タグ:ワイン ( 139 ) タグの人気記事

ボーヌでのランチはマ・キュイジーヌ ♪

こちらでの食事を楽しみにしておりました  ♪

d0013068_209660.jpg
大通りから小さい小路に入ったところに、目立たないように佇んでいるお店がまえ。
観光客相手と言うよりは、地元の人しか知らないような隠れ家的な雰囲気。

d0013068_20122454.jpg
飾り気のない店内ですが、こちらのお店は、U2やマイケル・ダグラス&キャサリン・ゼタ・ジョーンズも自家用ジェット機を飛ばして訪れているらしい。。。。
(トイレに、控えめに写真が飾っておりました)

d0013068_11125387.jpg
棚の上にそびえ立つ空き瓶たちを見ているだけで、ため息が。。。。。
改めて、ここはブルゴーニュ・・・・・ボーヌにいるんだと感じます。

d0013068_202129.jpg
まずはムルソーを一杯。

d0013068_20213952.jpg
こちらは、マダムが料理をして・・・・・サービスは、気の良いムッシュが担当。
ランチコースもあったのですが、こちらのお店ではガツンとアラカルトでいただきました。。。。
黒板に書いてあるフランス語メニューが分からないと言ったら、心良く英語とゼスチャー付で説明してくれました(笑)

d0013068_20271651.jpg
私の前菜はホタテのポワレのサラダ
ホタテの火の入れ具合も絶妙でしたし・・・・・ソースがとにかく美味しい (^^)
バルサミコとマスタードを効果的に使っていて、食欲をそそります。。。。

d0013068_20324134.jpg
オットの前菜はトマトとモッツラレラサラダ バジルソース

d0013068_20345663.jpg
私のメインは、チキン。
骨付きなので少々食べづらかったのですが・・・・身がしまっていてこんがりと焼き上げられ、美味しいのです。
久々に美味しいチキンいただきました!
付け合せのポテトも、表面はカリッ、中はこんがりねちっとして~濃厚な甘さで美味しい。。。。

d0013068_20395638.jpg
オットが食べたメインは、牛肉のタルタルステーキ
スパイシーな味付けで、こちらも食欲がそそる味付け。

d0013068_2043460.jpg
ピノノワールをいただきました。。。。
午前中見学していたオスピス・ド・ボーヌのグランクリュのワイン・・・・・味わい深ったです。

d0013068_11314143.jpg

女性シェフとは思えない、豪快でメリハリのきいた味付けの料理の数々。。。。。
ワインが飲みたくなるような~飾り気のない美味しい料理ばかりでした。
なかなか行く機会もないと思いますが・・・・また行ってみたい、心に残るお店。


d0013068_21231180.gif

by cherry2005 | 2014-08-12 20:51 | 2014年フランス | Trackback | Comments(12)

ワインと美食の街 ボーヌへ~♪ 

今日は、台風が西日本を通過したということで・・・・・・・雨は降っていませんが、東京も強風が吹いています。
交通機関もかなり乱れているみたいですので、お気をつけください。

d0013068_16522547.jpg
フランス旅行記の続きになりますが、あの日は、早起きしてリヨンのパール・デュー駅から、TER(普通列車)で約1時間30分・・・・・・・・楽しみにしていたボーヌへ~♪
発車予定時刻の10分前になっても、乗車するホームが決まりません (汗)
ホームが表示されるまで、ドキドキしながら駅の時刻表とニラメッコ!

d0013068_1705628.jpg
予定通りに、午前10時ころにはボーヌの街へ。
ワイン愛好家にとっては、憧れであり~聖地のような場所と言えるかもしれません。

最初に訪れたのは、街の中心地にあるオスピス・ド・ボーヌへ。
「神の館」という意味で、1443年にブルゴーニュ公国の宰相ニコラ・ロランとその妻が、貧しい人たちの病院として建てたもの。

d0013068_17192955.jpg
現在は、博物館として立派に保存されています。
ここは・・・・・・・修道女が患者さんの食事を作っているところ。

d0013068_17222421.jpg日本語の音声ガイドがあったのにはビックリ!
それも~無料で貸出してくれるところが太っ腹。

こちらの博物館は・・・・・
今でも58ヘクタールのぶどう畑を所有しており、グランクリュのワインとして人気が高く・・・・・・そのワインの売り上げは建物の修復に使われているのだとか。

