タグ:京都 ( 27 ) タグの人気記事

京都 下鴨神社と北野天満宮

ゆっくりとランチを楽しんだあとは・・・・・・
御料理はやしから歩いて10分くらいのところにある
世界遺産の下鴨神社に行ってみました。


d0013068_22190502.jpg

参道を歩くと・・・・
色鮮やかな朱色の楼門が見えてきました。
こちらの楼門は、1628年に建て替えられたものだそうです。

d0013068_22243441.jpg
こちらは、あまり紅葉は見られませんでしたが・・・・
黄金色のイチョウの木が印象的。
御蔭祭のとき、御神宝を奉安する
重要文化財の橋殿です。

境内には七つの社があり
それぞれの干支の神様がおまつりされていて
ユニーク。

d0013068_12024368.jpg
下鴨神社から出町柳駅まで歩いたのですが・・・・
鴨川沿いは、紅葉が美しく色づいていました。

方向音痴で地図が読めない私たちでしたが
今回は、Google Mapが大活躍しました。
知らない土地でも、これさえあれば
道に迷うこともなく、観光を楽しむ事ができました emoticon-0159-music.gif

d0013068_12034081.jpg
友人のリクエストで夜の北野天満宮へ・・・・
北野天満宮と言えば梅が有名ですが
境内西側には、もみじが350本も植えられており
紅葉が楽しめるもみじ苑があります。
ちょうど私たちが行った時は
ライトアップが楽しめる時期でした。

d0013068_12242735.jpg


d0013068_22481279.jpg


d0013068_22484734.jpg


d0013068_22525377.jpg
樹齢600年を超える大欅や、樹齢400年ほどのモミジの紅葉は
圧巻の美しさでした。。。
ライトアップされた紅葉もいいものですネ ~♪


早いもので、今年もわずかとなってしまいました。
来年も、どうぞヨロシクお願いいたします。
良い年をお迎えくださいませ 
(^^)

d0013068_15043437.gif




by cherry2005 | 2016-12-30 23:11 | 旅行・お出かけ | Trackback

京都 御料理はやしで京料理を堪能

毎年ながら12月は忙しいです。。。
最近は、食べて寝て仕事するだけで精一杯で・・・・・汗
ブログから遠ざかっていました。
京都に行ったのが1か月前のことなのに、とても遠い日々に感じます。


d0013068_10434521.jpg

友人と楽しみにしていた京料理のお店・・・・・・
魅力的なお店が多すぎて、どこのお店に行くか?悩みました。
今回ランチで楽しんだのは、京阪鴨東線出町柳駅から徒歩で5分のところにある
御料理 はやし
お店の外観はかなり古く、こじんまりとしていて・・・・・とても渋い雰囲気です。


d0013068_11561502.jpg
1階のカウンター席は、写真はNGとのことで
2階のお座敷を予約してもらいました。
掘りごたつの立派なお座敷ですが
お部屋代の料金は発生しません(良心的)

d0013068_11592000.jpg
スタートは、柚子の食前酒です。

d0013068_12004632.jpg
柿やコンニャク、ずいきなどの白和え
白和えが滑らかで、器も素敵です。

d0013068_12032901.jpg
八寸は、栗の渋皮煮や甘酢大根の昆布巻き、素麺松葉、白身魚の錦糸巻き、銀杏等・・・・
地味だけど、一つ一つ手が込んでいます。

d0013068_12191646.jpg
お椀は、海老真丈と椎茸、青菜。
お上品な薄味のまろやかな御出汁が、滋味深いお味。
海老真丈もフワフワでした。

d0013068_12264947.jpg
お造りは、鮪、鯛、烏賊。
烏賊の切り方にプロの技が光っており
とても甘くって美味しかったです。

d0013068_12351348.jpg
美味しいお造りをいただいたら・・・・
我慢できずにお酒をいただきました。
伏見のお酒で、こちらのお店オリジナルの「林泉」。
お昼から、少し罪悪感がありましたが
2合いただいてしまいました。

