タグ:港区 ( 68 ) タグの人気記事

白金台 ジョンティアッシュでフレンチ

11月に入ってから何かと忙しくなり、ゆっくりPCに向き合う時間もなく・・・・・・
気が付けば、11月下旬になってしまいました。
早いもので、今年も残り1ヵ月とちょっと  ^^;
今年は暖かい日が続き、寒がりの私としては過ごしやすかったのですが、いよいよ来週から寒くなるみたいですネ。

d0013068_11180021.jpg
夏の時期に利用したのですが・・・・・・
白金台のプラチナ通りから小路に入った、ビルの2階にあるジョンティアッシュ
こじんまりとした店内がですが、女性好みの洗練された空間です。

d0013068_11252202.jpg
パンがモチモチしていて美味しかったので聞いてみたら、ルクセンブルクから空輸された半焼き冷凍パンだそうです。
こちらのフレンチは、昨年から2年連続ミシュラン1つ星をとっています。

d0013068_11310485.jpg
オットとのランチだったので、南フランスのロゼをボトルで注文。
いちごなどのフルーティな香りで、微発砲で飲みやすく、最初からグイグイいってしまいそう。。。。

d0013068_11542291.jpg
アンディーブと生ハムのサラダ

d0013068_12043373.jpg
前菜とメイン料理はプリッフィックスコースになっています。
私もオットも同じもので、焼きナスのムースリーヌ北海道産生ウニとリッチなコンソメジュレ
焼きナスの香おばしい風味がなんとも言えず、口当たりも滑らかで・・・・・グラスの底には、甘いウニが隠れていました。
花穂紫蘇も可愛らしく飾られ、美味しかったです (^^) 


d0013068_15002560.jpg
私のメインは、三重県産松坂ポークフィレ肉のローストズッキーニ乗せ
最近は、本当に美味しい豚肉が増えました・・・・こちらも柔らかく、ロゼ色の焼き加減がちょうど良いです。
ロゼとも合いました。


d0013068_15042703.jpg
オットのメインは、特選和牛クリのローストと季節の野菜香り高いジュ・ド・ブック
オットも気に入ったようで、赤をグラスで1杯いただいていました。


d0013068_15074412.jpg
デザートはこちらのみのものです。
白桃とフロマージュプランの冷たいスープ カモミールのジュレ
とても爽やかで、甘さも抑え目で美味しかったです。
d0013068_21432204.jpg
最後にハーブティーを注文したら、いろんな種類があって、直接香りを楽しみながら選ぶことができました。

こちらのシェフは、六本木のジョエル・ロブションで副料理長をされた方だそうです。
見た目にも美しく、洗練された軽やかな料理の数々・・・・・
白金や麻布周辺は、かなりレベルの高いフレンチやイタリアンの激戦区なので、他店に埋もれないように頑張ってほしいものです。。。

久しぶりに、充実したランチを楽しみました  (^^) 


d0013068_2036674.gif


by cherry2005 | 2015-11-21 22:01 | フレンチ | Trackback | Comments(12)

国立新美術館 マグリット展

六本木の国立新美術館で開催されているマグリット展に行ってきました。
前々から興味はあったのですが・・・・・
なんとかギリギリ間に合いました (汗)
実は、今月の29日で終わりなのです。

平日の午後に行ったのですが・・・・・かなり混みあっていましたネ。


d0013068_15034364.jpg

          なんだか~かなり不思議で、謎解きみたいで難解でした!

d0013068_15232325.png
この絵見たことがあると思ったら、2年前ワシントンのナショナルギャラリー
観たものでした。
タイトルが「白紙委任状」です。
なぜ?このタイトルなのか想像もつきません(笑)


d0013068_15312844.jpg
こちらは「恋人たち」です。
解説を読んでも、イマヒトツ意味が分からなかったりして?
ケチらないで、音声ガイドを借りればよかったと後悔。

