「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ミシュラン ( 43 ) タグの人気記事

銀座 アルジェント ASO oishii

今日も白いものが散らついており~寒い1日ですemoticon-0124-worried.gif

代官山にあるリストランテASOは、確か7、8年前に結婚記念日に利用したことがあります。
あれから、ASOの店舗も都内にだいぶ増えました。
代官山のASOがお気に入りの友人と、銀座のアルジェント ASOにランチ行ってきました。
でもでも・・・・・・・このお店を利用したのが、去年の夏なのです   (汗)
d0013068_11381167.jpg

なぜか?後回しになってしまい、記事アップが~こんな寒い季節になってしまいました。
このままお蔵入りするのももったいないほど~素敵なイタリアンのお店なのです。
d0013068_1155291.jpg

グリッシーニをはじめとして・・・・・・ハーブ系のパンから、いろんな種類のパンがテーブルに置かれました。全部食べてみたいけど、無理  (悲)
バターも3種類あって、オリーブ風味、燻製風味、生クリームが入ったものと~凝っていました。
d0013068_122914.jpg

前菜の前にトウモロコシのサラダとスープ
グラスの上に、香ばしい焼きトウモロコシが乗っており、食べ終わったあとグラスを上に向けるように勧められます。
新鮮な甘味が楽しめる生のトウモロコシと、濃厚なスープが注がれました。
一皿で、何度もトウモロコシの旨味を丸ごと味わえる料理 (^^)
d0013068_12103787.jpg

前菜は牛肉のゼリーにピスタチオのクリームソースとジャガイモのスライス
d0013068_12195660.jpg

パスタは、アサリの出汁が美味しいクリームソースの手打ちフェットチーネ
ベーコンやツブ貝が入っていて、これだけで美味しいパスタなのですが・・・・・・・ほうれん草のピューレを入れたりブロッコリーやスナップエンドウの入ったソースを入れたりして、いろんなお味が楽しめるのです。

テーブルの上には、さりげなくスワロスキーのオブジェが飾られていました。
d0013068_12252398.jpg

メイン料理は牛ロースのグリル
見た目は地味ですが、中にはフォアグラやチーズ、野菜が詰められており、奥深い料理でした。
d0013068_12293121.jpg

メイン料理と一緒にサーブされたのはカポナータ
器の下には、レモン水とドライアイスが置かれて・・・・・料理を冷やしております。。。。
お上品な味付けでした。
d0013068_12335674.jpg


お口直しはパイナップルのムース



d0013068_12355749.jpg

デザートは5種類くらいから選べます~♪
友人はティラミス、私はかなり満腹状態だったので・・・・・・一番あっさりしてそうな季節のジェラード。
手前から、洋ナシ、ライチ、バナナとパッションフルーツ・・・・・・・・・なんとなんと!氷の塊の上に出てきてビックリでした。    ちょっと食べずらかったですが、インパクトあり (笑)
d0013068_12425145.jpg

プティフールは、色鮮やかな花が生けられた花瓶に、可愛いお菓子たちが飾れており~遊び心いっぱいです~♪

最初から最後まで、一筋縄ではいかない~レベルの高い美味しい料理の数々・・・・・・・
お味はもちろんのことですが、こちらは盛り付けから食べるプロセスまで素晴らしい演出がされていて、五感をフルに使いながら、美食のエンターティーメントを楽しんできました (^^)

ミシュランガイド東京 2010 では2つ☆とっています。
by cherry2005 | 2010-02-13 12:51 | イタリアン | Comments(16)

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼでディナー

大人気で超満員のTHE ハプスブルク展と思い、人ごみをさけようと夕方くらいから出かけたのですが・・・・・・やはり混んでました。
美術展鑑賞後は、国立新美術館内にある天空のミュージアムレストランブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼでディナーを楽しんできました~♪
d0013068_12144252.jpg

フランスのリヨンにあるポール・ボキューズと言えば、1965年に得たミシュラン3ツ星を44年も維持している、超有名なお店。
何を食べようか~迷いましたが、せっかくなのでスぺシャリテを味わえるトラディションメニューを注文してみました。
d0013068_12325937.jpg