d0013068_17322710.jpg
こちらの展示物で有名なのが、ロジェ・ヴァイデン作の「最後の審判」の装飾屏風
鮮やかな色使いに、しばらく見入ってしまいます。。。

d0013068_17394427.jpg
オスピス・ド・ボーヌを見終わったあと、こちらの前からプチトランが出発するので、それまで一休み。

d0013068_17374880.jpg
ボーヌの街の主な見どころを、ぐるりと回って案内してくれます。
こちらでも・・・・・・日本語の音声案内があったのにはビックリ!
多くの日本人が訪れているのかも?

d0013068_17494373.jpg
今でも古い建物が残っており、こんな細い石畳の道も、プチトランは進んでいきます。


d0013068_1754664.jpg
コート・ドール(黄金の丘)と呼ばれる、延々と続くブドウ畑・・・・・・・ワインの都と言われるボーヌが拠点になります。
街にはワイン関係者の事務所や関連品を扱うお店が、軒を連ねています。
d0013068_118205.jpg

d0013068_1803961.jpg
あらかじめ、日本からワイナリー巡りを予約していました。。。。
午後4時30分という待ち合わせだったのに・・・・・・・30分も遅れて、ガイド兼運転手さんが到着 ^^; 
参加していたのは私たちだけで、貸切状態で良かったのですが。。。。。

なんと~憧れのモンラッシュの畑に案内していただき~感激!

d0013068_18152866.jpg
最後は、ドメーヌへ連れて行っていただき、地下にあるワインカーブへ~♪ 

d0013068_18172360.jpg
お楽しみのティステイングです。。。。。
サントネー、ムルソー、ピュリニーモンラッシュ、サシャーニュモンラッシュ、コルトン・シャルルマーニュ、エシェゾーと、普段手が届かない素晴らしいワインをいただき、すっかり良い気分 (^^)

日帰りでしたが・・・・・・とてても充実した内容のボーヌの街でしたが・・・・・・・
ボーヌからリヨンへ帰るTERも30分遅れ・・・・・・かなり疲れました 007.gif
やっぱり、日本社会のように、時間通り、予定通りにはいきませんでした。。。汗

d0013068_1827686.gif

by cherry2005 | 2014-08-10 18:32 | 2014年フランス | Trackback | Comments(8)

タルト・フランベでお家ワイン ♪

今日も朝から雨がシトシト降っています 057.gif
蒸し暑かったり肌寒かったり・・・・・・私の周りでも風邪をひいたり体調を崩している人も多いです。
気分的にもスッキリしない嫌な季節。。。。。

d0013068_1551528.jpgあの日は、冷蔵庫に飲みかけのロゼがあったので、こちらからスタート。。。。
久々のロゼは、以外にもドライでフルーティ・・・・・スペインのものですが美味しい(^^)
ボトルもポップで可愛いです。

以外にも世界中で一番飲まれているワインは、ロゼだそうです。。。
値段も手ごろだし、料理に合わせて悩むこともなく、気軽に飲めるからだとか。
私はロゼっていうと、爽やかな風や優しい日差しを浴びながら、屋外で飲むイメージがあります。
早くそんな季節になってほしい。。。。058.gif

リバリス・ロゼ [2012]

d0013068_15192724.jpg
お手軽に作れるホタテのカルパッチョ
キウイの酸味と甘みのあるカルパッチョソースは、フルーティなロゼと相性が良い感じ。
最近、サラダとか料理にフルーツを使うのがマイブームです。

d0013068_15442343.jpg
新じゃがを使って、あさりのトマトソース蒸し。
画像で見ると、じゃがいもの切り方が荒い・・・・・もう少し、お上品に小さく切ればよかったと後悔。

d0013068_15331655.jpg
仏のアルザス地方で作られているマンステール
ウオッシュー系でクリーミィですが・・・・・・・かなり強烈な香りがします。
自分で買ったのは初めて・・・・・・・タルト・フランベに使うために探しました。
私はこのままでいただくのはキツイですが・・・・・火を通すと、不思議にコクと深みが出て、クセのある風味が気になりません。

d0013068_15425486.jpg
タルト・フランベ(アルザス風ピザ)
毎月通っている料理教室で・・・・・・・・あの日はアルザス地方のワインと郷土料理がテーマで教えていただいたもの。
なんとなく~教室で食べたものと何かが違うような?

