タグ:国内 ( 91 ) タグの人気記事

那須 山里料理とそば ほし

那須に行った時・・・・・・・・・二期倶楽部にチェックインする前に立ち寄った山里料理とそば ほし
d0013068_11234331.jpg
御用邸に続く林の中の一軒家で・・・・・・・・・知らなければ不安になるような静かな場所に、まるで隠れ家のように佇んでいます。
県外ナンバーの車も多く、グループで来店していたお客さんは、外で席待ちしていました。

d0013068_11275520.jpg
モダンな木彫りのオブジェが飾られている店内で、耳を澄ますと小川のせせらぎや風の渡る音が聞こえてくる~素敵な空間。
脱サラしたご主人と奥さま二人だけのお店のようです~ 箸袋が、ほのぼのとしていて可愛い。

d0013068_11423468.jpg
お蕎麦を食べる前に、珍しい一品料理も多いので注文してみました。
青豆とうふの味噌漬。。。

d0013068_11483578.jpg
そば粉で作ったパンに付けて食べてみます。。。。。
ちょっと~チーズと共通するものがあり、お酒が飲みたくなります。

d0013068_11513292.jpg
こちらは葉わさびのおひたし
ツ~ンとした辛味が、これまたお酒のおつまみに良さそう。
車で来ていたし・・・・・・・・・夜は二期倶楽部だったので、我慢していました(涙)

d0013068_1282836.jpg
そばのセット山里を注文。
そばの芯の部分を使ったいわゆる更科粉のそばの白銀と、殻をむいたそばの実をそのまま使ったくろがねの2種類。
そばの実を入れたおこわと、姫竹の煮物が付いてきます。
お蕎麦は・・・・・・あまり風味が感じられず、私好みの蕎麦ではなく、ちょっと残念。

d0013068_1227127.jpgd0013068_12273477.jpg








そば湯が出てきたのですが・・・・・・・添えられていたのが、星型の生麩と茗荷。
なんとも遊び心があります~♪
d0013068_1235248.jpg

デザートは黒豆と黒蜜の寒天


こちらのお店・・・・・・四季折々の山の幸や、澄んだ空気と水が育む滋味深い料理が魅力的です。ご主人自らが、毎朝山に出向いて採っていらっしゃるそうです。。。。
お店で使っている器も素敵だったし、季節の山里料理は、また時季を変えて味わってみたいですネ。
ご夫婦2人てやっているお店なので、タイミングが悪いと、料理が出てくるのに待つことになるので、時間に余裕を持ったほうがいいかもしれません。


↓ 美味しい~情報が満載です
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
by cherry2005 | 2010-07-17 13:01 | そば・うどん・麺類 | Trackback | Comments(12)

二期倶楽部 贅沢な朝食 oishii

朝食も・・・・・・昨晩ディナーでお世話になったラ・ブリーズでいただきました。
夜の優雅な雰囲気とは違い、大きなガラス窓は開け放たれており、いくつかテラス席もあったりして、とても明るく開放感のある雰囲気。
d0013068_15352446.jpg
 予め和食を予約していたのですが・・・・・・・
最初に、ワゴンブッフェ方式でテーブルまで運んでくれます。
フレッシュなジュースや牛乳に、野菜・・・・・・シャンパンも用意してあり、ついつい朝シャンしてしまいました。
オットは運転があるので、色鮮やかな川村農園のミカンジュースを注文。

d0013068_154252.jpg
ご飯は、釜炊きご飯にお粥、黒米入りご飯から選ぶことができ、私は黒米入りご飯
二期倶楽部のブランド卵「純」を生卵でいただきました。。。。。上品ながら、コクがあって美味しい(^^)
柚子の香る大根鬼おろしも~朝食らしくっていいですネ。

d0013068_1552653.jpg
二期菜園と那須高原からの採れたてたて彩り野菜サラダ
数種類のドレッシングをはじめとして、お塩や金山時味噌もありましたが・・・・・・・野菜自体のお味が美味しいので、ボリボリとそのまま食べるのが一番という感じ。

