タグ:港区 ( 65 ) タグの人気記事

六本木 エディション・コウジ シモムラでランチ

地下鉄六本木一丁目の駅から直結したティーキューブビル内の1階にあるエディション・コウジ シモムラでグルメなにゃん姉さんとランチしてきました。。。。
方向音痴で地図の読めない私でも、このお店だったら現地集合でOKでした!
にゃん姉さんは・・・・・・都内のフレンチやイタリアンにとっても詳しいので、この日も都内のグルメ事情を、たっぷりとご教授いただきましたヨ 
d0013068_1140496.jpg

オーナシェフの下村さんは、1990年~8年ほど渡仏し「ラ・コート・ドール」「トロワグロ」など他にもフランスやイタリアの3つ星レストランを中心に修行を重ねられたそうです。
帰国後は、フランス大使公邸で開催されたアランデュカスのレセプション料理などを担当した、輝かしい経歴の持ち主emoticon-0171-star.gif
店内も、シンプルモダンなセンスの良い空間。
d0013068_11582248.jpg

アミューズはケッパーと生ハムのプチハンバーガ、パルメザンのお煎餅添え
最初から、洗練された料理が出てきて・・・・・・次の料理に期待が胸膨らみます。
d0013068_1275744.jpg

前菜は、冷製ブータンノワールと紅玉リンゴのコンビネーション
このお皿がテーブルに運ばれてきた時、思わずため息が出たくらい~盛りつけの美しさ、立体感のあるアートな世界に感激してしまいました。
最近ブータンノワール(豚の背脂や豚血を腸詰めした料理)を出しているお店が多くなりましたが、こちらのは~珍しい冷製タイプで、極めのこまかい繊細な食感でリンゴのピューレとも好相性。
お皿の上の茶色の植物はアマランサスの発芽だそうです。
d0013068_12303147.jpg

メイン料理は的鯛の軽やかなフリット ブロッコリーとレモンのコンフィテュール
的鯛が柔らかくしっとりと焼きあげられており、カダイフの衣がサクサクっとした軽やかな食感にし仕上げられていて美味しい。。。。。
爽やかな美しいブロッコリーのソースと、的鯛の下にはレモンのコンフィテュールが隠れており、酸味が良いアクセントになっていて豊かな素晴らしい料理に仕上がっていました。
カダイフとはギリシャやトルコなどが起源とされる極細の麺。

d0013068_1254085.jpg
デセールが運ばれると、ソルベカカオ(カカオを瞬間冷凍したもの)をスタッフが直接サービスしてくれる演出がありました。


d0013068_1321836.jpg



              カカオウォータ
ヴェネズエラ産のカカオニブから水で抽出したものらしい~
なんだか神秘的なお味。。。。。


d0013068_1382100.jpg

デセールはクリーム未使用のガナッシュショコラのムース、ソルベカカオ添え
最初、他の料理と比較すると平凡?なんて、浅はかな発言をしてしまったら、珍しいカカオウォータやソルベカカオなどがあとから登場。。。。。
ガナッシュショコラのムースはクリーム未使用のため・・・・・・濃厚で甘さ抑えめのクオリティの高い大人のデザートに仕上がっていました!
d0013068_13243435.jpg

プティフルはチコリと豆乳のムース、上にはカボチャのムースと種が可愛く乗っかっています。

東京に来て、初めての本格フレンチのお店がこちらだったのですが・・・・一皿一皿の料理の完成度の高さやシェフの洗練されたセンスの良さなど~モダンで美味しい料理の数々。
食事後シェフや他のスタッフが来られ、気さくに料理だけでなく、インテリアやサービス、カトラリーの話しをお聞きする事ができました~
ランチでも十分に満足感が得られる、素晴らしいフレンチ (^^)
by cherry2005 | 2008-04-30 13:52 | フレンチ | Trackback(1) | Comments(10)

汐留 コンラッドホテル チャイナブルーでランチ

まるで香港の高層ビル群みたいですが、汐留です。。。。。
午前中雨が降ったり止んだりで曇り空でしたが、午後3時頃から青空になりました!
d0013068_20522112.jpg

ミシュランで一つ☆をとったコンラッドホテル東京のチャイナブルーでランチしてきました。
d0013068_20564735.jpg

ヒルトングループの最高級ブランドのコンラッドホテルは・・・・・・日本を意識した和と洗練されたモダンを融合したラグジュアリーな魅惑のホテル。いつか泊まってみたい~♡

d0013068_21134152.jpgd0013068_21142458.jpg








最初に海鮮醤、豆板醤、チリソースが出てきて、お好みでどうぞ~~とのことでしたが・・
友人はチョコチョコ付けていましたが、わりとスパイシーな料理が多かったので、私は使用する事なく食事が終わってしまいました。
右側は、牛スネ肉ときゅうりのマリネ
d0013068_2124591.jpg

前菜は、イカの一夜干し香り炒め山椒風味
レストラン内も~まるで曇り空のように薄暗くって・・・・・綺麗に料理が撮れません ^^;
d0013068_21285160.jpg