パイ生地に、玉ねぎとベーコンを炒めクミンとマンステールを乗せて焼いたもの。
仕上げに、生ハムとベビーリーフサラダを乗せると、ご馳走感があります。
本当は、アルザスのリースニングと相性が良いのですが・・・・・違うワインを開けてしまいました。。。。

d0013068_1635362.jpg
コンセイト・バスタルド [2012]
珍しいポルトガルのワインなのですが・・・・・・・酸味や渋みも控えめで期待以上に美味しかったです。
エチケットが不気味なのか?不思議なのか?とても印象的ですが・・・・・・ワインは、上品でエレガントでした。

この日のタルト・フランベと相性が良かったかは別として、美味しいワインでした。
この日は、スペインとポルトガルのワインを楽しんだのですが・・・・・・そう言えば両国とも、サッカーの強豪国と言われながら、今回のワールドカップは1次リーグ敗退。
日本も残念でした!

d0013068_1623132.gif

by cherry2005 | 2014-06-28 16:30 | ワイン会・お家ごはん | Trackback | Comments(12)

江戸川橋 リストランテ ラ・バリック トウキョウで満足ディナー

d0013068_164218.jpg3年前にランチをしてから・・・・・・・また機会があったら、行ってみたい~と思い続けていたリストランテ ラ・バリック トウキョウ

先月誕生日月だったので、ようやくディナーで楽しむことができました~♪
以前は、場所が分かりづらくって・・・・お店の周辺で行ったり来たりしましたが、今回は迷うことなく無事到着。

d0013068_16124917.jpg
オーナー兼ソムリエの坂田氏の実家を改造した日本家屋のお店・・・・・・とても落ち着いた和室の空間です。

d0013068_16142236.jpg
オリーブの肉詰めフリットをつまみながら、スタートは、フェッラーリのロゼ

d0013068_1624114.jpg
次に、アルミホイルに包まれた自家製のパンに、空豆のニョッキ。
空豆と空豆のニョッキは・・・・・・・ペコリーノのソースと相性がいいようです。
次からは、プリフィクスメニューになっているので、好きなものを選べます。

d0013068_16284086.jpg
冷たい前菜は、ホワイトアスパラのパンナコッタとホタテのタルタル添え。
旬のホワイトアスパラと濃厚な甘味のホタテの組み合わせは、幸せなお味でした。

d0013068_16352334.jpg
温かい前菜は、フォアグラのソテーヴェネット産白玉ねぎと赤ワインのチップ添え。
大好きなフォアグラの火の入れ具合も絶妙で、甘い白玉ネギも美味しい。。。。

d0013068_16415134.jpg
パスタ料理はかなり迷いましたが・・・・・・イカスミのリゾットにおさまりました。
北イタリ産のお米で炊いたもらしく・・・・・・お上品な仕上がり。

d0013068_16514944.jpg
白をグラスでいただいたあとは、赤をボトルで。。。。。。
久しぶりに、お奨めのキャンティ・クラシコ・レゼルバを楽しみました。

d0013068_1656326.jpg
メインもかなり迷いましたが・・・・・・オットは馬肉のグリルバローロソース
私は、和牛ロース肉のロースト レフォール添えをいただきました。
低温でじっくり焼き上げたもので、肉の旨味、甘味を存分に楽しむことができて美味しい。

d0013068_171722.jpg
デザートは大栗のパイ ピスタチオのジエラード添え。
プティフルもたっぷりで・・・・・・素敵なディナーでした。。。(^^)

あの夜・・・・・美味し過ぎて飲み過ぎたのか、それとも一皿の量が少ないと思い、フォアグラやお肉など好きなものを食べ過ぎたのか、悲しいことに2、3日胃の調子が悪くって辛い日々だったのです。
ディナーのフルコースに2人でボトル1本グラス2杯は、最近私の体には負担が大きくなったような感じ ^^;
年々・・・・・酒量、食欲の低下をヒシヒシと感じている今日この頃。。。。。
オットは変わりなく、相変わらず健啖家ぶりを発揮しており、年相応に、少しはお酒と食欲の低下を願いたいものですが(汗)

d0013068_17253489.gif

by cherry2005 | 2014-06-15 17:19 | イタリアン | Trackback | Comments(12)

