タグ:映画 ( 10 ) タグの人気記事

ピエール・ガニェールの3色サンド

d0013068_21144170.jpg
映画を観る前に軽くランチを食べた~新宿高島屋内にあるパティスリーピエール・ガニェール
店内は、思ったより奥が広々としていて~いつもゆったりと寛げる雰囲気。

最近、映画宮廷画家ゴヤは見たブーリン家の姉妹を見たら、偶然にも2つの作品にナタリーポートマンが出演していて・・・・・・
「レオン」の天才子役から、すっかり美しい演技派女優に成長したなぁ~と感心。
ハーバード大出の才色兼備なヒトなんですよネ。。。天は二物を与えるで羨ましい!?

限定10食のランチセットBを注文~飲み物もついています(お得な1890円)

d0013068_236327.jpg
本日のスーブはカボチャ




d0013068_23724100.jpg



グリルチキンとヨーグルトのサラダ

ヨーグルトのゼリーがトッピングされていたりして~なかなかボリューム感のあるサラダ。


d0013068_2147463.jpg

トロワ・クロック(ガニェールオリジナル3色サンドイッチ)
手前黒いのから・・・・・・チキンや黒オリーブ、セロリやシェーブルチーズ、マヨネーズ、大根
まんなかのオレンジ色のは・・・・トマトソースや生ハム、赤ピーマン、チョリソ
奥の緑色は・・・・ほうれん草やホワトソース、ルッコラやズッキーニ、キャベツ

サンドイッチの域を完全に超えた、凡人には理解しがたいような複雑な奥深いお味。
さすが・・・・・料理界のピカソと呼ばれる、ミシュラン三つ星シェフのサンドだぁ~と、不思議な気分で食べました。。。。。
d0013068_2222079.jpg

315円出すと、小さなデザートが追加できます~ 私は~クレオール風シュークリーム
洋酒を効かせた大人味のシュクリーム~甘さ抑え目で美味しいです。
マンゴーのゼリーーも濃厚。
d0013068_22162465.jpg

友人は~カシスのパルフェ
d0013068_22181110.jpg

この季節・・・・・新宿サザンテラスの方に行ってみたら、ブルーの光が綺麗なクリスマスイルミネーションとなって~幻想的。 
d0013068_2224041.jpg

クリスマスイルミネーションは・・・・・すっかり冬の風物詩になってしまいました。
寒いけど見ているだけで~Happyな気持ちになれます~(^^)
クリスピークリームドーナツは、相変わらずの行列。。。。。。。

♪。。♡゚。*・。☆ ♪。。♡゚。*・。☆ ♪。。♡゚。*・。☆ ♪。。♡゚。*・。☆ ♪。。♡゚。*・。☆♪。。♡゚。*・。☆  
by cherry2005 | 2008-11-27 22:32 | カフェ | Trackback | Comments(26)

新宿 人間ドックでお泊り日記

日帰りコースでもよかったけど~1泊2日コースの人間ドックに行ってきました。。。。。。
あの拷問のようなマンモグラフィーの検査を初めて受けてきました~痛かったです (涙)
女性ドクターだったので聞いてみたら、本当はマンモグラフィーとエコーをダブルでやるのがベストだけど、毎回やるのも大変だから・・・・・毎年交互にやるのが理想的だそうです。

d0013068_13304229.jpg

初日は午前11時30頃には終わり、午後から時間がポッカリ空いたので映画最後の初恋
観に行ってきました。 
原作者が「きみに読む物語」と同じ人で、以前から共演を繰り返しているリチャード・ギアとダイアン・レインが出ていることもあり観たかった作品~
思ったより地味でこじんまりとまとめ上げられた大人のラブストーリー・・・・・・ 
ダイアン・レインが疲れた主婦役を好演しており、音楽や海辺の景色が素敵な泣ける映画でした。
d0013068_13414069.jpg

その日は京王プラザホテルに宿泊したのですが、14Fの部屋の窓から東京都庁が目の前にド~ンとそびえ立っていて圧倒されました。
4日の朝に撮影・・・・ちょっと模型みたいです (お部屋の照明が映っているー)
夜間は、都庁もピンクリボンキャンペーンに参加していて・・・・・・建物の一部がピンク色にライトアップされていて綺麗! 偶然にもataligさんが3日の夜都庁を綺麗に撮影されているのでご覧下さい。