スパークリングを1杯いただきながら、アミューズは鶏肉のリエット
d0013068_12413146.jpg

こちらが有名な、トリュフのスープ
1975年に料理人として初めて、ポール・ポキューズ氏が、「レジオン・ドヌール」勲章を受賞した時、エリゼ宮にて時の大統領ヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領に捧げた伝説のスープ。
パイ生地は、しっかり器に張り付いているものと思っていたら、ふたのように上から被せたものでした。トリュフの香りを閉じ込めたままテーブルまで運ぶため、思い浮かんだアイデアだそうです。
d0013068_1254219.jpg

サイコロ状にカットした牛ホホ肉や野菜、フォアグラや黒トリュフが入っています。。。。。
極上のコンソメをベースに、素材の旨みが凝縮された格調高いお味 (^^)
きっと~フルポーションのものは、贅沢なフォアグラや黒トリュフがいっぱいなんだろうなぁ~
d0013068_1363619.jpg

あの夜いただいたワインはドゥ・ラドゥセット プイィ・フュメ”ドゥ・ラドセット 2005
仏のソーヴィニョン・ブラン100%の辛口・・・・・・・・・飲んだ後に、洋ナシのようなフルーティーな香りが広がり、エレガントな美味しいワインでした。
d0013068_13223518.jpg

メインは、肉か魚料理を選ぶことができます・・・・・・私が選んだのはリヨン風スズキの軽いクネルと手長海老のポワレ アメリケーヌソース。
d0013068_13341288.jpg

一見大きなソーセージみたいですが、スズキをムース状にして固めたもの。
濃厚でパンチの効いたアメリケーヌソースは、私的には~もう少しオマールの旨みが濃いものが好きかも。
d0013068_13441329.jpg

オットがメインで選んだ料理は、多くのポール・ボキューズの店舗でスペシャリテとしてメニューに載っている鶏胸肉のポッシェ モリーユ茸のクリームソース
淡白な鶏胸肉は、驚くほどの柔らかさでしっとりとした食感・・・・・・・ポッシェとは、沸騰させず90度~95度の温度を保ちながら素材にじっくり火を通す調理方法だそうです。
濃厚でクリーミーなバターソースと共に、独特の香りや酸味のあるモリーユ茸が良いアクセントになっていました。
d0013068_14275092.jpg

デザートと共に、久しぶりにポートワインを一杯・・・・・・・・・・
ちょっと気になったのが、テーブル間が狭い・・・・・・詰め込み過ぎといった感じがします。
幸いあの夜は、満席状態ではなかったのですが、テーブルも小さいし、素晴らしい料理とワインを楽しむには窮屈感があって残念。
d0013068_14144853.jpg

デザートは赤いフルーツと軽いバシュラン ヴァニラのアイスクリーム添え
甘酸っぱいベリーやイチゴとバニラの組み合わせが絶妙で美味しい。
by cherry2005 | 2009-11-28 14:40 | フレンチ | Comments(18)

香港 鏞記酒家(ヨンキーレストラン)

ギラギラとエネルギッシューに輝いている看板を見ながら、今晩は何を食べよう??
あれも食べたい、これも食べたいと~あまりにも美味しいものがあり過ぎて、ついつい迷ってしまいます(笑)
d0013068_13301280.jpg

限られた滞在日数の中で、朝食はホテルで食べるので、残るはお昼と夜だけ。。。。。。
香港にいる間、何回食事ができるかと、ついつい指折り数えてしまいます。
d0013068_13341017.jpg

こちらは、ランチで利用した鏞記酒家
滞在していたホテルから歩いて5分ぐらいのところにあり、ガチョウのローストが有名なレストランです。店内は、ギラギラのゴージャス系。。。。
ミシュランガイドで一つ星を獲得しているみたいです。
d0013068_1354032.jpg

最初に、評判のピータンの甘酢ショウガ添えが出てきました。
こちらのピータンは、臭みもなくまろやかで、黄身の部分がとろりと~まったりした食感が絶品です。
もう1個食べたいくらいです。。。
d0013068_14494915.jpg