新宿 コンヴィーヴィオでイタリア郷土料理

GWも早いもので残り今日、明日になってしまいましたが・・・・・・我が家は、自宅中心の安近短です!
最近・・・・・・・オットとは近所の居酒屋でごはんのパターンが多かったので(まさに安近短)、久しぶりにきちんとしたレストランに行きたい~と、リクエストしたところ・・・・・・・
前々から気になっていたイタリアンのコンヴィーヴィオに行くことができました。
d0013068_2120437.jpg
1Fにケンタッキーが入っている雑居ビルの4Fにあります。
ディナーは1つのコースのみで、スタートはスプマンテを一杯。。。。。

d0013068_21311072.jpg
最初に出てきたのは、野菜のお花畑~♪ 
レンコンや赤い大根、チーズなど、遊び心があります。

d0013068_21413861.jpg
前菜の盛り合わせ
ひよこ豆のクリスティーヌやホタテ、生ハムなどなど・・・・・・・楽しいお皿です。

d0013068_21473140.jpg
ポロネギのスープ

d0013068_2149831.jpg
サクラマスの一皿
サフランのソースが・・・・・・目にも鮮やか過ぎる美しい料理。

d0013068_21534748.jpg
豚バラ肉の煮込み 新玉ねぎのロースト
とても柔らかい豚肉の下に添えてあるのが、しっとりとした食感の玉ねぎ・・・・・・かなり甘くって美味しい。

d0013068_21581155.jpg
あの夜いただいたワインはトスカーナのランコーレ2007
ラベルは、なんとムンクの叫び・・・・・・・ランコーレって、イタリア語で「恨み」と言う意味らしく、夫婦で飲むのにはちょっと怖すぎ (汗)
名前とは裏腹に、有名な作り手さんらしく、サンジョベーゼ主体のバランスのとれた美味しいワインでした!

d0013068_2294738.jpg
一皿目のパスタ料理はスカンピのカンネンローニ
中には、スカンピーやブロッコリーのペーストしたものが入っていました・・・・・黒いのは、カカオの粉末なのですが、あまり視覚的には美しくないですネ。。。

d0013068_2223734.jpg
カーチョエペペ
フェットチーネの太いバージョンで、ペコリーノトスカーナがマイルドで、黒こしょうと相性が良く、私好みのパスタ料理。

d0013068_22271246.jpg
メイン料理は、仔羊のロースト
美しいローズ色が食欲をそそります・・・・・・・・アンチョビと木いちごのペーストが添えられ、柔らかくってジューシー。
とてもワインと相性が良くって至福の時 (^^) 

d0013068_22324943.jpg
デザートは、ボネ
アマレットのジエラードが添えられているチョコレートプリン。

d0013068_22352235.jpgプティフル

遊び心のある演出で・・・・・・・卵の殻に入れられて、クッキーやプリンなどが出てきました。

こちらのシェフは、渋谷にあるビオディナミコで、3年シェフを務めていた方だそうです。。。。

なんとなく料理の形態やコンセプトが似ています。。。。
シェフ自ら、テーブル席まで料理をサーブし、熱心にお客さんとコミニュケーションを図るところなども。。。。
トスカーナ地方を中心とし、珍しいパスタ料理や郷土料理をいただけるお店として、貴重なお店だと思います。
あの夜は・・・・・・なかなか良いワインをご紹介いただいたのに、CPが良くって良心的な価格に満足いたしました。。。
ワイン好きとしては~そこのお店に対する信頼度や好感度も高まりますネ049.gif

d0013068_20504921.gif

by cherry2005 | 2014-05-05 11:49 | イタリアン | Trackback | Comments(8)