あ、あと偶然にも~事件に遭遇 (汗)
映画を観に出かける時、ホテル正面入口にTV局のカメラクルーが何台も陣取り、警察の車両もいっぱい~何だろう?
世界のVIPでも来るのかな~なんて脳天気なこと考えていたら、な、なんと結婚話しのもつれから19Fで殺人事件があったのです (汗)
週末のホテル内では、ホテルスタッフやお客さんが、何もなかったように動き回り、華やいだ雰囲気を保っています~不思議な都会の景色。
d0013068_14103524.jpg

2日目検査終了後楽しみにしていたランチは、ホテル内のイタリアンフォルトゥーナ
一週間ぐらい禁酒していたので一杯のスプマンテは美味しい~
d0013068_14201683.jpg

前菜はキノコと海老のマリネ
キャビアもどきのとんぶりがお皿の上に・・・・・・・ホテル内のイタリアンということを考えると、ちょっとシラケます。
d0013068_14221223.jpg

パスタは唐辛子や牛肉のトマト風味のラグーソース
メインは魚か肉料理が選べるのですが、魚をチョイス・・・・・・・・・・シーフードのトマト煮込みでパスタとお味がかぶっている。。。。。。。。
あとネ・・・・・ワンプレートで出てくるのもちょっと残念でした!

d0013068_1428033.jpg

デザートはティラミス


d0013068_14293962.jpg




オットのデザートはカボチャのタルト
そちらの方が美味しそう!

d0013068_14323111.jpg



カップチーノ




ホテル内のレストランということで、店内の雰囲気やサービスは申し分ないのですが、肝心のお料理はさほどたいしたことないな~という感じでした。
リーズナブルなコース(2500円)ですが、平凡な料理の内容と味付けの濃さは、正直言ってひと昔前のイタリアンという印象 (笑)
by cherry2005 | 2008-10-05 14:44 | イタリアン | Trackback(1) | Comments(28)

映画 SATC

予想以上に世界中で大ヒットしたSATC・・・・・ようやく観てきました♪♪
一緒に行った友人は、3年前にTVドラマ全6シーズンをDVDで゛観てすっかりファンになり・・・・わざわざ前売り券を買って、この日のために準備してくれました (ありがとう)
買う時、映画のタイトル言うのがチョイ恥ずかしかったとか (笑) 
d0013068_22142372.jpg

思えば・・・・・この映画を観るために、この夏は長い道のりでした。。。。。。
実は8月にWOWOWで全6シーズン94話を一挙に放送していたので、すっかり引き籠り状態で、眼が痛くなるほど見続けました。。(オットはまったく興味を示さず、終始冷たい視線を浴びながら)

最初は、過激なガールズトークにビックリしたけど・・・・・どんどん面白くなっちゃって、すっかりSATC中毒です。
ちょっとスナック菓子と一緒で、一枚食べたら一袋全部完食しないと気がすまないような欲望に取りつかれました~^^;

d0013068_2317488.jpg映画の方は・・・・・・
つい最近まで30代の彼女たちを見続けていたためか、しわやたるみ、女優陣の顔を観ては時の流れの残酷さを感じたけど、30分も観ていたら~眼が慣れました。

憧れのMr.ビック氏も、白髪が目立っていたり、いつものカッコ良いスマートなオジ様ぶりが少なかったのが残念。

個性も恋愛観も違う4人の女性が、結婚や別れ、妊娠に友情など~いろんな失敗を乗り越え、前向きに自分たちの幸せを目指して生きている姿は、まるでアクティブな友人の話しを聞いているかのように共感できたり笑えたりと・・・・・・元気や勇気をくれる映画。
何も考えずに、単純に楽しめしまた!

d0013068_1238481.jpg
あとこの映画の魅力は、華やかなファッションやライフスタイル・・・・
そして最高の舞台となっているNYの魅力が、ロケシーンに贅沢に登場するのも楽しい
お洒落なファッション雑誌でも眺めるかのように~
実際のレストランなどが実名で出てくるところが、興味深いです。




d0013068_121168.jpg

こちらは、映画ではなくドラマで度々登場していたPayard
セレブの街アッパーイーストの閑静な街並みにある有名なスィーツのお店です。
ドラマでは、ミランダが、こちらのエクレアをやけ食いしてました(笑)
お店の前で、キャリーミランダとカップケーキを食べながら・・・・・
「ここのケーキはNYで一番美味しい」と言っているシーンもありましたヨ ☆
都内だと、渋谷西武や池袋西武で購入できます。。
アメリカのスィーツらしく、パンチのきいた甘さですが~なかなか美味しい!