絵画のタッチはとてもリアルで写真みたいに精巧な作品もあるのですが
とてもとても非日常的で、私のような凡人には
不思議な世界に迷い込んでしまった感じでした。
とにかくユニークです。


d0013068_15412623.gif


by cherry2005 | 2015-06-27 23:11 | 美術 | Trackback

六本木 巨牛荘で〆は肉汁たっぷりうどん

六本木に出かけた週末の夜・・・・・・
久しぶりに巨牛荘に行ってきました 

d0013068_15532471.jpg
あの夜の東京タワーは、定番のオレンジ色でしたが・・・・・・
我が家のベランダからも、小さいですが東京タワーが観えるので、グリーンやブルーにピンクと、日によって色鮮やかにライトアップされているタワーを観るのが楽しみ。

d0013068_15501043.jpg
最近は、生ビールが美味しい季節になりました。。。。

d0013068_155293.jpg
いつものようにスタートはケジャンから。。。。。
鮮度の良いワタリガニを、薬味醤油に浸け込まれたものですが、美味しいけど、いつも食べられる部分が少ないと悔しい思いをします。

d0013068_15583376.jpg
お肉を食べる前に、ナムルで野菜を補給。

d0013068_1603119.jpg
上タン塩
こちらのは厚切りで、食べごたえがあります (^^)


d0013068_1634580.jpg
お肉の盛り合わせも登場。

d0013068_166180.jpg
大好きなプルコギ
中央に穴の空いたドーム型鉄板で、秘伝のタレに3日間漬け込んだ薄切り和牛カルビを蒸し焼きする料理。
この甘辛い味がたまりません。

d0013068_16124100.jpg
サンチュの上に乗せていただくのも好きだし、そのまんまでも美味しい。

d0013068_16132565.jpg
〆はプルコギのスープや旨味をたっぷりと吸収した焼きうどんは絶品。
隠し味に、ケジャンの漬けダレを入れています。
お店の人が作ってくれるのですが、できあがるまで待ち遠しい時間・・・・・

d0013068_16165340.jpg肉汁たっぷりの焼うどんの完成 001.gif
この甘辛い味付けが病みつきになります。


d0013068_16195573.jpg








デザートに定番のアイスミルクが登場。






d0013068_16210100.gif

by cherry2005 | 2015-06-14 16:21 | その他・無国籍料理 | Trackback | Comments(8)

三田 日本料理晴山でランチ ♪

d0013068_16333177.jpg
今日は生憎の雨です057.gif
残念ながら、美しい桜はかなり散ってしまったでしょうか。。。。
儚く散っていくからこそ、長い間多くの人々に愛されているのかも。

d0013068_16365530.jpg
先月のことになりますが、前々から行ってみたかった三田の晴山に行ってきました。
ランチは2種類あり、今回は5800円の昼懐石コースです。
こちらのビールのグラスは、オールドバカラだそうです・・・・・・・軽くて持ちやすいです。

d0013068_1642365.jpg
スタートは芯取菜のお浸し
とろろ芋や出汁のジュレがのり、中にはレアなホタテやトロリとした黄身が印象的なウズラの茹で玉子が添えられていました。
いろいろと工夫された一品。

d0013068_1754655.jpg
お吸い物は甘鯛と鱈のしんじょう
しんじょうはふわっとした食感で、しっかりとした出汁の風味や旨味が味わえて美味しい (^^)

d0013068_16575467.jpg
鰆の焼き物にウドの天ぷらが添えられています。
海苔のソースがユニークです。

d0013068_1761243.jpg
こんなに美味しい日本料理をいただくと、お酒が飲みたくなります。
この時期にしか味わえないこちらのお店のお酒、「晴山」の新酒あらばしりがあると聞いたのでいただきました。
芳醇でフレッシュな味わい・・・・偶然にも、貴重なお酒をいただくことができました。
こちらのグラスもバカラのものだとか。

d0013068_171276.jpg
宮崎牛のローストビーフ
お上品な脂の入り方で、肉の甘味が堪能できます。

d0013068_1716971.jpg
じゃがいも饅頭
穴子やうるいがのっています。。。
ほんのり甘くって美味しい・・・・・ボリューム感があって女子好み。

d0013068_2316362.jpg
じゃこと菜の花、梅干しの炊き込みご飯
ご飯が美味し過ぎて、友人と二人で二杯もお代わりしてしまいました。。。。
残りはおにぎりにしてもらい、満足満足。

d0013068_17225083.jpg
オレンジや苺のムース、ラム酒のジュレ
とても美しいいデザート・・・・・・宝石箱みたいで器とマッチしていて素敵。

お料理は、ご主人が丁寧に説明しながらサービスしてくださいました。
とても感じの良いご主人で、お料理はもちろんですが、お酒のことや器など、いろいろと勉強されているようです。
こちらで使用している素敵な器は・・・・・若い作家さんと相談しながら作ってもらっているのだとか。
とてもコストパフォーマンスも良いですし、いろいろ工夫されて努力されていることと思います。
久々に満足感のある昼懐石でした (^^)