銀座 日本料理 綾でランチ

d0013068_1093651.jpg久しぶりに友人たちと3人でランチ~♪ 
私はこちらのお店を知らなかったのですが、友人が予約してくれた日本料理 綾AYA

お店に入ると、檜造りの立派なカウンター席があり、奥に個室があるようです。
13坪のこじんまりとした店内・・・・・・正統派の日本料理屋さんって雰囲気。

d0013068_10181943.jpg
付き出しは、なまこもずく酢、カモの八丁味噌漬け、菜の花のカニサラダ、玉子焼き。

d0013068_1038599.jpg
お刺身は甘海老、真鯛の昆布〆、ホタテ。
真鯛の昆布〆は、梅醤油でいただきました。。。お醤油の他に、藻塩もありました。。。。
やっぱり・・・・・甘海老が美味しい。

d0013068_10451369.jpg
富山の氷見寒ブリのシャブシャブ
お刺身でもいただける新鮮な天然ブリ。。。。。

d0013068_10501396.jpg
適度に締まった身の食感と、脂ののったバランスが・・・・・・絶品。
シャブシャブの後のスープも、しっかり味がでていて美味しい。

d0013068_10562631.jpg

スタートはビールを飲んでいたのですが、日本酒が飲みたくなりました。

あの日は寒い日だったので、八海山で熱燗。

なんだか~すっかり昼から気持ち良くなりました。

d0013068_1103814.jpg
大きなカキと吉野葛餡をかけた茶碗蒸し。
カキの旨味が凝縮した風味が美味しい。。。

d0013068_1151585.jpg
A5ランク飛騨牛のステーキ
上品に脂がのっていて、肉質が軟らかい。。。。
部位はいちぼらしいのですが、口の中にいれると、甘い肉の旨味が楽しめます・・・・・・上質なお肉は、塩、コショウでシンプルにいただくのが良いです。。。

d0013068_11142577.jpg
こちらのお店、正統派日本料理屋さんかと思ったら、ワインにとても力を入れているようで、かなりの種類を置いていました。
私は、あまり日本料理では無理してワインを飲まない派なのですが、美味しい飛騨牛食べたら、本能的に赤が飲みたくなりました。
みんな同意見だったので・・・・・ボルドーの赤を一杯
シャトー・ムーラン・ド・レスペランス2006

d0013068_11222723.jpg
土鍋で炊き上げたタケノコご飯。
最後はお抹茶までいただきました。

d0013068_11243276.jpg
デザートは、江戸の切子に入ったいちごのジェラード、フルーツと抹茶のアイス。

昼から、優雅に贅沢な時間を過ごすことができました。。。。。。
あまり創作せず、旬の食材を生かした正統派の日本料理屋さん。
それぞれに、すべての料理は美味しかったのですが、料理自慢の温泉旅館の料理と感じが似ているなぁ~と思ってしまいました。。。
今回、期待を込めて一番高いコースを注文。
銀座で立地の良い場所ですから・・・・・・お高いのはしかたがないのですが、価格と内容を考えると、個人的にはもう少しインパクトのある料理があってもよいかも。

d0013068_12535992.gif

by cherry2005 | 2014-03-16 11:41 | 和食 | Trackback | Comments(6)

日本橋 オーグードゥジュール メルヴェイユでランチ ♪

昨日は、フィギュアスケートの羽生選手が見事金メダルに輝き、嬉しい速報が流れました072.gif
それにしても、日本男子も顔が小さく、手足が長くなって、欧米男子と体型に差がなくなりましたネ。。。。

ワインと美味しいものが大好きな5人で女子会~♪
以前から有名なので名前は知っていましたが、なかなか行く機会がなかったオーグードゥジュール メルヴェイユでのランチ。
d0013068_11243811.jpg
5人なので、シャンパンのボトルを注文。
シャルトーニュ・タイエ キュベ・サン・タンヌ・ブリュット
お手頃価格なのに、フルーティでスッキリ辛口・・・・・・・自宅用に購入しておきたくなりました。
アミューズは、カレー風味のパウダーに黒コショウ味のクッキーが出てきました。。。

d0013068_11282659.jpg
前菜は、蟹ミソのババロア トマトジュレとウニのマリアージュ。
プリフィックスメニューになっていて・・・・・・・魅力的なメニューがあり過ぎて迷います。
蟹の風味とともに、優しいお味で、シャンパンと相性が良いです。

d0013068_11371338.jpg
2つめの前菜は、セップ茸のフラン
セップ茸の濃厚なエキスが出ていて~コクがあります。。。。
あの日も寒い日だったので、こういうスープは体の芯から温まる感じで美味しい。

d0013068_1142129.jpg
この辺で、シャンパンのボトルも空いたので、次はマコンヴィラージュを注文。
みんなワインの有資格者で、美味しいワインを知っているから、どんなワインをマリアージュしてくれるのか、とても楽しみ(^^♪