d0013068_12454056.jpg
海老芋の白味噌煮
ねっとりとした濃くのある海老芋と白味噌の
相性が良く、辛子が良いアクセントになっていました。

d0013068_12514948.jpg
青味大根と鯖寿司。
もろみ味噌でいただきました。

d0013068_12543394.jpg
鰆の幽庵焼き

d0013068_12590780.jpg
湯葉や野菜、海老にウニが付いたものの揚げ物。

d0013068_12582361.jpg
湯葉と野菜の煮物。

d0013068_13024160.jpg
焼きご飯のお茶漬け。
デザートは葡萄のアイスクリーム、芋羊羹とお抹茶。

個室のお座敷だったので、居心地が良すぎて
ゆっくりと食事を楽しむことができました。
華やかさやサプライズはありませんが・・・・・
丁寧に素材の持ち味を生かした伝統的な京料理の数々。
ご主人の誠実さが伝わってくるような
プロの技が光る美味しいお料理でした(^^)  

ミシュランガイド京都・大阪 2017においては1つ☆をとっています。



d0013068_15043437.gif


今日の夕暮れ
by cherry2005 | 2016-12-21 23:16 | 和食 | Trackback | Comments(8)

京都 鶉亭で至福の夜 

11月中旬から忙しく・・・・
なかなかブログをアップする時間もとれず、気がつけば師走! 
年々、1年の過ぎるのが早く感じます。 

京都の夜は、美味しいフランスワインが楽しめる鶉亭emoticon-0159-music.gif
ワイン好きの友人も楽しみにしていたお店です。

d0013068_22245924.jpg


お店の外観は町家造りなのですが・・・・
お店の中は、和風なのにセンスの良いモダンを取り入れた
寛げる雰囲気。

d0013068_22311311.jpg

掘りごたつ式のカウンターがあり
窓の外には鴨川が見えて・・・・とても風情があります。


d0013068_22373594.jpg

スタートは、ボランジェ スペシャル・キュヴェ
英国王室御用達でも知られていますが・・・・
やはり007のジェームス・ボンドが愛飲しているシャンパン
として有名ですネ。
良いシャンパンは、コクがあってふくよかです。。。。

d0013068_22465097.jpg

蕪とガールチーズ、カラスミのムース
蕪とカラスミの相性が良く、その先にチーズと
食感や風味の違いが楽しめる一皿。
シャンパンと良く合いました。

d0013068_10335150.jpg

クワイの入ったフラン 上海蟹のフカヒレソース
ソースが濃厚で美味しいです。。。。

ワインバーとして利用する方が多いので
こちらの前菜は、京都のエスプリが効いた
秀逸な料理ばかりです。

d0013068_14301220.jpg


オマール海老のサラダ
今年の6月に伺った時も、このサラダを食べていました。
季節的に、あの日のサラダは根菜類が多かったです。

d0013068_14332937.jpg

白のグラスは、コンドリューEギガ2013です。
ローヌ地方で最高峰と言われており・・・・
この機会に味わうことができて、嬉しかったです。
豊かでフルーティーな香りとまろやかさが
印象的でした。

d0013068_14450741.jpg

メインは、英国産の山鳩のソテー赤ワインソースです。
ジビエの季節ということで、勧めていただきました。

d0013068_14532192.jpg


やはりジビエ料理にはピノ・ノワールということで・・・・・
モレサンドニオーシャルム09 ミッシエル マニャン
レンガ色の美しい輝きとともに、ミネラル感もあり
味わい深いエレガントな赤でした。
山鳩とのマリアージュは、口福な体験でした。

いつもながら、知識や経験豊富なオーナーソムリエの
山口さんのお話を聞きながら、ワインと食事の時間は
とても贅沢な京都の夜になりました。


d0013068_15043437.gif




by cherry2005 | 2016-12-04 20:26 | フレンチ | Trackback | Comments(4)

京都 東福寺の燃えるような美しい紅葉

友人と京都に行ってきました emoticon-0159-music.gif
お昼過ぎに京都に到着し、ホテルに荷物を預けて出かけたのは
京都屈指の人気紅葉スポットの東福寺へ。。。。。

d0013068_22193228.jpg

まだ早いのでは?
少し不安だったのですが、見事に美しい紅葉を
観ることができました。

d0013068_22231024.jpg

京都のもみじは、関東地方のもみじと比較すると
もみじの葉が小さい気がします。
だから美しいのでしょうか。

d0013068_22280887.jpg

境内には5種類の楓が、約2000本植えられているそうです。


d0013068_22321476.jpg


平日の午後ということもあり・・・・
拝観者も6割くらい?
のんびり、ゆったりと紅葉を楽しむことができました(^^)