 ミシュランガイド東京 2015においては2つ☆をとっています。


d0013068_1737185.gif

by cherry2005 | 2015-04-05 17:39 | 和食 | Trackback | Comments(4)

青山 久しぶりのブノワ

3月は年度末ということもあり、昼も夜も何かと忙しい季節。。。。。
今月は慌ただしかったので、ブログのほうも2週間以上放置状態 ^^; 
来週は早くも~4月ということで、桜の開花情報もチラホラ聞こえてきましたネ。

昨年の12月・・・・・青山に行った時に久しぶりにブノワに行ってきました。
以前はけっこう気に入って利用していたのですが、最近は足が遠のいていました。
2年ぶりかもしれません?

d0013068_1326619.jpg
店内もトイレも、相変わらずラブリーな世界感。。。。
アランデュカスプロデュースのビストロだけあり、デュカスが自ら選んだアンティークなどが飾られ、センスの良い空間です。

d0013068_13382483.jpg
3人で利用したのですが、前菜、メイン、デザートを選べるプリフィックコースを注文。
あの日はシャンパンを一杯いただいてから・・・・・・日曜日の夜に限り、8000円以上のボトルワインが半額となるため、白をボトルで注文。

d0013068_15331161.jpg
私の前菜は栗のスープ ヴルーテ 白トリュフ添え
以前もこちらでいただいたことがありますが・・・・・フランス産の栗は小ぶりで甘味もあるので、冬の定番スープとして大好きです060.gif

d0013068_15395846.jpg
メインはちょっと迷いました・・・・・・今まで未体験のものでホロホロ鳥のオーブン焼き ポレンタレバートース添え。
ちょっと私が想像していた料理とは違っていて残念。。。
相変わらず一皿のボリュームがあります。

d0013068_1548528.jpg
他の人が食べていたメインでホタテと大エビのポワレ
以前似たような料理を食べたことがありますが、正直~こちらのほうが良かったかな?と後悔。

d0013068_15512051.jpg
ショコラとキャラメルのブノワ風と牛乳のアイスクリーム
私のイチ押しで、デザートは3人とも同じもので一致しました。。。。
定番ですが、濃厚なショコラと牛乳のアイスクリームは絶妙な美味しさで、相変わらず満足 (^^)

d0013068_15575962.jpg
最後はハーブティ。
シックな南部鉄瓶も変わりありません。。。

今回・・・・・・こちらを久しぶりに利用したのですが、あまり2年前とメニューの内容が変わっていないので、少し残念でした。
今まで食べたことのある料理ばかりで、特にメインを選ぶときには苦労したような ^^; 
定番料理で・・・・・変わらず美味しくいただけるのも嬉しいのですが、あまりにも料理が変わっていないと新鮮味に欠けたりして(笑)
自分で言うのもなんですが、お客は勝手なものですネ。

d0013068_16111675.gif

by cherry2005 | 2015-03-28 16:15 | フレンチ | Trackback | Comments(6)

広尾 ひらまつで優雅なランチ ♪

広尾のひらまつに、ワインを持ち込ませていただいて、ワイン好き女子だけの優雅なランチを楽しんできました~♪
 
d0013068_13271435.jpg
1Fは、広々とした贅沢なウェイテングルームになっており、2F、3Fがダイニングになっていました。
私たちは、3Fのメインダイニングのフロアーへに案内されました。
さりげなく、ピカソやシャガールの絵が飾られていたりして・・・・・・・素敵なお店。

d0013068_13323292.jpg
友人が持ってきてくれたシャンパンはローラン・ペリエ ロゼ
アミューズは、チーズの風味が食欲をそそるグジェール

d0013068_13371514.jpg
お色はエレガントなサーモンピンクで、豊かな泡立ちです。。。。
フレッシュだけどしっかりしたコクもあるので、前菜から魚料理まで楽しめました(^^) 
いつも彼女が選んだシャンパンは、経験も知識も豊富なだけあり~素晴らしいものばかり。

d0013068_13462911.jpg
栗かぼちゃのスープ
スープの真ん中には、アイスクリームに白トリュフがのっています。
甘い栗カボチャに、白トリュフの香りが良いアクセントになっていて美味しい。。。