d0013068_15583492.jpg
にき菜重1
大子町の豆乳で作った自家製豆腐やつくね団子と青菜。

d0013068_1635149.jpg
にき菜重2
鱒の粕漬けや二期倶楽部のブランド卵「純」で焼いた卵焼きなど~こだわりの食材で作った朝食の数々。

d0013068_1674791.jpg
旬のフルーツ盛り合わせ
左側のサクランボに似たものは、にき菜園で採れたグミの実だそうです。
酸味と甘みが程良いお味で~初めて食べました。

d0013068_16123493.jpg
ジョセフィィンファームのヨーグルトには、何種類かのコンフィチュールが添えられていました。。。

菜園から届くみずみずしい摘みたて野菜と、身体に優しい料理ばかりで~本当に美味しかったです。
体の中から綺麗になっていく感じがして、心身ともに心地よかったです~♪

まさに、幸せな気分になる朝食でした (^^)


↓ 美味しい~情報が満載です
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
by cherry2005 | 2010-07-04 16:21 | 旅行・お出かけ | Trackback | Comments(10)

二期倶楽部 ラ・ブリーズでディナー

レセプションから階段を下りていくと、明るくモダンで開放的なダイニングが見えてきます。
壁一面は天井までガラス張りという空間で、BGMはグランドピアノの生演奏という~優雅な雰囲気~♪
敷地内にあるキッチンガーデンでつくられた有機栽培の野菜を中心に、那須の地の素材をたっぷりと使った料理の数々が楽しめるレストランです。
d0013068_15522370.jpg
食後、家に帰らなくてもよいと思うと、ついつい飲み過ぎてしまいます (^^)
基本的にはコース料理のみでしたが、プリフィックスメニューになっていました。

d0013068_15571122.jpg

アミューズは、メロンのスープ、姫茸のグリル・エシャロットソース、イノシシイのソーセージが入ったブリオッシュ
メロンのスープの上には、桃のジェラードが浮いていて、何とも上品なスープに仕上がっていました。
d0013068_16141284.jpg
前菜は鰻と二期滋養卵と夏野菜のテリーヌ・山椒のジュレや蜂蜜とポルト酒のソースを添えて
お皿には、那須高原の菜園で採れた、初夏の彩りを感じる無農薬野菜がいっぱいで美味しい。オットは、フォアグラステーキに温泉卵の組み合わせにご満悦のようです。

d0013068_1629876.jpg
シャンパンをハーフボトルでいただいた後に飲んだのは、ボルドーの白レ・ザルム・ド・ラグランジュ2006
シャトー ラグランジュと言えば、1983年サントリーが経営を引き継いだのは有名ですが・・・・・・・
なにしろ、欧米以外の企業によるフランス政府の認可がおりたのはサントリーが初めてのことでした。




d0013068_1621134.jpg
ホロホロ鶏の高原野菜の真丈仕立て、海老のチリソース
こちらは、まるで中華料理のようなソースの味付けでした。

d0013068_16365772.jpg
魚料理はハタのウニ、イクラ、豆乳のサフラン香るソース
淡白なハタに・・・・・濃厚なソースの組み合わせが相性良いです。
豆乳で作られているところがヘルシーです。

d0013068_1644582.jpg
肉料理は、オットと一緒で幻のポーク梅山豚の八角風味の柔らかラグーキノコと冬瓜、夏の彩り山野菜を添えて
こちらも中華風といった感じで・・・・・・お上品な豚の角煮を連想してしまう味付け。
添えられておる野菜が、どれも味が濃くって印象深い美味しさ。

d0013068_16534591.jpg
二期菜ご飯と鱒

d0013068_16563121.jpg
デザートは、スィーツかチーズを選ぶことができます。。。。
私はスィーツで、桃とハーブのジェラード、サフラン風味のロールケーキ、ベリーのジュレ

d0013068_1732799.jpg

オットは、赤ワインをグラスでいただきながらチーズのお皿を注文。
ウオッシュ系、ブルーチーズ、羊系にドライフルーツが添えられ、充実した内容でした。

こちらのレストランのコンセプトが、和魂洋才”“温故知新”をテーマに世界のテイストをフレンチベースにした料理だそうです。。。。。
どのお皿にも、上質の食材とともに、那須の大地を満喫できるフレッシュな旬の野菜が添えられているのが印象的。
フルコースでも、多少飲み過ぎても~胃にもたれることなく、体に優しい料理ばかりで、多くの世代から愛され、支持されるのも分かる気がします。
個人的には・・・・・・ちょっとまとまりがなく、中途半端になってしまう可能性もあったりして、紙一重のような気もします(期待し過ぎたので、辛口になりました)