  

d0013068_22373471.jpg

開山堂へ続く回廊から観た紅葉の景色。

d0013068_12524881.jpg


緑と赤のコントラストも美しいです。


d0013068_10165589.jpg

東福寺本坊庭園
鎌倉時代庭園の質実剛健な風格を基調に
現代芸術の抽象的構成を取り入れた庭園。
作庭家の重森三玲氏によって昭和十四年に
完成されたものだそうです。



d0013068_10240477.jpg

北庭の小市松模様の庭園
境内の切石を再利用したもので、目にも鮮やかな緑の苔との
コントラストが美しいです。


d0013068_10354597.gif



by cherry2005 | 2016-11-20 10:38 | 旅行・お出かけ | Trackback | Comments(6)

京都 祇園にしかわでランチ♪ 

京都でのランチは、ミシュラン2つ星の祇園 にしかわへ行ってきました。
八坂神社から歩いて5分ぐらいのところで、路地の奥に佇む風情のある
日本料理のお店。

d0013068_12465375.jpg

玄関手前の中門には、茅の輪がおかれ
こちらをくぐりお店へ入店します。

昔から・・・・・夏を前に疫病の流行しやすい時期
心身の罪穢れを祓い清め、病魔に負けないお力を頂けるよう
「茅の輪」をくぐる神事があったそうです。
立派な檜のカウンター席に案内されると
美味しい冷茶が供されました。

d0013068_12581397.jpg

白パイ貝とフルーツトマト トウガンの出汁ジュレ
蒸し暑い日だったので、冷たい料理は
爽やかでした。

d0013068_21565279.jpg

甘鯛と胡麻豆腐のお吸い物
胡麻豆腐が濃厚なお味で
口当たりまろやかで美味しい。。。。
水無月ということもあり・・・
体調を整える意味もあり小豆が入っています。
古来から赤い色は、魔除けの力があり
邪気を払う力があるのだとか。

d0013068_22040146.jpg

初ガツオとイサキ
こちらにも茅の輪が飾られています。。。。

d0013068_22273482.jpg


お昼なのでビール1杯にしようと思いましたが・・・・・
美味しい日本料理が続くと
お酒が欲しくなります。。。
純米酒を2合いただきました。

d0013068_16004262.jpg


八寸は、イサキの焼き物や鯖寿司、モズク酢に
万願寺唐辛子や椎茸の揚げ物など。。。

柴漬と大根おろしを和えたものがユニークでした。
こちらの鯖寿司は、鯖が肉厚で酢飯にワサビが挟んでいて
爽やかで美味しかったです。

d0013068_15595314.jpg


賀茂茄子と湯葉の料理。
器の蓋は、本物の賀茂茄子のヘタになっています。。。
器も、それ向けに作ったそうです。

d0013068_16165246.jpg


色鮮やかなトウモロコシのご飯
火力の強いおくどさん(釜戸)で炊き上げたご飯
しっとりとしていて美味しい。
ご主人によれば、トウモロコシの芯を入れて炊き上げると
風味が濃厚になるのだとか。

d0013068_16232079.jpg


デザートは、濃厚な抹茶アイスとほんのり温かい蕨餅。

ランチは、5000円と8000円なのですが・・・・
私たちは5000円のコースをいただきました。
料理の質、量ともに満足で、とてもCPの良いお店だと思います (^^) 

まだ若いご主人が、いろいろな話を気さくに
してくださり、楽しい食事ができました。
カウンター席の他に、テーブル席や個室などもあるそうです。


d0013068_16390692.gif



by cherry2005 | 2016-06-26 16:47 | 和食 | Trackback | Comments(4)

京都 メゾン ド ヴァン 鶉亭でワインを楽しむ

京都の夜は・・・・・・以前も行ったことある
木町通りにあるメゾン ド ヴァン 鶉亭へemoticon-0159-music.gif
お店の外観は、町家造りの間口の小さな日本家屋なので
一見日本料理屋さん?と思えますが
フレンチダイニングなのです。

d0013068_16540923.jpg

予約したときに「川床のテーブル席もありますよ」と言われましたが
あえてカウンター席をお願いしました。
元々は、3代続く水炊きのお店ですが
現在のオーナーがワインダイニングとしてリニューアルした
素敵なお店です。