d0013068_13451093.jpg
前菜は、フォアグラのトライアングル ゴマとクルミ、シェーブルと柑橘のサラダ。
添えられているいろんなお味と、フォァグラがコラボして~私好みのフォァグラ料理に仕上がっていました。

d0013068_13585964.jpg
魚料理は、愛媛産真鯛のポワレ サフランソース

d0013068_1405122.jpg
私が持ち込ませていただいた赤は、シャトー・ベイシュヴェル 2004
ラベルが立派な帆の船が有名ですが、サンジュリアンの中でも美しいシャトーらしい。。。
ソムリエさんが、早めに抜栓し飲み頃を調整してくだっていたので、しっかりした骨格ながらもバランスのとれたエレガントなお味で満足。。。。。
こちらは、随分前香港に旅した時~購入したもの・・・・・・・美味しく熟成されていてヒト安心。

d0013068_14175189.jpg
フランス産鴨胸肉のポワレ地中海風の彩野菜。
このソース・・・・・・・・お味に深みや複雑味があり絶品。

d0013068_1424429.jpg
ベイシュヴェルが残っていたので、チーズを注文。
幸いにも・・・・・・チーズプロフェッショナルな友人もいたので、ワインと相性が良いチーズを4種類選んでもらいました。

d0013068_14223795.jpg
デザートは、黒ブドウのナージュエビスの香る赤ワインのスープ仕立て青ユズの冷たいメレンゲと共に

d0013068_14312497.jpg
ひらまつブレンドとプティフル。

こちらのお店は、上品で落ち着いた雰囲気・・・・・・まるで美術館のように、絵画がたくさん飾られている上質な空間。
シェフのお兄さんが画家と言うことで、たくさん飾られているのだとか。
フルコースでしたが、食後も心地よく適量で良かったです。。。
料理は、サプライズはないですけど、モダン過ぎずクラシック過ぎず・・・・・・・日本人好みの安心していただけるフレンチ。
サービスもソツがなく洗練されていて、楽しくも優雅な時間を過ごすことができました。
日本を代表するグランメゾンであることは、間違いないお店だと思います。

ミシュランガイド東京 2015においては1つ☆をとっています。


by cherry2005 | 2015-01-24 14:43 | フレンチ | Trackback(1) | Comments(6)

南青山 フロリレージュでモダンフレンチ

今年の9月のことですが・・・・・・前々から気になっていたフロリレージュに行ってきました。
外苑西通りから路地を入った住宅街にあり、控えめなお店がまえなので、ついついお店の前を通り過ぎてしまい、もう少しで迷うところでした。
こちらのお店は、食べログの評価が凄く高いんですよネ。。。。。

d0013068_1224134.jpg
店内はこじんまりとしていますが、シンプルモダンなセンスの良い空間。

d0013068_1251551.jpg
ランチで利用したのですが、コースはプリッフィックスコースのみ。
パンの切り方や盛り付けがユニーク 060.gif

d0013068_128792.jpg
アミューズは、グリンオリーブのスフレ
なんとも言えない食感で、シャンパンに合います。

d0013068_12103218.jpg
前菜は3種類から選べます。
迷うことなく、こちらのスペシャルティと言われているフォアグラとメレンゲのコントラスト。
フォアグラはかなりレアな状態で、メレンゲはヘーゼルナッツ・・・・・・同時に口の中に入れて、コンビネーションを楽しんでほしいという料理。
脂と甘みが口の中に広がり、不思議な相性の良さに驚きを感じます。

d0013068_12191678.jpg
メインの料理に合わせて、赤をグラスで一杯。。。。
ワインに詳しい友人に選んでいただいた、南仏のジゴンダスでグルナッシュ主体だったと思います。

d0013068_12213597.jpg
メインは、北海道の夏鹿のロースト
4時間もかけて、低温でじっくり焼き上げた料理方法で、旨味をしっかり閉じ込めているそうです。。。
淡泊な鹿肉と甘い~玉ねぎのピュレの相性が良く、付け合せの山ごぼうの風味が美味しい (^^) 

d0013068_1231051.jpg
そば粉のガレット   
夏鹿を赤ワインで煮込んだものが、中に入っていました。。。。

d0013068_12344282.jpg
デザートは、巨峰のスフレグラスとヨーグルトのムース
甘さ抑え目の、あっさり爽やかなデザートでした。。。

d0013068_1247338.jpg



d0013068_1248317.jpg












「ル・ブルギニオン」「カンテサンス」の元スーシェフの経歴がある、川手シェフが創る料理は、緻密な計算から創りあげられた、レベルの高いモダンな料理の数々。。。。。
小さいお店ということもありますが、コスパも良いので予約も取りにくい人気店です。。。