見事な飴色に焼き上げられた~ガチョウのロースト
炭火で焼き上げているらしく、皮はパリパリ、肉は柔らかくって弾力があり、旨味がしっかり詰まっていて美味しい~♪
d0013068_14592619.jpg

蟹肉入りフカヒレスープ
黒酢を入れると、お味が引き締まります。。。。
d0013068_1513160.jpg

アワビのスライスオイスター煮
d0013068_15153193.jpg

蟹みそのせエビの湯葉巻き揚げ
沢ガニのみそをエビにのせて湯葉で巻いて揚げたもの。
こちらのお店、最近は香港美食之最大賞(香港料理大賞)などにも積極的に参加しているためか、現代的な創作料理も食べられるのかも。
d0013068_158581.jpg

ホタテと旬の野菜炒め
d0013068_1591235.jpg

広東風五目チャーハン

d0013068_15112060.jpg

マンゴープリン

d0013068_15132729.jpg




エッグタルト

私たちが案内されたテーブルは、確か3Fのフロアーだったと思いますが、地元のお客さんでいっぱいでした。
昼から夜まで客が途切れることなく、常に満席といった感じで、予約したほうがよいと思います。

他の広東料理は普通のお味でしたが、評判のピータンと名物のガチョウのローストは、また香港に行ったら食べたくなる、忘れられないお味 (^^)

ガチョウのローストは、ジェット機に乗ってまで食べに来たくなるという逸話を持ち、付いた あだ名が「フラインググース」なのだとか。。。。
by cherry2005 | 2009-09-26 15:40 | 2009年香港・マカオ | Comments(24)

南青山 ランベリーで美味しいランチ

毎日蒸し暑い日が続いておりますネ。。。 ^^;
バタバタと忙しく、少しブログからご無沙汰していました!
どんどんアップしたい記事がたまっちゃって、サクサクといきたいころですが追いつきません。 

こちらのランベリーも、随分前に行ったものです。
d0013068_954404.jpg

私たち夫婦にとっては、ちょっと思い出深いレストランです。。。。。
確か7年くらい前、オットの大阪への転勤が決まり、東京での最後のディナーを楽しんだのが銀座のオストラル
数年後~風の便りでオストラルが閉店したと聞き、東京に戻ったら行こうと思っていたので、淋しい気持ちでいました。
その後、オストラルでシェフをしていた岸本さんが、南青山でランベリーをオープンさせたと聞いていたので、いつか行きたいと思っていたフレンチのお店。
d0013068_1084426.jpg

有名な農園野菜のテリーヌ(ハーフポーション)
オストラルで食べそこなった、憧れの料理・・・・・・・コース外で、アラカルトで注文しました。
17種類の季節の野菜をモザイク仕立てにした、岸本シェフのスペシャリテ。
繊細で美しいアートのような一皿です。
d0013068_10203781.jpg

群馬県金子農園のカブのムース、ウニとオマール海老のジュレ
カブとウニの優しい甘味が絶妙に組み合わせられ、幸せな気持ちになる料理。
d0013068_10262177.jpg

前菜はカリカリのジャガイモで包んだ赤座海老
こちらの料理も、岸本シェフの有名なスペシャリテです。

d0013068_1331765.jpg
あの日飲んだワインは~ブルゴーニュの白で
オリヴィエ・メルラン マコン・ラロシュ・ヴィヌーズ・ブラン 2005

光沢感のある黄金色で、柑橘系の香りとともに上品で美味しいシャルドネでした。


d0013068_1032683.jpg

魚料理はアマダイのグリエ
d0013068_10294342.jpg

肉料理は」シャモのロースト
モモ肉のローストの真ん中には、胸肉をパテ状にしたものがあったりと、いろんなお味が楽しめる料理。
ソースも軽やかで私好み (^^)
d0013068_1412335.jpg

デザートも美しかったです。。。。。。
上にはハイビスカスのソルベがのっていて、食べるのがもったいない感じ。

d0013068_14122415.jpg
お口直しに出てきた~赤カブのビネガードリンク

d0013068_14131417.jpg




岸本シェフが挨拶に来た時いただいた、お土産のクッキー。


こちらは、サービスも料理も決して期待を裏切らない調和のとれた~素晴らしいお店。
また~何かの節目に訪れたくなるような~東京を代表するフレンチの一つだと思います。

ミシュランでは☆とっています。
by cherry2005 | 2009-07-30 10:34 | フレンチ | Comments(20)