スタートのシャンパンはドラモット ブリュット
新緑の鴨川を眺めながら、とても爽やかでした。

d0013068_17113614.jpg

ホワイトアスパラのブランマンジェウニ添え
ホワイトアスパラは、フランスのローヌ地方から
空輸されたものだとか。
フランスのものは、国産よりお味が濃厚だそうです。

d0013068_17250529.jpg

オマール海老のサラダ
ボルドー産のアスパラソバージュや静岡産のアメーラなど
新鮮な美味しい野菜がたっぷりでした。
もちろんオマール海老も美味しかったです。

d0013068_17233235.jpg

白ワインは2種類いただきました。
左側はサンセール ラ ブルジョワーズ アンリ ブルジョワ
右側はシャサーニュ モンラッシェ クロ デュ シャトー ド ラ マルトロワ
d0013068_22172916.jpg
甘鯛の白ワイン風味サヴァイヨンソース。
香りも華やかなシャサーニュモンラッシェと一緒に
濃厚なソースと相性が良かったです。

d0013068_11395206.jpg
メイン料理は鶉とフォアグラのバルサミコソース。
あっさりした鶉肉とフォアグラの
美味しい一皿でした。

d0013068_11445252.jpg
赤ワインも2種類いただきました。
左側がクロバドンテュヴァン2010サンテミリオングランクリュ
右側は、ボーヌ レ トゥーロン ジェルマン
どちらも~バランンスのとれたエレガントなワイン ♪
至福のひと時を過ごすことができました (^^) 

ワインは、王道のフランスワインを中心に400種類もそろっています。
グラスワインの充実度も嬉しいですネ。
食材にこだわった料理も美味しく・・・・・
美食と素晴らしいワインのマリアージュを、知識豊富なオーナーソムリエの
話を聞きながら楽しめます。


d0013068_10581193.gif


by cherry2005 | 2016-06-19 12:14 | フレンチ | Trackback | Comments(8)

久しぶりに京都へ行ってきました! 

ちょっと用事があって関西地方へ・・・・・・・
1日ほど時間があったので、京都に立ち寄りました。

d0013068_22000060.jpg

新幹線で行ったのですが・・・・・
やっぱり楽しみは駅弁ですemoticon-0159-music.gif
私もオットも海鮮系を選んでいました。
ひそかにオットの駅弁は、肉系を期待していたのに。。。。。

d0013068_22104839.jpg

久々の京都・・・・・9年ぶりくらい?
歴史を感じる古都ですが
JR京都駅は、かなりモダンです。

d0013068_11022821.jpg

あの日は、珍しくカラっと晴れ上がり
京都タワーも美しく見えます。

d0013068_22200752.jpg

早速ホテルにチェックインして荷物を置いてでかけたのは
以前から行ってみたかった、宇治市内にある世界遺産の平等院
宇治駅から徒歩で10分くらいのところにあります。
それにしても外国の観光客が増えましたネ。。。。

d0013068_10332118.jpg


約1000年前の建造物や仏像が
大切に保存されています。
10円玉で有名な鳳凰堂内には
平安時代後期に本尊阿弥陀如来坐像が建立されています。
日本の仏像作家を代表する仏師定朝によって
造られました。

池がお抹茶色なのです!

d0013068_10480151.jpg


宇治市と言えば・・・・・・緑茶。
有名なお茶屋さんが軒を連ねており
私達も友人や自分用にお土産を買ったのですが
京都駅へ帰る電車の網棚に忘れてしまいました(とても悔しい)
無理と思いつつ念のためオットがJR京都駅に
問い合わせしてくれましたが、見つかりません。。。。。
宇治のおいしい思い出は、抹茶ソフト

d0013068_10555128.jpg


JR宇治駅前の郵便ポスト。。。。。
お茶壺でした。

d0013068_10581193.gif




by cherry2005 | 2016-06-12 11:12 | 旅行・お出かけ | Trackback | Comments(10)

京都 せせらぎ すへら

2月中旬のことですが、最後の京都でお茶を楽しんだせせらぎ すへら
スウェーデンの建築家グループ 、クラーソン・コイヴィスト・ルーネ作のスフェラビル は、とてもモダンで透明感のある不思議な外観。
d0013068_15561754.jpg