お店を出ると、外に川手シェフとサービススタッフが挨拶に来てくださり、私たちが見えなくなるまで見送っていただき、恐縮、恐縮でした。

d0013068_12153536.jpg
個人的好みとしては、あまり洗練され過ぎている料理よりは、もう少し美味しさや親しみやすさの記憶が残る料理のほうが好きかも。

食事後は、六本木の国立新美術館で開催していたオルセー美術館展に行ってきました。。(現在は終了しています)
あの日は、美味しいランチと素晴らしい印象派の絵画が見られ、至福の一日でした (^^)  

d0013068_12574155.gif

by cherry2005 | 2014-11-22 13:08 | フレンチ | Trackback | Comments(8)

六本木一丁目 オークラの特製フレンチトースト~♪

パンケーキとともに根強い人気があるフレンチトースト ~♪
ホテルオークラのフレンチトーストは、死ぬほど旨いと聞いていたので、一度は体験してみたかったのです。。。。
d0013068_16394437.jpg
ホテルオークラに久々に来ました。。。
都内は、高級外資系ホテルが乱立し・・・・・・・最近は、なんとなく日系ホテルの影が薄い状況ですが。
ホテル内は、和を意識したレトロモダンな感じが昭和の雰囲気です。

d0013068_1648527.jpg
オーキッドルームでそのフレンチトーストがいただけます。

d0013068_16434576.jpg

セットにすると、コーヒーや紅茶などの飲み物がつきます。
ちなみに、おかわり自由でした  (^^)  

d0013068_1652782.jpg
特製フレンチトースト
HPに「数に限りがあるので、ご予約の上ご利用を・・・・・」と載っていたので、午前中に予約しておきました。
1日じっくりとパンを浸け込み、注文があってから、 低温のオーヴンで全面に焼き色がつくまでふっくらと焼きあげるのだとか。
美味しそうな焼き色です・・・・・・・メープルシロップとバターを付けていただきました。

d0013068_16585330.jpg
ちょっと玉子焼きみたいですが、食感はプリンみたいに口どけ滑らかです。
かなり厚めのパンですが、どこを切っても中まで卵が染み込んでいて、ふんわり柔らか。
美味しくって幸せなお味(^^)


フルーツの盛り合わせもついているので、ティータイムで利用するにはボリュームあり過ぎでした。
ある外国の元首からは「このフレンチトーストは、世界一」と絶賛されたらしいです。。。
ついつい誰なんだろう??と考えてしまいますが。

フレンチトーストとしては、かなり高級になりますが、こちらの質の高いサービスや空間も含めて、優雅な時間を過ごしたと思えば大満足でした。。。。

d0013068_1718367.gif

by cherry2005 | 2014-10-26 17:16 | 美味しいもの・スィーツ・パン | Trackback | Comments(6)

赤坂 菊乃井で夏の旬を楽しむ ♪ oishii

フランスから帰国したので、日本料理を食べたくなったわけではなく・・・・・・・・
旅行に行く前から、友人と夏の料理をいただきにに菊乃井に行きたいと話しておりました。
d0013068_18385118.jpg

d0013068_18294424.jpg
8月初旬・・・・・・・ランチで伺いました。
始めに、大葉の香りがする日本酒を1杯ふるまわれました。
そのあとは、生ビールを1杯・・・・・・・・・酵母が生きたままのビールで、クリーミィーで上品な旨味が和食と合います。

d0013068_1840761.jpg
いちじくの西京煮
いちじくが柔らかく炊き上げられ、焼きナスのような食感・・・・・・西京味噌が優しいマイルドなソースで、辛子の風味が味をひきしめています。
なんだか~まったりとしていて、癒されるお味です。。。

d0013068_1844129.jpg
八寸はほおずき盛五種
夏の風情を感じる盛り付け・・・・・・・ほおずきの中には、水玉胡瓜 糸瓜酢漬、京ささげ豆黒胡麻和え、寄せ
鱧の子 柚子、鶉卵煮凝り 酒煎り銀杏、山桃葛饅頭。