d0013068_1140378.jpg
黒ソイのポワレ
サクサクっとしたカダイフの衣をまとった黒ソイ・・・・・・・コブミカンの爽やかなソースで、軽やかな一皿。

d0013068_11513445.jpg
メインは、静岡産のルイビ豚。
有名ブランドの名前に似ていますが、柔らかくってジュシーそのうえ甘い・・・・・・・・・最近は、主役になり得る美味しい豚肉が多くって嬉しいです。
豚肉の王様といわれるランドレース種、ヨークシャー種、バークシャー種を掛け合わせ、それぞれの頭文字(LYB)から命名されたものだとか。

d0013068_11581064.jpg


ダッタン茶のフラン
オリーブオイルと塩とジェラードの絶妙なマリアージュ。



d0013068_1222658.jpg
デザートは2種類から選ぶことができました。
私は柑橘系のソースが爽やかなフロマージュフラン

d0013068_1271190.jpg

最後はフィナンシェが出てきて、お腹がいっぱい。
満足な楽しいランチでした (^^)  

モダンで軽やか・・・・・・一皿一皿に華があり、食材も含めて新鮮でした!
コスパもそんなに悪くないし、バランスのとれた良いお店だなぁ~と思います。
女性に好まれそうなフレンチですネ 072.gif

d0013068_12165318.gif

by cherry2005 | 2014-02-16 12:23 | フレンチ | Trackback | Comments(6)

池袋 オザミ59でランチ

早いもので、昨年のことになりましたが・・・・・2年ぶりに会った友人夫婦とランチしたオザミ59
場所は、サンシャイン60の59Fにあるお店です。。。。
久しぶりにサンシャイン60に来て、なんだか建物自体古い雰囲気で懐かしい感じがしました。。。。
d0013068_22521355.jpg
この日は4人でのランチだったので、お手頃なシャンパンがあったのでボトルで。
晴れている日は、スカイツリーが見えるらしいのですが、この日は曇り空で残念。
それでも東京で一番天空に近いフレンチレストランは、素晴らしいロケーションでした!

d0013068_22543534.jpg
前菜はカナダ産オマールエビときゅうりのガスパッチョ 野菜のマリネとオマールエビのジュレ
きゅうりのガスパッチョが爽やかな酸味があって夏らしい料理。。。。。
実は、9月のランチでした (汗)

d0013068_2303914.jpg
花ズッキーニに包んだ地鶏のフリット

d0013068_2322336.jpg
こんな風に、ズッキーニの中に鶏肉が入っていて、見た目よりボリューム感があります。

d0013068_2342769.jpg
4人なのでと言い訳しながら、ボルドーの赤を注文してしまいました。。。。
男性陣は、半そでを着ております。
あの日の友人夫婦は、旦那さんは健康診断の結果を気にして控えめでしたが、奥さんが旦那さんの分までグイグイ飲んでいましたネ。

d0013068_238328.jpg
オーストラリア産牛フィレ肉のポワレ モリーソース
オーソドックスな肉料理ですが、こちらのモリーソースが美味しい・・・・・

d0013068_2311498.jpg
デザートは、オレンジのタルトとバニラのジェラード添え赤い果実のソース
こちらのデザートも夏ぽい・・・・・・


インフルエンザが猛威を振るっている今の季節・・・・・・・昨年の夏は暑い暑いとグチをこぼしながら過ごしていたのに、今となっては、はるか昔のことのような気持ちです。
また今年も、気がつけば年末なんて~言っているんでしょうか(笑)


d0013068_23285311.gif

by cherry2005 | 2014-01-29 23:24 | フレンチ | Trackback | Comments(6)