スタッフは、とてもホスピタリティに溢れていて、随所に細やかな配慮と、プラスαのサービスが感じられ、とてもリラックスして食事を楽しむことができました。


↓ 美味しい~情報が満載です
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
by cherry2005 | 2010-06-27 17:46 | フレンチ | Trackback | Comments(14)

那須 憧れの二期倶楽部 sanpo

以前から気になっていた、那須の広大な森の中に佇む滞在型リゾートホテル二期倶楽部に行ってきました。。
バタバタと一泊二日だけですが・・・・・・・蒸し暑い東京から離れ、避暑地としても有名な那須は、とても爽やかな空気に包まれていました。
d0013068_11374910.jpg
静寂や自然との融合をコンセプトに、4万2千坪の広大な敷地にわずか42室しかない、贅沢なオーベルジュ。
庭内の豊かな森の中には、清流が流れており、せせらぎの音に癒されます。

d0013068_14153150.jpg
遊歩道もあったりして、爽やかな空気とともに、森林浴が楽しめます。

d0013068_11495265.jpg
二期倶楽部本館前の池は、常に水面が5cmに保たれるしかけがあるそうです。
1986年創業時は、こちらの6室の本館建築からはじまり・・・・・・・・本館別館12室、そして東館と増築され現在に至っています。

d0013068_11594993.jpg
センスの良いスタイリッシュなライブラリー
画像には映っていませんが、右側には一枚椋のカウンターバーがあり、一杯いただきながらお気に入りの蔵書を見つけるのも~良い感じです。

d0013068_12113945.jpg
夕食と朝食をいただいたメインダイニングのラ・プリーズ
地元那須で採れた選りすぐりの山の幸、畑の幸が豊富に使われていて~美味しかったです。

d0013068_1220431.jpg
那須の自然を巧みに取り入れた個性的な空間・・・・・・・・一室一室がすべて異なる設計を施しております。
お部屋には、コーヒミルも置いてあり、挽きたての香り深いコーヒも楽しめます~♪
冷蔵庫内のジュースやビールは、いくら飲んでも無料ということで~高めの宿泊料も少し納得。
床暖房や、タオルウォーマー、空気清浄機が設置されており、随所に細やかな気配りが感じられます。

ちょっと残念だったのが、お部屋の広さ・・・・・・・
今回はスタンダードでダブルベッドのお部屋だったのですが、少し窮屈感がありました。
どうしても、海外のリゾートホテルと比較してしまうからかもしれませんが、中途半端な中庭を作るなら、その分お部屋のスペースにした方が快適に寛げたような気がします。
次回リピする時は、利用する部屋の選択は慎重にしなければ! と痛感しました。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by cherry2005 | 2010-06-26 13:03 | 旅行・お出かけ | Trackback

沖縄 鉄板焼きステーキ 碧

肉好きのオットが、沖縄に行ったらステーキを食べなければと・・・・・・何度も言うので、こちらのお店に行ってみました。。。。
d0013068_23194141.jpg

ステーキなので、一番安いチリワインをボトルで頼んだのですが、なかなかイケます。
いろいろ迷ったすえに、和牛ヒレステーキを二人とも注文。正確には石垣牛らしい
最初に青パパイヤのお浸しとサラダが登場。
d0013068_2327054.jpg

付け合わせは、沖縄らしく島豆腐と紅芋・・・・・・・ピーマンのオリーブ炒め
島豆腐って、ちょっと固めで焼いても崩れないのがいいですネ。
d0013068_23352577.jpg

コース以外で、ロブスターの半身を注文してみたら、見かけの割には、思ったより食べるところが少なかったのが残念。
海外とか行くと、感激するくらい食べられるのに・・・・・・やっぱり、ここも日本だったと痛感。
d0013068_23301856.jpg