全世界で予想以上の興行収入を叩き出したため、製作者側は続編を計画中なのだとか~
今回の映画で、4人のうち3人は既婚になってしまったので、今後のストーリーを考えると、「NY版渡る世間は鬼ばかり」になるのではないかと心配 (笑)
映画にするほどの内容とも思わないので、私的には~ぜひ30分弱のTVドラマで、これからもエネルギッシュな4人の人生を細く長く見続けていきたいなぁ~(^^)
by cherry2005 | 2008-09-13 22:59 | エンターティメント | Trackback(1) | Comments(16)

映画 プロヴァンスの贈り物

d0013068_1543117.jpg

実はこの映画、8月に観たんですが・・・・・・
イタリア旅行記をアップしていたり、そのうちPCが故障してブログから遠ざかっていたりと、かなり時期的にズレてしまったのですが、久々に心に残る映画だったのでご紹介したかったのです。

d0013068_17462623.jpg
舞台は陽光ふりそそぐ憧れの
プロヴァンス~
南仏の絵画のような美しい景色は、しばし日本の厳しい残暑を忘れさせてくれる癒しの映像美。
大阪は今日も34度の猛暑日でした(汗)

主人公マックス(ラッセル・クロウ)の少年時代に扮しているのがチャーリとチョコレート工場の名子役としても有名なフレディ・ハイモア。ちょっぴり生意気で負けず嫌いな少年役でいい味を出していました!

d0013068_1805814.jpg
生き馬の目を抜くようなロンドンの金融業界で、敏腕ディトレーダのマックスが、思いがけないプロヴァンスでの休暇から、素敵な恋が生まれ~少しづつ人間性を取り戻していくラヴストーリー。

南仏の爽やかな空気に美味しそうな
料理とワイン、そして音楽と・・・・♪♪
毎日がゆったりと~幸せな休日が流れていくようで、鑑賞後は心穏やかに癒されました。
こんなセカンドライフ・・・・・一ヵ月でもいいから過ごしてみたい。。。。

「人は楽しむために生まれてきた。そして未来は今日からでも変えられる」と言うポジティブなメッセージが作品に込められており、ワインのお好きな方から~日々忙しく身も心もお疲れになっているミナサマにお勧めです(^^)
by cherry2005 | 2007-09-18 20:52 | エンターティメント | Trackback | Comments(24)

マリー・アントワネット 映画とミュージカル ♪

貧しい民衆に対して「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と言ったとか、言わなかっ
たとか? 映画の中でご本人は「そんな事言っていないのに・・・・」と、ちょっぴりスネ気味て申しておりました。
d0013068_1847153.jpg

最初から~まともな映画としては期待せず、お洒落なファッション雑誌でも眺めるかのように割り切って楽しむつもりでしたが、やっぱり後半で退屈になり、ついつい時計を見てしまいました(笑)

それでも~今年の第79回アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞したくらいの実力派なので、レースにフリル、リボンの付いたフリフリの、誰もがお姫様気分になれる衣装や豪華な調度品は、まるで華麗なる宮廷絵巻を見るように楽しめましたが。。。。。

d0013068_192573.jpg
朝まで続くパーティには、食べきれないほどのお洒落なスィーツが出てきますが、こちらはパリの老舗ラデュレのものらしく、溢れんばかりのシャンパンと共に、キャンディとケーキのめくるめくる甘い~世界がひたすら続きます。

連日連夜、贅沢で享楽的な生活しているのに、綺麗な細身のドレスがお似合いで羨ましいこと~
d0013068_19305420.jpg

昨年から~生誕250周年記念という事で、映画をはじめとしてマリー・アントワネットをテーマに美術展とかいろいろ催していますが、ミュージカルもその1つ。。。。。
昨年の東京、福岡と続き・・・・・そして現在は大阪公演の真っ最中!
こちらは、遠藤周作原作の「王妃マリー・アントワネット」をベースに、ミュージカル化した日本から世界に向けてのオリジナル作品。
 の映画とは違い、歴史ものとしても見ごたえがあるし、プラスアルファーとして人間愛というテーマで、人間は愚かであるが、お互いに尊敬しあい、許しあう事によって・・・・・・この世が素晴らしい世界に変わると言う作者の思いが託された、ドラマティックなストーリーに仕上がっていました。