お取り寄せスイーツの 天現寺カフェ

ミシュラン3☆で有名な白金台にあるカンテサンスで極上のランチを堪能したあと、お茶を楽しんだ広尾の天現寺カフェ emoticon-0162-coffee.gif

あの日のメインは、本当はカンテサンスなのですが・・・・・・残念ながら現在、店内での撮影が禁止になっています。
食材や料理の技法、味付けなど、徹底的に突き詰められた素晴らしい~モダンな料理の数々を、画像として残せなかったのは残念。。。。。
店内では、TVで見たことのある著名人から・・・・・ドレスアップした女性グループと、他店より、さすがに華やいだ雰囲気でしたネ。。。。

d0013068_130367.jpg

こちらは、天現寺カフェの店内です。。。。
随分前に、ライブドアで一躍有名になった乙部綾子さんがオーナーのお店。
あの日も乙部さん・・・・・打ち合わせのようで、こちらの席に座っていましたネ。
d0013068_13145279.jpg

栗のテリーヌ・天
こちらは、京都の栗おたくで有名な 足立音衛門のスィーツです。
丹波産から伊カスターニュ産の栗に、仏ノルマンディー産の発酵バターや上質の和三盆を使った、こだわりのテリーヌ。
栗がたっぷりと入っていて、洋酒と発酵バターの風味が美味しい、極上の逸品 (^^)
栗好きの私としては、感激の美味しさでした。。。。。
d0013068_13335417.jpg

ティーカップもラブリーです。
d0013068_1337775.jpg

ショーケース内には、日本全国から集めた、とっておきのお取り寄せスィーツが販売されています。

店内でいただいた栗のテリーヌ・天は、テイクアウトすると・・・・・・・実は1本10、000円なのです (汗)
どんなに美味しくっても~さすがに手が出ません。。。。。。。
by cherry2005 | 2009-06-27 13:54 | カフェ | Comments(18)

南青山 リストランテ濱崎

この時期は新年度の始まりという事もあり、何かと夜も週末も忙しく~ブログのアップも
ご無沙汰していました。。。。。。。。^^;

随分前に友人とランチした南青山のリストランテ濱崎
こちらのお店、都内のレストランの中では予約の取りづらいことで有名。
一ヶ月前の午前11時から予約の受け付けを開始するため~まさに一発勝負なのです。
さらにランチは、月~水曜日のみなのですが、頑張って友人が予約を取ってくれました。
 (感謝です)
d0013068_11103927.jpg

表参道の隠れ家的な雰囲気の一軒家・・・・・・店内は28席に個室とこじんまりとしていますが、優雅な雰囲気で女性が好みそうなスタイリッシュな店内。
ビックリしたのが、料理が出てくる前に濱崎シェフが各テーブルに挨拶に来られたこと!
d0013068_1126326.jpg

前菜は新潟産の平目クルードラ・フランスのマリネ添え
淡白で上品な白身の魚と、甘味のあるフルーツとの相性が抜群でした。
d0013068_22193262.jpg

パスタ料理はズワイガニのバヴェッティーネあさつき風味
ちょっと私には・・・・・・・・薄味過ぎて??って感じ(残念ながら)
d0013068_22214638.jpg

メイン料理はウズラのグリル、ハチミツとバルサミコ風味、人参のスフレ添え
接客スタッフに「本日は良いウズラが入っております・・・・」と勧められ、こちらのお店のスペシャリテらしい。
炭火で焼き上げているため、ハチミツの甘味とバルサミコのほんのり酸味の風味がとても香ばしく~かなり甘めの味付け。
味も見た目もインパクトありの、印象深い料理でした。。。。。
「シェフは鹿児島出身なので~ちょっと甘めの味付けかもしれません」と接客スタッフからの説明あり。
d0013068_22362435.jpg