迷いに迷った石垣牛のヒレ
d0013068_23421182.jpg

私は・・・・・・普通に美味しかったです。
オットは~ちょっと期待外れだったようで・・・・・・・焼き過ぎも一つの原因だったかも。
値段の安い特選オーストラリア牛にした方がよかったと後悔していました。
d0013068_2345655.jpg

美味しいお肉の後は、ゴーヤーチャンプルー
島豆腐を使っているせいか、豆腐も崩れず、上品で美味しい料理に仕上がっていました。。。。。。。
島豆腐が気軽に手に入れば・・・・・・我が家の食卓にもチャンプルが頻繁に登場しそうです。
d0013068_06738.jpg

こちらのお店は、すべて女性スタッフが担当し、飲み物の準備から鉄板焼きまで、決まった担当者が準備して接客してくれて、トークも積極的。
教育されているんだろうなぁ~って感じ。
そう言えば、ゴルフを楽しんだ後の、男性グループ客を何組か見かけましたネ。。。。。

d0013068_0223932.jpg

ご飯とお吸い物の後はデザート。
沖縄風ぜんざい
かき氷の中に、黒蜜とぜんざいが入っていて美味しい。

お店の名前からも分かるように、こちらで使っている器は・・・・・・神秘的なブルーを中心に、センスの良い沖縄の陶器や琉球ガラスを使っていて素敵でした (^^)
by cherry2005 | 2010-03-20 00:40 | その他・無国籍料理 | Trackback | Comments(8)

沖縄で食べたもの

確か那覇空港へ到着したのがお昼頃・・・・・・・・
空港近くのレンタカーオフィスへ直行し、手続きをしようと思ったら、思いのほか混み合っていて40分ぐらいかかりました  (汗)
みんな考えることは一緒のようで、これなら宿泊予定のホテル近くでレンタカー借りればよかったと後悔 ^^;
d0013068_11542729.jpg

レンタカーを借りたら、開店前から行列ができる有名な首里そばさんへ~♪
なにしろ、手打ち麺が売り切れしだい閉店すると聞いたため、車の中から焦ってお店に電話してみたら、その日は午後2時頃までは大丈夫とのこと。
ギリギリ2時頃入店して、美味しい首里そばを食べることができました。
d0013068_1255237.jpg

首里そばは、大、中、小と量的に分かれていて、お腹の具合で利用しやすいです。
注文した後は、店内でバラ売りしている塩ちんすこうを食べて、のんびり待っていました。
豚肉とカツオの1番ダシを使用したスープに、島マース(沖縄の天然塩)を加えた透明感のある上品なスープ。麺は、手もみに時間をかけているだけあり、コシが強いモチモチタイプ。
あっさりとしているのに、味わい深いスープが美味しかったです。
d0013068_12315097.jpg

首里城を観光した後に立ち寄ったぶくぶく茶屋 嘉例山房
300年の歴史を誇る、沖縄の伝統的なぶくぶく茶が楽しめるお店です~♪
煎った米を沖縄の硬水で煎じたものを、茶筅でひたすらオットが泡だてていました。
お茶請けに添えられた、沖縄の伝統菓子チンビン(黒糖と生姜でつくられたもの)と、ゴウヤの蜂蜜漬けが美味しい。
d0013068_1315814.jpg

ようやくできあがったぶくぶく茶です。
最初に好きなお茶を選んで、その上にこの泡を乗せていただくというスタイル。ちなみに私が選んだお茶は月桃(さんにん)
泡が鼻に付きそうで、正直言って飲みずらかったのですが、伝統的な沖縄文化にふれられて、面白かったです(^^) 
d0013068_13103833.jpg

最終日、那覇空港内で時間があったので・・・・・・・回転寿司屋さんで、石垣島地ビールを飲みながら、感慨深くJALの飛行機を眺めていました。
ちょっと沖縄らしい珍しい寿司ネタを紹介。
●サーモンを巻いたサンセットロール         ● ゴーヤ巻き
●海ぶどう                         ● もずくの天ぷら

ゴーヤ巻きは、沖縄の天然塩を付けて食べるんですが、微妙なゴーヤの苦みが以外にも美味しい。
もずくの天ぷらは、ソースを付けて食べるタイプでした。
by cherry2005 | 2010-03-11 13:35 | 美味しいもの・スィーツ・パン | Trackback | Comments(10)