マルグリット役の新妻聖子さんの激しくも~力強い圧倒的な歌唱力がヒカリまくりで、マリー・アントワネット役の涼風真世さんの影が薄かったような。。。。
錬金術師として怪しいカリオストロ役で出演の山口祐一郎さんも、お約束通り、全身ビブラート状態で、劇場全体を包み込むような大きな歌唱力で聴かせてくれました ♥ ♥
d0013068_21172452.jpg

梅田芸術劇場に隣接しているホテル阪急インターナショナルでマリーアントワネット公演記念フェアを催していました。
マリーが幼少の頃に、ウィーンのシェーンブル宮殿で母マリア・テレジアの作るミルヒラームシュトゥルデルを好んで食べていたと言う、ウィーンの代表的なケーキ。
多分本場のものは、かなり甘い~んだろうなと思いますが、こちらのは甘さ抑え目で、ほんのり温かくって美味しかったです (^^)
by cherry2005 | 2007-03-02 21:53 | エンターティメント | Trackback(2) | Comments(28)

007 カジノ・ロワイヤル

d0013068_2281031.jpg
実はマリーアントワネットを観ようか迷ったのですが、昨年から公開していて、もぅ終わりそうな気配なのでこちらを観てきました。。。。

今回は若かりし頃のジェームズ・ボンド誕生の秘話がテーマという事で、新しく6代目ジェームズ・ボンドを襲名したダニエル・クレイグの存在感が光りまくりでした!
正直言って、この俳優さん~あんまり知らないし、一見ジェームズ・ボンドと言うよりは、冷酷非道な
悪役でもいいくらいのダーティな風貌・・・・・・笑


そ、それが凄い~カッコイイ ! すっかりハマリました。。。。。
久々に、スクリーンの中のダニエル ボンドにときめいてしまいました 

ピアーズ・ブロスナンがジェームズ・ボンドを演じていた前作シリーズのように、派手な秘密兵器もCGもあまり使わず・・・・・・
作品冒頭から、走る、、飛ぶ、撃ちまくり、落ちそうになったり、おサルのようにすばしっこい爆弾男との追いかけっこと~迫力ある派手なアクションシーンから始まり、ジャッキーチェンも真っ青。。。
ダイ・ハードを思い出しました(笑)
タフで無鉄砲・・・・・荒っぽいジェームズ・ボンドの誕生!

今回のロケーションは、プラハ、保養地として有名なカルロヴィヴァリ、バハマ、イタリアのコモ湖やヴェネチアとヨーロッパを中心に、ゴージャスでエレガントな場所ばかりで、見所満載~♪
よく鍛えられた均整のとれたセクシーな体に、上質なタキシードがお似合い!(さすが英国紳士)

d0013068_2254339.jpg

一番印象に残っているのは、今回のボンドガールのヴェスパー (エヴァ・グリーン)と共にテロリストに襲われ、ボンドが死闘を繰り広げたその夜・・・・・・・・
恐ろしさのあまり、服を着たままシャワーに打たれて震えているヴェスパーを、、一緒に寄り添って肩を抱いているところ。
ボンド自身も英国諜報員としての任務の重さや、心の奥底にある悲しみや不安を抱きながらも、今までのボンドではあり得ない、リアルな人間味溢れる男としての優しさが表現されており、心に残る名シーン。。。。。。美しくも切ないラヴストーリーとしても、充分に楽しめる作品でした。

d0013068_11205439.jpg
彼が新しくジェームズ・ボンド役に決まった時、英国ではかなりバッシングがあってボイコット騒動もあったみたいだけど、ふたを開けてみれば過去の007シリーズの成績を塗り替え、歴代トップの興行収入を挙げているらしい~

決してハンサムじゃないけど、クールで硬派、
傷つきやすくって純粋な新しい ダニエル ボンドの次回作を早くも期待してしまいます~♪ 
 
(こんなに面白いんだったら、もっと早く観ておけばよかったと後悔・・・・)
by cherry2005 | 2007-01-27 00:35 | エンターティメント | Trackback(6) | Comments(34)