荻窪 ヴァリノールで女子会

前々から、お店の前を通っては気になっていたフレンチのヴァリノール
なかなか利用する機会がなくって・・・・・・・昨年のことになりますが、ようやくワイン好きの友人たちとディナーに行ってきました。
d0013068_18123628.jpg
あの日は、ワインを持ち込ませていただき~料理とのマリアージュを楽しみました。。。。
友人が持ってきてくれたシャンパンは、アンリオ キュベ・アンシャンテルール1995。

d0013068_18223365.jpg
20年近く長熟したシャンパン・・・・・・・めったにお目にかかることができない貴重な体験をしました。
輝くようなゴールドのお色に、上品な泡・・・・・長い年月とともに、複雑味が重なり、成熟した奥深い味わい。。。
久々に感動しました(^^)

d0013068_18305990.jpg
ディナーは2つのコースがあり、今回はせっかく来たので、ちょいお高めのコースを注文。
前菜の一皿目は、白子のフラン、白子のムニエル添え。
白子大好き! トロトロの優しい食感に癒されます。

d0013068_18352018.jpg
冷製フォアグラのブルターニュ
そば粉で巻いたフォアグラ料理・・・・・・・軽やかで、泡と相性が良いです。

d0013068_1839155.jpg
明石直送ツバス、生姜のピューレ
ツバスって、ブリの幼魚だそうです・・・・・・・脂がのっていて美味しい。
これだけ鮮度が良いと、お刺身でいただきたい (笑)

d0013068_1843211.jpg
明石直送カワハギ、肝ソース
フレンチでは珍しい食材・・・・・私は何も感じなかったのですが、友人には評判が悪かったようです。

d0013068_185052.jpg
あの夜、私が持ち込んだ赤は、パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー 2007年
1時間前から抜栓してもらっていたのですが、なかなか開かないのでハラハラしておりました。
最終的には、優雅で芳醇な味わいにヒト安心・・・・・・期待通りエレガントなワインでした!
ソムリエさんの話では、あと5年から10年近く置いても大丈夫らしい ^^; 
d0013068_1847977.jpg
北海道産あんこうのポワレ
火の入れ具合が絶妙。。。。

d0013068_19124181.jpg
エゾシカのロティ・ポワブラードソース
かなりレアな焼き加減・・・・・・こちらのスペシャリテらしい。。。
女子ばかりだと、お喋りが先行してしまい、ソースが冷めてしまって残念。
マルゴーとの相性は良かったので満足。

d0013068_19165459.jpg
デザートはイチゴのミルフィーユ。自家製ジェラードも美味しい。

少しずついろんな料理が味わえ、モダンで軽やかなコースだったので、胃に負担がかかりません。
いろいろと食材へのこだわりもあるらしく、レベルの高い料理の数々・・・・女性には楽しめるフレンチ ~♪
平日の夜だったのですが、私たちを入れて3組しかお客さんが入っていなかったので、ちょっと心配。
あと・・・・レベルの高い料理と比較すると、サービスが少しぎこちない感じだったのが気になりました。。。。

私的には、美味しいワインと料理、そして楽しいお喋りと大満足の夜でした(^^)

d0013068_16282149.gif

by cherry2005 | 2014-01-11 19:30 | フレンチ | Trackback | Comments(10)

パエリアでおもてなし ♪

7月はじめに、3人のお客様が見えたので・・・・・パエリアを作ってみました。。。
今まで何度か作ってみたのですが、鍋の場所によっては火の通り方が違ったり、思うように、お焦げがつかなかったりと、なかなか納得がいかなくって不安だったのですが・・・・・・^^; 
d0013068_11415967.jpg
こちらのレシピを参考に、3度目の正直でなんとか成功したようです (^^) 
嬉しさのあまり、レモン乗せ過ぎですネ (汗)

d0013068_11471187.jpg
黒オリーブとオレンジを入れて、スペイン風サラダ
今日のテーマーはスペインと言ったものの・・・・・・スープはヴィシソワースを作っていました。
今考えれば、ガスパッチョにしておけばよかった。。。。

d0013068_11544528.jpg
あの日は、キンキンに冷えたブルゴーニュのシャルドネ。

d0013068_10345795.jpg
赤は、スペインのMATSU・・・・・鴨料理といただきました。
オットが気に入って何本か購入していたものですが、口当たりがまろやかで美味しいです!
ちなみに、エチケットのおじいさんは・・・・・・・100年以上もの貴重なぶどう古樹のある畑を、大切に守ってきた農夫の方で、敬意を表しているのだとか。。。。

d0013068_11585940.jpg
ちょうどこの時期は佐藤錦が美味しい季節・・・・・・みんなの手が止まらない!


d0013068_1251181.gif

by cherry2005 | 2013-08-04 12:06 | ワイン会・お家ごはん | Trackback(1) | Comments(8)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