欲張りに沖縄を楽しむ~♪ sanpo

レンタカーを借りて、那覇市から行きは沖縄自動車道を利用し、帰りは寄り道しながら
国道58号西海岸をドライブ~♪

那覇市街を抜けると、ビックリするくらい米軍基地のフェンスが延々と続きます。。。。
米軍基地の移転問題では、激しい議論や深刻な対立が続いているけど、最終的には沖縄の人々が安心して暮らせるような決着がつきますようにと、願って止みません。
まずは~有名な沖縄美ら海水族館へ・・・・・
d0013068_2327316.jpg

いろんな種類のエイが気持ち良さそうにヒラヒラと泳いでいました。
ベージュ色の地にヒョウ柄の模様を持つエイは、ヒョウモンオトメエイ
d0013068_23335229.jpg

7,500m3の水量を誇る大水槽の中には、悠々とジンベエザメの親子が泳いでいます。
長期飼育記録を更新中なのだとか~
お母さんザメの背やヒレにくっついている、白い赤ちゃんザメ?が可愛い!
d0013068_2353145.jpg

こちらのサメは危険なようで・・・・・・・他の魚が泳いでいない別の水槽の中で、泳いでいました。眼は可愛いけど、迫力あります。
d0013068_23595897.jpg

いろんな可愛い~魚たち。。。。。。
●コバルトブルーの体が美しいナンヨウハギ        ● ナポレオンフィッシュのドアップ
●受け口がユニークなカスリハタ               ● クマノミ
●タツノオトシゴ
d0013068_095643.jpg

↑の沖縄美ら海水族館と、同じ敷地内にある海洋博公園には、いろんな施設があって、全部観て回ろうと思うと1日くらいかかりそうな感じです。。。。。
熱帯、亜熱帯の美しい花々が咲いている熱帯ドリームセンターへ~♪
d0013068_012190.jpg

常時1700種類以上のランが咲いていて、秘密の花園へようこそ~と言った雰囲気。
スペイン風のパテオや回廊、遠見台などがあって、素敵な空間でした(^^)
d0013068_129212.jpg

海洋博公園から那覇市内への帰り道~立ち寄った沖縄随一の景勝地万座毛
海岸の絶壁には、象の鼻の形の岩が有名です。。。。。
見事なコバルトブルーの海ですと言いたいところですが・・・・・・・沖縄滞在中は、残念ながら3日間とも曇り・・・・・・・現地の人に聞くと、だいぶ雨が続いていたようなので、降らないだけでもありがたいと思わなければ ^^; 

オットはしきりに、グアムの恋人岬に似ているとつぶやいていました。
d0013068_0133432.jpg

最後は、古き良き沖縄の文化に触れることができる琉球村
古民家などが移築され、当時の人々の暮らしぶりや文化、芸能が体感できます。
古代から年中行事で続いている絵巻行列には、どこか愛嬌のある幸せの神様ミルク(弥勒)が登場。。。。。
この神様の団扇で扇がれると、幸せになれるのだとか~

かなり欲張って・・・・・・・何か所も観光しまくった、密度の濃い1日でした!
by cherry2005 | 2010-03-06 00:15 | 旅行・お出かけ | Trackback(1) | Comments(8)

沖縄 郷土料理 糸ぐるま

私の周りで、「沖縄料理はちょっとネ・・・・・・」ってよく聞きます。
私もそんな声に影響されて、正直言うと、あまり期待していませんでしたが~
こちらのお店で、すっかり固定観念が崩れました。
d0013068_21115365.jpg

今回宿泊したザ・ナハテラスから歩いて5分ぐらいのところにある、沖縄郷土料理のお店
糸ぐるま
沖縄料理を13品楽しめるコースを注文してみました。
まずは、沖縄の代表的なオリオン生ビールを一杯~♪
d0013068_21223911.jpg

手前から、みみがー和え、じーまーみ豆腐、にがな和えです。
みみがー和えは、豚の耳のピーナッ和え・・・・・・・・じーまーみ豆腐は落花生のくず寄せで、胡麻豆腐よりも濃厚で美味しい。。。。。。にがな和えは青菜のようです。
d0013068_2233799.jpg