ダ・ヴィンチ・コード

d0013068_18225575.jpg
原作を読んでから・・・・・・早く映画を観たいと恋焦がれていましたが、なかなか都合がつかなくって、遅まきながららようやくレディースディの昨日ダ・ヴィンチ・コードを観てきました。

小説は、特に後半から次はどうなるんだろうと・・・・・
ドキドキしながらミステリー小説を読み進めながら解いていく醍醐味と、意外な事件の黒幕の展開がとても面白い~
読み終わった後に「もしかしたら本当かも・・」と一瞬想像してしまった時の楽しさは、ロマンティックな知的好奇心を刺激します~

肝心の映画ですが・・・・・・観る前からあまり期待しない方が良いと言われていたので、気負う事もなく冷静に原作のストーリーを追うような気持ちで観てきました。
お陰で、あまり感動する事もなく淡々とした気持ちで見終われたのですが~

良かったのか?悪かったのか??  (笑)
d0013068_18542218.jpg
原作を読んでいない人は、映画の展開が早いので追いかけていくのが精一杯で・・・・・最後まで理解できず苦労したとか~
確かに、世界史や宗教史、美術史などに興味のない人や原作を読んで予備知識がないと、何が何だか分からないかもしれません~

この映画に関しては、小説を読んだ方がいい、読まないで観に行った方がいいと意見が分かれるようです。
私的レベルとしては・・・・文庫本の上、中を読んで下を残して映画を観に行くっていうのが良かったかもと、今になって結論がでた次第です(笑)

映画を違う見方で捉えると、パリやロンドンの街並みや有名な史実や観光名所などがいっぱい出てきて、トラベル・ミステリーのような感じで、旅行好きにはそれなりに楽しめるかもしれません~♪
by cherry2005 | 2006-06-29 19:27 | エンターティメント | Trackback(2) | Comments(32)

映画 かもめ食堂

今日は朝から雨が降り続け、肌寒い一日でしたが・・・・・・以前から観たかったかもめ食堂
観に行ってきたおかげで、ほのぼのとした気持ちで、癒されて帰って来ました。
レディースディとい事もあり、圧倒的に女性客で満席状態~
あんまり宣伝しているわけでもないのに、なかなかの人気ぶりでした。

北欧の港町・・・・フィンランドの首都ヘルシンキで、主人公の日本人女性サチエさん(小林聡美)が、ヘルシンキの人にウケルような妙な和食ではなく、純粋な和食を作るかもめ食堂をオープンさせた時から物語はスタートします。
例えばおにぎりの具だったら、シーチキンマヨとかじゃなくって・・・・・あくまでも、梅干、おかか、
昆布にこだわっていたりして~(笑)
d0013068_19403689.jpg

そこに日本から観光でやってきたミドリさん(片桐はいり)や謎めいた魅力のマサコさん(もたいまさこ)たちが加わり、適度な大人の距離感を保ちながら、穏やかで温かい交流が生まれていき
ます・・・・

そして、地元ヘルシンキの人々も・・・・・・いろいろな人生を背負いながら、1人また1人と、美味しいものが食べられて、居心地の良いかもめ食堂に吸い寄せられるように集まってきます~

北欧の機能的でシンプルな家具や、静かで穏やかなフィンランドの人々の豊かな暮らし、センスの良い調理器具や食器なども~いい感じ。

決して気負う事なく~淡々と穏やかに過ごしているようだけど、自分の考えがブレる事なく、凛とした潔さを併せ持つ主人公の生き方が魅力的。
こんなふうに生きていきたいワ~


d0013068_20222072.jpg
先週、この映画を観に行っていたkero-kero3さんからは、おにぎりかシナモンロールをお供に~とアドバイスを受けた意味がようやくわかりました。
映画を観てから・・・・スタバに寄って甘い~シナモンロールを早速注文。
(ちょっとこれ~デカ過ぎ)

この映画を観ると、トンカツや鮭の塩焼きなんかも無性に食べたくなります。

そしてこれからは、丁寧に心を込めて
コーヒーを入れようとか、食べる人に喜んでもらえるような美味しい料理を作ろうという気持ちが沸々と湧き上がってきますヨ~(*^_^*)

家に帰ると・・・・・・
by cherry2005 | 2006-05-17 20:38 | エンターティメント | Trackback(2) | Comments(22)