ビルの中はギャラリーのようにお洒落な家具や器、雑貨などが販売されており、美意識の高いこの空間に身を置いているだけでも楽しくなります 
先日遊びに行った、東京ミッドタウンにも出店していました(カフェは併設されておりません)
d0013068_16211525.jpg

d0013068_16232585.jpg

友人は手作りプリンを注文。
d0013068_1658568.jpg

d0013068_16255172.jpg


私は2年前お邪魔した時にいただけなかった、嘯月セットを注文。
前回は、3時頃伺って売り切れ状態で、この日もギリギリで・・・・・この草餅しか残っていませんでした (汗)
堀川通りからほど近い嘯月さんの生菓子は、すべて事前に予約を入れないといただく事ができないのですが、こちらのカフェだけは、予約なしでいただく事ができます。
本当に素晴らしい味わいでした。。。。。。
繊細で上品な食感、控え目ながら全体と調和している餡・・・・・・・そして一口食べ終わってから口の中にフワリ~と広がるヨモギの風味・・・・・・
東京に引っ越す日まであと数日だったので、最後に一つ一つ丁寧に手作りされた上質な和菓子をにいただく事ができて、あの日はとても幸せでした(^^)
by cherry2005 | 2008-04-05 17:08 | カフェ | Trackback(1) | Comments(16)

露庵 菊乃井でランチ

まだ関西ネタがありましたので、お付き合いくださいませ~
高台寺の近くにある有名な料亭菊乃井の味を、もう少し気楽に楽しんでほしいと言うコンセプトで造られた、高瀬川沿いにある露庵 菊乃井 木屋町店に行ってきました。
そう言えば去年、赤坂の菊乃井はミシュランでみごとに2つ星を獲得していましたネ。

d0013068_16405297.jpg

お店に入ると、清潔感漂う白木のカウンター席があり、通路を隔てて御座敷、2階もあるようで
思ったより広々とした店内。
私たちは友人と2名だったので、その日はカウンター席での食事です。
d0013068_16573425.jpg

先付けは、白子の豆腐と黒トリュフソース
あの日は、外はチラホラと雪が舞っている肌寒い日だったので・・・・・・こうゆう温かい料理が出るとホットします。日本料理に黒トリュフを使っているところがお洒落。
d0013068_178190.jpg

八寸は、可愛らしい梅豆腐や鰯と車海老のお寿司、菜の花の辛し和え、白魚や鯛の子など~目で楽しめる料理の数々。。。。
北野天満宮の梅花祭が近いと言う事で、器は北野天満宮の絵馬を使っているのがユニークです。
d0013068_17154451.jpg

お造りは、鯛とモンゴウイカ
こちらの鯛は、適度に脂がのっており、身が締まっていて絶品でした!
d0013068_1723051.jpg

二皿目のお造りはヨコワ・・・・・薬味に辛み大根おろしが添えられていました。

d0013068_1725212.jpgd0013068_17251445.jpg










ふぐのみぞれ汁
ふぐの揚げたものや煮たものなどが入っていて、食べ応えのあるお椀。
お椀の蓋のところに、寛永年製って記してある・・・・凄い!
d0013068_1747349.jpg

目の前で、炭火でコトコトと炊きあげられた京野菜と焼き穴子。
京野菜は海老イモや聖護院大根、金時人参、九条ネギに湯葉など、体も心も温まる滋味深いお味。
薄味の繊細なお出汁が、とても味わい深いです。

d0013068_18102978.jpgd0013068_1811393.jpg









御釜で炊きあげられた小柱と金時人参の炊き込みご飯

d0013068_18143590.jpgd0013068_18153811.jpg









ご飯のお供は、粕汁
デザートは金柑とのし梅のヨーグルト風味のジェラードとイチゴのゼリー寄せ

d0013068_18432082.jpgd0013068_1844219.jpg









残ったご飯は、お持ち帰りできると言われ包んでもらったら・・・・・・一つだけなの  (涙)
もう少し気遣いが欲しかった~  (友人が私にプレゼントしてくれました~ありがとう)