沖縄のもずく和え



d0013068_21424650.jpg




そろそろこの辺で、泡盛をいただいてみました。
アルコール度数25%ぐらいの、飲みやすいものです。

d0013068_21513769.jpg

豆腐よう
東洋のチーズとも言われる高級珍味・・・・・・泡盛で発酵させているため、泡盛との相性は抜群です。ガラスの器もお洒落!
d0013068_2156995.jpg

左側上からたーうむ田楽、その隣はどぅるわかしーです。
下の料理は、よく見かける昆布いりちー
たーうむ田楽は、田芋をほんのりと甘く仕上げたきんとん・・・・・・上品な甘さで美味しかったです。
どぅるわかしーは、田芋と茎芋の煮物。
d0013068_2272115.jpg

代表的な沖縄料理の野菜チャンプル
d0013068_22134748.jpg

こちらのコースにはない料理なのですが~ひらやーち
沖縄のお好み焼きといった感じで、お味はチジミに似ています。
料理名は、沖縄の方言で「平たく焼く」という意味だそうです。
d0013068_22191630.jpg

ラフテー
豚肉の角煮ですが・・・・・・箸で切り分けられるくらい柔らかくって、繊細で上品な味付け。
泡盛を使って煮込んでおり、とろけるような食感は絶品です~泡盛がどんどん進みます。
d0013068_22244253.jpg

ご飯とイナムドゥチ
イナムドゥチは、豚肉やしいたけ、麺の入った白味噌仕立ての豚汁・・・・・・・ほんのり甘めで、クセになる味。

d0013068_22282641.jpg


デザートは紅芋のキントン

こちらのお店は、地元のお客さんが半分以上と・・・・・・・予約でいっぱいの人気店でした。
どの料理も、繊細でくせのない優しい味付けのものばかりで~美味しかったです。。。。。
店内は、落ち着いた民芸調の雰囲気で、、器もセンスの良いものを使っていて、一品一品が丁寧に仕上げていてアタリ!・・・・・・のお店でした(^^) 
by cherry2005 | 2010-02-26 22:45 | 和食 | Trackback | Comments(20)

暖かい沖縄に行ってきました!

沖縄に行く前日・・・・・・・東京では雪が降っていて寒い日でした。。。。。
ちょっと暖かいところに行きたくなって~2泊3日の駈け足で沖縄に行ってきました。
今回お泊りしたのは、那覇市内にあるザ・ナハテラス
d0013068_20452698.jpg

本当は、海が見えるリゾートホテルが良かったのですが、アクセスの良さでこちらへ・・・・・
那覇市内の新都心にあるのですが、開放的な空間でリゾートのような寛げる雰囲気が素敵でした。。。。
最近は、朝食はビッフェというホテルが多い中で、こちらでは洋食か和食を選ぶことができ、毎朝優雅な朝食を楽しむことができます~♪
d0013068_22581337.jpg

沖縄に行ったら、首里城は外せません。
約500年にわたって、琉球王国の城としてありつづけたお城・・・・・・・・1992年に復元されました。
私が行った時、左側の建物が残念ながら改修工事中のため、画像は右寄りです。
d0013068_2335579.jpg

今の季節、城内には色鮮やかな花が咲いて~癒されます。。。。。
城壁などを見ると、やはり中国の影響を強く受けているなぁ~って感じ。
ちょっと北京の紫禁城を思い出しました。
d0013068_2341739.jpg

正殿内部の玉座も金ピカのハデハデです。
国王の象徴である龍の絵柄が、城内でいくつも見かけました。
d0013068_2343543.jpg

鉄道好きのオットとしては、沖縄のモノレールも見逃せません。。。。
那覇空港と首里城を27分で結ぶゆいレール
2両編成で、可愛いモノレールでした。
d0013068_2345561.jpg

お土産の物色に、賑やかな国際通りを散策~♪
地元の珍しい食材が購入できる公設市場では、おちゃめな豚さんがお出迎えです。
涼しげでカラフルな琉球ガラスに魅せられて、お気に入りのグラスをいくつか購入しました。
オットも珍しく~沖縄のシブイ陶器が気に入ったようで、酒器セットを購入。。。。。
塩ちんすこうのジェラードが美味しい (^^) 
by cherry2005 | 2010-02-24 23:07 | 旅行・お出かけ | Trackback | Comments(2)