d0013068_1852043.jpg
明石天然鯛 と太刀魚、 水茄子
緑が爽やかな~大きなハスの葉をお皿にして、ハスの花びらも上に乗っていて~素敵な演出。
明石の鯛は適度に脂がのっており、身がしまっていて美味しいです。
ここからは、冷酒をいただきました。

d0013068_18573743.jpg
鱧落とし
淡泊なふっくらとした落としの旨味は最高・・・・・・今年もいただけて幸せです。
他店とは違う、繊細な仕事をしているなぁ~って感じ。

d0013068_1983095.jpg
賀茂茄子の揚げだし 車海老のつみれ 唐辛子
器の上にのっているのは、本物のナスのヘタなのです・・・・・・遊び心の感じる料理。

d0013068_1910425.jpg
鮎の塩焼きが登場です。

d0013068_19121699.jpg
琵琶湖の小鮎だそうです・・・・・・・小鮎は、身がふっくらしていて、頭からしっぽまで全部いただけます。。。
小鮎のほうが、旨味が凝縮しているし、内臓の苦味が旨い。。。。。。

d0013068_19204838.jpg
青ウリの土佐酢
そして・・・・炊き立てのハモと枝豆ご飯。

d0013068_1926798.jpg
赤万願寺唐辛子のすり流し 
友人が、思わず「辛くないですか?」と、質問しておりました!
本当に衝撃的な赤ですが、不思議と辛くないのです・・・・・・口どけ滑らかな蓮根餅が入っていました。

d0013068_19303562.jpg
デザートは2種類から選べて・・・・・・・私も友人も黒蜜アイスクリーム 黒胡麻豆腐

充実したランチタイム (^^) 
東京にいながら・・・・・・京都の夏の代表的な味覚である鱧と鮎がいただけて大満足。
大好きな賀茂ナスもいただけたし、明石の鯛も美味しいしかったし・・・・・
サービスしてくださる男性スタッフは、はんなりとした京都弁で情緒があります。
素晴らしい料理をいただきながら、風情のある日本の夏と、プチ京都気分で、贅沢な時間を過ごすことができました~♪

ミシュランガイド東京・横浜・湘南 2014」においては2つ☆をとっています。

d0013068_1094375.gif

by cherry2005 | 2014-08-24 19:41 | 和食 | Trackback | Comments(6)

麻布十番 桂川鮨でおまかせコース

d0013068_1541713.jpg友人から、たまには美味しいお寿司が食べたいとリクエストがあったので、麻布十番の桂川酢さんへ

麻布十番駅から、歩いて5分くらい。。。
お店は、地下にあります。

場所柄、客層は外国人の女性2人組なども見られ、女性同士で利用しても緊張することなく、雰囲気がとても良い感じ。
板長もホールを担当している男性も、穏やかで癒し系なのです。
初めてのお店なので、おまかせでお願いしました。

d0013068_15135331.jpg
スタートは鯛から、塩でいただきました。
水タコは、吸盤がコリコリして美味しい・・・・・・・包丁のさばき方で、旨味が違ってくるのだとか。
他には、色鮮やかな赤貝も出てきました。

d0013068_15234658.jpg
タコとあさりの煮物
お上品な味付けで~どれも柔らかい。

d0013068_1524297.jpg
タイラ貝が甘い~です。
他に、しめ鯖、エボ鯛の焼き物、ザーサイの浅漬け。
ザーサイの浅漬けは、初めていただきました・・・・・・冷酒が進みます。

d0013068_15274395.jpg
カツオの刺身、墨烏賊、小肌、鯛の昆布締め。

d0013068_1537597.jpg
鮑の煮物、金目鯛、いくら、ウニ、穴子。
金目鯛は炙っています。。。。

d0013068_15483098.jpg
最後は、中トロと卵焼き。
卵焼きは・・・・・カステラみたいなのを期待していたのですが、残念ながら普通のものでした。

美味しかったのですが・・・・・・・魚尽くしで途中飽き感もありましたが(贅沢)。。。。。
あの夜、しかしながら~いろんな種類の魚をたくさんいただいんだなぁ~と、自分でもビックリ!
このレベルのお寿司屋さんとしては、コスパの良いお店だと思います。
美味しいお酒がいただけて~満足な麻布の夜でした(^^)




d0013068_15553956.gif

by cherry2005 | 2014-07-21 15:59 | 和食 | Trackback | Comments(8)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