今回いただいたのは7350円の昼懐石。
奇をてらう事なく王道を感じる丁寧な味付け、吟味された食材、見た目の華やかさなど、十分に京料理を楽しませていただきました。
残念だったのが、お昼は2部制になっているためか(12時からと1時30分)、私たちは12時の予約だったのですが、かなり慌ただしい感じで、早いペースで料理が出てきたのが気になりました。
こんなに美味しい料理だからこそ、じっくり、しみじみと味わいたかったです。。。。
by cherry2005 | 2008-03-19 21:34 | 和食 | Trackback | Comments(30)

メゾン・ド・ヴァン鶉亭で極上ワインを楽しむ

たしか去年の秋頃オットが、ほろ酔い気分の上機嫌で京都から帰宅・・・・・・・
仕事で利用した京都のワインダイニングのお店が気に入ったらしく「凄い~良いお店見つけたヨ! いつか連れて行ってあげるネ。。。」と言いつつ、その夜はとても自腹では飲めない高級ワインの自慢話を、延々と聞かされたような・・・・・・
今までの場合、そのいつかは永遠にいつかで終わるパターンが多いのですが、新年早々に今回はめでたく有言実行でした  (^^)
d0013068_9182892.jpg

京都の木屋町にあるメゾン・ド・ヴァン鶉亭
元は昭和初期創業の老舗の水炊き屋さんだったお店が、2004年にワインダイニングとして生まれ変わったのだそうです。
町家造りの間口の小さな入口・・・・・・・とてもその奥には、こんなモダンな空間が続いているとは想像もできない寛げるカウンター席があり、窓辺からは鴨川が見え、なんとも風情があります。
d0013068_9373163.jpg

アミューズはオマールエビの昆布〆
最初のシャンパンは、ボランジェ。こちらは、映画007シリーズのボンドさんがセクシー美女と一緒に楽しむシャンパンで有名 
d0013068_9435779.jpg

スッポンのフラン、コンソメ仕立て
洋風の茶わん蒸しで、中にはしっかりとスッポンのお肉が入っていて・・・・クリーミィで上品なお味。
d0013068_9485371.jpg

フグの唐揚と自家製千枚漬けの彩りサラダ
レンコンやエビイモ、菜の花に千枚漬けと・・・・冬の京都らしい食材ばかりです。
野菜のそばにフグの唐揚があり、そちらはシバ漬けのオリーブオイルと一緒に召し上がってくださいとのこと。。。。。。
d0013068_1004983.jpg

フォアグラとラ・フランスのソテー洋梨のソース
ガチョウのフォアグラとフルーティなラ・フランスの相性は絶妙で、フォアグラの焼き加減も抜群でとろけそうな食感でした。
こちらの料理では、ブルゴーニュの白でシャサーニュ モンラッシェ レ ショーメ  98をお勧めしてもらいました。
d0013068_1015168.jpg

しば漬けのペペロンチーノ
↑ のフォアグラの料理までは、お得な前菜を中心としたコースメニュ
パスタ料理からアラカルトでチョイス・・・・・・・こちらのペペロンチーノは、お店の定番人気メニュで、酸味と塩気が交ざり合い、京風のお上品なパスタ料理に仕上がっていて、不思議な美味しさです。
d0013068_1024093.jpg

メインは鴨とフォアグラの取り合わせと落花生のもやしとヤーコン添え
落花生のもやしって初めて食べました・・・・・
甘めのカシスと黒トリュフ風のソースの料理で、ボルドーの赤でいただきました。


ワインはグラスだけで20種類ほど、ボトルでは約300種類・・・・・・ストックは約1000本もあるのだとか。
私たちは開店後早めに入店したので、オーナーソムリエの山口さんを独り占め状態。
ワインや料理とのマリアージュについて~いろいろと貴重なお話が聞けて贅沢な時間を過ごす事ができました。
京風のエスプリが効いた美味しいフランス料理と、グランメゾン級を誇る素晴らしいワインの融合の奥深さに、まさに食の醍醐味を感じた夜でした。

今回私たちが利用したのは1階のカウンター席、2階は落ち着いたテーブル席で水炊き
(要予約)がいただけるそうです。9月末までは川床も楽しめるのだとか~♪
by cherry2005 | 2008-02-07 11:00 | フレンチ | Trackback | Comments(22)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