上海蟹入りフカヒレスープ
最近フカヒレスープと言うと、中途半端な薄味でがっかりする事が多かったのですが、こちらのは、フカヒレも蟹肉もたっぷりでコクがあり、ピリ辛の風味もアクセントに効いている極上のスープに仕上がっていました。美味しい~(^^)
d0013068_213518100.jpg

高麗豚フィレ肉の中国風ステーキ
高麗人参を食べて育った高級豚らしく・・・・・・・肉質はきめが細かくって柔らかかったです。
付け合わせはマンゴーを甘く煮込んだものが添えられており、ソースは甘辛でフルーティな感じ。
d0013068_2143548.jpg

ネギと生姜の煮込みそばXO醤炒め
ボリューム感のあるピリ辛の汁なし麺料理で・・・・食べても食べても減らないの。。。。
d0013068_2154898.jpg

デザートは洋梨のコンポート
こちらは洋風ぽい感じで、上にウーロン茶のジュレが乗せてあったのが、かろうじて中華を感じる瞬間でした。
d0013068_21593969.jpgd0013068_21595161.jpg








最後はジャスミン茶とワンタンの皮を揚げた甘いお煎餅・・・・・美味しい!

こちらのシェフは香港出身だそうですが・・・・・・シンガポールでも腕をふるっていたらしく、広東料理をべースにしながら、斬新でお洒落な料理の数々が印象的。
なんとなく日本人が好む中華料理って言うよりは、欧米の人に受け入れやすい味付けや美しい盛り付けって感じがしました。
d0013068_2214882.jpg

28Fの大きな窓からは、浜離宮恩賜庭園や東京ベイエリアが見渡せる素晴らしいロケー
ション。
ゴージャスなエントランスやブルーのシャンデリアに巨大なワインセラー・・・・・・、やっぱり曇り空の日のランチよりは、キラキラ夜景の美しい夜が最高だと思います。
by cherry2005 | 2008-04-10 22:23 | 中華料理・デザート | Trackback(1) | Comments(24)

ピッツェリア・トラットリア ナプレ 東京ミッドタウン店

今年の3月30日でグランドオープンから1周年となる東京ミッドタウンに行ってきました!
てっきり六本木だと思ったら住所は赤坂9丁目になっている。。。。。。
先週オープンした東京の新名所赤坂サカスに人が流れているせいか、割と空いていました。
d0013068_21593913.jpg

ミッドタウンのメインショッピングエリアになっているガレリアの中に飾られていた満開の桜
あまりにも見事過ぎて、偽物かと思いましたが本物でした。
d0013068_16494970.jpg

ミッドタウンも行ってみたかったけど、一番の目的はこちらのお店のピッツァを食べるため。
昨年ナポリで開催された世界ピッツァ選手権で、ピッツァ職人の山本さんが日本人初の総合優勝を獲得したそうです。
イタリアから窯職人を呼び寄せて造った薪窯が迫力あります~
d0013068_1741492.jpg

店内は、大きな窓のガーデンテラスに面しており・・・・・・とても開放的。
お上品なレモン色のテーブルクロスにナプキン、お洒落な照明や絵画などが、南イタリアの雰囲気を演出しています。

d0013068_17205410.jpgd0013068_17214138.jpg









カンパチのカルパッチョ             豚肉のテリーヌ

d0013068_17261385.jpgd0013068_1726316.jpg









トマトとモッツアレラのカプレーゼ          イカ、海老、タコのマリネ

d0013068_17311150.jpgd0013068_17313269.jpg









生ハムやサラミの盛り合わせ          タコ、イカ、タラのフリット

前菜おまかせで6品注文したら・・・・・・イタリアンの定番小皿が次から次へと出てきました!
d0013068_20593729.jpg

イタリアのカンパーニャ州の白でファランギーナ2006
お色は麦わら色で、辛口だけどトロピカル系のフルーティな香りで、少しマッタリ系。
d0013068_2126348.jpg

メインのピッツァは生ハムとルッコラ&ロマーノ(アンチョビとトマトとモッアレラ)のハーフ&ハーフを注文。
通常のピッツァ生地と全然違います・・・……中はモチモチ、表面はパリパリで凄く~美味しい!
食べ終わった後の満足感、生地の食感等がインパクトありでハマリそうです(^^♪
d0013068_21433100.jpg

デザートは、何種類かのケーキから選ぶ事ができ~二人分が一つのお皿に出てきます。
ヘーゼルナッツとリコッタチーズのケーキとカスタードクリームたっぷりの素朴なケーキ。

ピッツア以外のサイドメニューも充実していて、ピッツアの後に魚料理を注文する予定でしたが、お店の方のアドバイスでやめて正解でした。
食べている時は、美味しくってペロリと平らげたのですが・・・・・・・ピッツァのボリューム感は強烈です!
食事後、私はお腹がきつくって動けませんでした^^;
by cherry2005 | 2008-03-25 17:41 | イタリアン | Trackback | Comments(20)

