のあるほおずきが
アクセントになっていました。

d0013068_16274543.jpg
ほほ肉とマッシュルームのスープ
松茸を添えて。

マッシュルームをベースにシイタケを入れているそうですが
お肉のスープも効いていて
とても濃厚で美味しい。

d0013068_16303621.jpg

まくらの湯引きとそうめんかぼちゃサラダ
まくらとは?
牛の肩の部位らしい。。。

d0013068_16501637.jpg
外ばらのロースト トリュフ入り
白ワインソース。

トリュフは中国産を使っているそうです。。。
中国でも採れるだなぁ~と、妙に感心してしまいました。

d0013068_16530940.jpg

大トロポワレのにぎりと特上カルビのあぶり
大トロポワレは、口の中にいれると
自然にとろける触感がたまりません。。。
シャリの酢が強めで
濃紺なお肉と相性良かったです。。。。

d0013068_16565424.jpg
とも三角のすみれ漬け
後ろ脚の付け根らしく、味噌と酒粕で
漬けたものです。
d0013068_17182773.jpg

ランプのステーキです。
シンプルに塩を付けて、赤身の旨味を
堪能しました。。。
d0013068_17201558.jpg

青菜の冷や汁や千本と二色菊となめこジュレ和え
千本とは、外もも肉の左右に一本ずつしかないすじ肉
だそうです。

〆は、肩三角と牛しぐれのシソの実茶漬けでした。

d0013068_20151153.jpg
デザートは、プリンのタルトとキャラメルアイスクリーム
デザートは、場所を移動して
ピアノ演奏を聴きながら、ラウンジでいただきました。

米沢牛の希少部位を食べつくすことができて、満足でしたが。。。
これだけお肉尽くしだと、翌日少々
胃が重かったです (汗)

お肉好きには、たまらない温泉宿だと思います。


d0013068_14182277.gif

by cherry2005 | 2017-10-22 20:37 | その他・無国籍料理 | Trackback | Comments(8)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る