映画 蝉しぐれ

d0013068_9573092.jpg
久々に映画観てきました~
自慢じゃないけど最近まったく映画観ていなくって・・・・・・いつから観ていなかったのか?と思い出すと6月頃に観た「きみに読む物語」以来かも~~(自分でもビックリ)
邦画ってほぼ映画館では観ないのですが、藤沢周平原作の作品はす゜う~と「たそがれ清兵衛」から観ています。

今回の作品蝉しぐれは前2作品の山田洋二監督から黒土三男
監督に変わり・・・・やっぱり作風や雰囲気がかなり変わった感じ。
日本の四季の美しい風景と共に、木村佳乃ってこんなに和装が似合ったんだぁ~と驚き!
外国育ちのトレンディドラマのイメージが強かったのですがが、なかなか気高くも美しい武家の女性を演じておりました~
あの時代の人の立ち居振る舞いや所作の美しさ・・・・・・・改めて素敵だなぁ~と感じます。
d0013068_10432853.jpg
以前からこの作品の小説も読んでいたので、どんな作品に仕上がっているのかなぁ~と楽しみにしながらも、長編小説なので2時間11分という枠の中では無理ではと不安も・・・・・・
やはり省略しているところが多く、ダイジェスト版という感じにも観えます~
どうしても小説を読んでから映画を観ると、ついつい自分自身のイメージの世界が出来上がってしまって、この作品に限らず物足りなさを感じる事が多いのはやむをえないのかも~
それでもこの作品のラストシーンは、日本人の奥ゆかしいDNA、魂に強く訴えかけるものが強く・・・・ウルウルと涙がこみ上げてしまいます~
運命によって別れ別れになった文四郎とお福が、幼い頃の淡い気持ちから積年の秘めた想いを告白するシーンで「文四郎さんの御子が私の子で、私の子供が文四郎さんの御子であるような道はなかったのでしょうか」・・・・・・
忍ぶ恋、実らない恋ほど・・・せつなさと共に、美しく鮮明に心に残っていくものなのですネ~~涙 
d0013068_1146850.jpg

9月山形に行った時、映画撮影で使用された普請組・組屋敷オープンセットが保存されていたので見学してきました。
1億円の制作費をかけて建築されたものだそうです。
d0013068_11542441.jpg

完成後、情感、風情をだすため、1年を通して風雨にさらし・・・・自然の風合いを加えています。

d0013068_18425638.jpg
このロケ地のそばにダリア園を発見しました。

キク科の植物で、9月~10月が見ごろらしい・・・・


d0013068_23355755.jpg



目にも鮮やかで、バラに負けない華やかさ・・・・・・

本当に精巧に作られています。
by cherry2005 | 2005-10-28 11:59 | エンターティメント | Trackback(2) | Comments(14)

オペラ座の怪人観てきました!

前々から観ようと心に誓っていたのですが
混み合っている映画館を避けるため
少し月日が立ってからと考え・・・・・・よく観たい映画見逃しています(笑)
今回は見逃す事なく、ようやく観てきました!
それでも、なかなか人気は衰えない様子。
リピータする人も多いようですネ!

予想通り、豪華で華やかな素晴らしい作品でした。
質の良いミュージカルを観てきた感じ!
クリスティーナ役のエミー・ロッサムも、可憐で美しい~
吹き替えなしで挑んだ歌唱力は素晴らしい!
どこかで見た事あると思ったら、あの寒い~映画「ディ・アフター・トゥモロー」
に出演していたんですネ。

舞台では表現されていない細かいエピソードなども取り入れられ興味深い~
今回は、ファントムの哀しい生い立ちが描かれ
とても身近な人間臭い感じに表現されていました。
スワロフスキー社が提供したという、話題のシャンデリアも豪華で迫力満点!

4年前、ロンドンで「オペラ座の怪人」の舞台を観に行った事を思い出しました。
ロンドン在住の友人にチケットを購入してもらい
とても良い席で楽しみにしていたのに・・・・・
私は時差ボケのため、素晴らしい舞台を前にして
10分ごとに睡魔に襲われ、半分寝ながら観てしまったのです(悲)
今思うと悔しい~
タイムマシーンがあるなら、あの日、あの場所に戻り
再び素晴らしい舞台に感動したい気持ちでいっぱいです。

後悔~後悔!

オペラ座の怪人


d0013068_922818.jpg
by cherry2005 | 2005-03-28 22:20 | エンターティメント | Trackback | Comments(4)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