今年も~美味しいホームパーティ ♪

今年もOさんご夫妻のお宅に、遊びに行くことができました~♪
毎回、楽しいテーブルコーディネートで迎えていただくのですが、今回のテーマは収穫祭
フランスで購入してきた、暖かみのあるオレンジ色のテーブルクロスが印象的でした。
d0013068_17594254.jpg

d0013068_1885921.jpg
テーブルを飾る可愛らしい花は、自宅のお庭で咲いていた花を生けたものとか~♪
一年を通して、素敵な花のある暮らしは憧れです。

珍しいメキシコのスパークリングで乾杯です。




d0013068_18112829.jpg

アミューズは蟹の外子をオリーブオイルと玉ねぎでマリネし、茹で卵に乗せたもの
キャビアもどきで作った~美味しい創作料理・・・・・・・本物の美味しいものを知っている人だからこそ、作れる料理だと思います。

d0013068_18251271.jpgd0013068_18255644.jpg








ここからは日本酒タイム・・・・・大好きなタラの白子の湯引きが出てきました~
d0013068_18304891.jpg

釣り好きの旦那さんが下ろしてくれた、お刺身の盛り合わせ
中央にある、鮪の赤身から右回りに・・・・・鯵のなめろうに、脂の乗ったさんま、ヒラメのえんがわです。
どのお刺身も鮮度が良くって美味しかったけど、鮪の赤身は最高でした!
上品な脂の乗りと共に、きめの細かいしっとりとしたした食感は忘れられないお味・・・・・・・
翌日帰る時、教えていただいた市場で、我が家でも美味しい赤身を購入することができました。
d0013068_1843993.jpg

地元で収穫された有機野菜の盛り合わせ
パプリカやしめのじマリネ、小松菜のお浸し、ゴボウとキクイモのきんぴら・・・・・大地の恵みに感謝したくなるような料理の数々。
一見和食といった感じですが、オリーブオイルを使っているため、マイルドな風味でワインとも相性が良いです。
d0013068_18524157.jpg

メリーニ エスト!エスト!!エスト!!!ディ・モンテフィアスコーネ[2007]

イタリアの有名なワインですが・・・・・
ちなみに、エストとは・・・・ラテン語で「ある!」と言う意味です。


d0013068_1975672.jpg

イタリアの白ワインと相性の良い、シーフードがいっぱいのペスカトーレ
香り深いバジルは、自宅で栽培したものとか。。。。

d0013068_19163593.jpg

ドメーヌ・ティベールプイィ・フュイッセ 2005
南国のトロピカルフルーツを思わせる濃縮した風味・・・・・・・
コクもあるし、ミネラル感も豊かなため、白ワインには珍しく、デキャンタして楽しみました。




d0013068_19173468.jpg

平目のムニエル
表面はパリっと、中はしっとりと焼き上げられており、まるでプロの料理のように美味しい
ホワイトソースにはピクルスが細かく刻んであり~良いアクセントになっていました。


d0013068_19364816.jpg
とっておきの赤のドメーヌ・ドゥ・シュヴァリエ1995
長期熟成型のワインのため、早めに抜栓しデキャンタしていただいたのですが・・・・・・・
残念ながら、まだ飲み頃は早かったような~?
もしかしたら、5年から10年先だったのかもとの結論でした。
通好みの素晴らしいワインだけに、残念でした。

d0013068_12115921.jpg


デザートは無花果のタルト



今年も美味しい料理とお酒で~大変興味深いお話しと共に、楽しい至福の時間を過ごすことができました (^^)
私たち夫婦にとって~Oさんご夫妻は、毎回お会いする度に、人生にとって大切な事を教えてくれる魅力的なご夫妻です。


過去記事
2008年12月23日 一足お先にクリスマス~ワインパーティ ♪
2008年 05月 20日楽しかったワインパーティ ♪
2006年 10月 05日 夢のようなホームパーティ!
by cherry2005 | 2009-12-05 22:41 | ワイン会・お家ごはん | Trackback | Comments(14)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