鴨料理の竹亭 赤坂店

東京赤坂にある鴨シャブ料理が有名な竹亭にオットが連れて行ってくれました~
久々の赤坂の夜・・・・・・・高級そうな焼肉屋さんが建ち並び、街角にはエキゾチックな顔立ちの美しい女性達がチラホラ~~やっぱり大人の夜の街だワ~★
d0013068_110622.jpg

関西に来てから、こちらのブログをやっているお陰で、美味しいお店は私の方が断然詳しくなりましたが、東京ではやっぱりオットの方が圧倒的に詳しい~
d0013068_111145.jpg

鴨ネギ
すき焼き風の甘辛い味付けで、シャキシャキしたネギと柔らかい鴨のモモ肉との相性が抜群~
ビールがどんどん進みます。
d0013068_11171859.jpg

鴨ささ身ワサビ和え
こちらのご主人~常にパワフル全開な熱い人・・・・・
気持ち良いくらいサッパリとしたスキンヘッドなので、一見強面な感じですが、満面に笑顔を湛え、料理の説明など熱く語ってくださいました。
元々は名古屋でお店を経営していたのですが、5年前に東京に進出されたそうです。
d0013068_11184183.jpg

鴨のタタキ
鴨のムネ肉を藁でいぶしたタタキで、ポン酢でいただいたのですが、これも絶品!

d0013068_112966.jpg
←メインの鴨シャブの登場。
こちらの鴨は、宮内庁御用達の上質の国産鴨を使用しているそうです。

d0013068_11325771.jpg




           鴨肉の風味をそこなわないように、タレはくるみダレと薬味はたっぷりの山椒。




d0013068_11375960.jpg

今まで鴨肉って脂っぽいイメージがあったのですが、こちらのは柔らかくってヘルシー
いくら食べても胃もたれしません~
d0013068_11493699.jpg
裏メニューの卵焼き
鴨からとった出汁と鴨肉が入っていて、関東風の甘辛い味付け。
私は、この卵焼きに感激しました~♪♪

d0013068_11532733.jpg




鴨シャブの最後の〆は付け麺
にんにくとニラのスープに、細麺を付けて・・・・・
さっぱりとしていて美味しい。
by cherry2005 | 2006-10-01 12:09 | 和食 | Trackback | Comments(20)

リストランテ キオラ

d0013068_20272512.jpg

お友達がイチ押しでお薦めしてくれた、麻布十番のイタリアン リストランテ キオラでランチしてきました~♪
場所柄、叶姉妹や石田純一さんなどなど・・・・・・有名人もチラホラ利用しているお洒落な~お店!
d0013068_20314596.jpg

ホタテのムース コンソメジュレ寄せ
口当たり滑らかなホタテのムースが、とてもお上品な風味に仕上がっていました。
こちらの前菜は、何種類かの料理から選ぶ事ができ、オットは↑のイベリコ豚のアスパラ巻きをチョイス。
d0013068_20372283.jpg

前菜の盛り合わせ
甘エビと白身魚のフリット、カツオのパテ、マンゴーのサラダ、子羊のタン、モッツァレラのムースの上にトマトピューレが乗っかったもの、豚肉のパテ・・・・・・・
中央にあるモッツァレラのムースがふんわり~トロトロ感があって美味!

d0013068_20424267.jpg
  ← 甘エビとフルーツトマトのカッペリーネ


d0013068_20443318.jpg







シャンペンとビールのソルベ 
ほんのり甘くって、爽やかな口当たりで
美味しい~♪

d0013068_20474325.jpg

パスタ料理も選ぶ事ができ、私は三種類のお肉と茄子のラグーソース
d0013068_20495113.jpg

メインも肉、魚の何種類からか選ぶ事ができ、私は魚料理で太刀魚のグリル白桃添え
美味しかったけど、太い骨が残っていて~少し怖かったです ^_^;


d0013068_2133132.jpg
自家製カンパーニャのフレンチトースト
  トリュフのジェラード
 
  フレンチトーストというイメージから、ボリューム
  があるのかなぁ~と心配しましたが、
  期待外れなくらいスマートなデザートでした。

  こちらは東京のお店なのを・・・・・・・
  フト~思い出しました(笑)
  可愛らしい自家製の生チョコも美味しかった
  です。

店内は、ナチュラルな品の良いシンプルかつモダンな落ち着いた雰囲気~
カルティエ ブディックのデザインを手がけているフランス人の若手デザイナーが手がけているとかで、店内もお店の外観もセンスが良くってスタイリッシュでした。
食事が終わって帰る時に、ゆっくりお店の外観を撮影しようと思っていたら・・・・・

お店を出たら・・・・・・・まるで私達を待ち構えていたかのようにオットの知人がお店の前に立っていたのですヨ~~これにはビックリ!
おかげで、写真撮るタイミングを外してしまいましたが・・・・・
偶然とはいえ~知人との再会に、こんな不思議な事もあるんだなぁ~~と
ちょっと感慨深いものがありました・・・・・・・・
偶然ではなく、あの日の再会は必然だったのかしら~ちょっとオーラの泉の見過ぎ? (笑)



 
by cherry2005 | 2006-09-18 21:33 | イタリアン | Trackback(1) | Comments(28)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