デザートはプリンとアマレットのジェラード・ラズベリーやブルーベリーのジュレ寄せ
こちらの定番のデザートという事で、美味しかったです。

d0013068_22405468.jpg


プティ・フール



d0013068_22412269.jpg


カップチーノ

デサートが食べ終わった頃に、またまた濱崎シェフが登場し、ご挨拶がありました。。。。
サービススタッフも充実していて、とても居心地の良いリストランテ~♪
あの日は、常連客らしい50代、60代のマダムたちが目立ちました。

なんとご丁寧に~帰る時も、濱崎シェフと他のスタッフの送り出しの挨拶があり、この日は3度目です。
たまたま好みの料理と違うものと遭遇しても・・・・・・・こうゆう真摯なシェフの態度が、根強い人気レストランの地位を揺るぎないものにしているのかもしれません。
濱崎シェフのファンも~かなり多いんだろうなぁ~と推測します (^^)

※ ミシュランでは一つ☆とっています。
by cherry2005 | 2009-04-11 11:28 | イタリアン | Comments(24)

大森 まき村でランチ

d0013068_2263576.jpg去年のことですが、友人とランチを楽しんだ日本料理 まき村
随分前にロレンスさんがブログで紹介していて、東京にも良い日本料理のお店があるなぁ~と、不思議と印象に残っていました。。。。。
その頃は大阪にいたので、現実にこちらのお店に行けるとは夢にも思っていませんでしたが・・・・・・・まき村に行くために、今回初めて大森の地に降り立ちました。

d0013068_22272879.jpg

柿の胡麻クリーム和え




d0013068_22291964.jpg



ムカゴ、銀杏、百合根の揚げ物
百合根の衣は、おせんべいを細かく砕いたものを使っていて、ユニークでした。


d0013068_22331160.jpg


渡り蟹の酢のもの






d0013068_22351079.jpg

松茸の土瓶蒸し
去年は、この時が最初で最後の松茸・・・・・・・・ハモも入っていて国産松茸の高貴な香りを
堪能してきました。
d0013068_224153.jpg

お刺身
マコガレイ、津軽の本マグロ、イカ、甘エビと、上質な素材ばかり。
本マグロは上品な脂質の美味しさだし、白身のイカやマコガレイは塩で頂き、繊細な風味が味わえました。
d0013068_22521959.jpg

甘鯛の若狭焼き
d0013068_2254381.jpg

海老芋、カボチャ、湯葉のほうれん草の炊き合わせ
薄味の繊細なお出汁が、とても味わい深かい料理。
d0013068_22594127.jpg

人気の鯛茶漬け
それぞれの時期により、鯛の産地は変えているそうで、この日は三浦半島産のものだとか~
最初に胡麻ダレで鯛を楽しみ、最後は香り深い昆布と鰹の出汁をかけて鯛茶漬けを楽しみました。
割とお腹がいっぱいになっていたのですが、美味しくってサラサラと完食できました。

d0013068_23191642.jpg

巨峰、洋ナシ、みかん
洋ナシのゼリーが上にのっていました。

d0013068_23234893.jpg




牛乳豆腐
フワフワ、モチモチの食感が印象的な牛乳豆腐は、葛粉で作ったもので・・・・・・友人も私もお気に入りのデザート。
きな粉がまぶしてあり、栗や小豆が添えられていました。

こちらのご主人は、誠実で腰の低い方、接客を担当している奥さんも・・・・・適度な距離感を保ちながら、しっかりツボを押さえた感じの良いサービス。。。。。。。
華やかさやサプライズはありませんが、一つ一つ丁寧に作られ、安心して利用できる日本料理屋さんという感じ。
都内の日本料理屋さんは高いお店が多いなかで、不満が残るお店も多いのですが、こちらはしっかり料理の内容が充実しているので、満足度が高かったです (^^)  


※ ミシュラン一つ星とっています。
by cherry2005 | 2009-02-14 23:41 | 和食 | Comments(24)

西麻布  オーベルジュ・ド・リル・トウキョウで優雅なランチ

お友達に誘われて、今年3月に閉店したザ・ジョージアンクラブの跡地にオープンしたオーベルジュ・ド・リル・トウキョウに行ってきました(5/1日オープン)
フランスのアルザス地方でミシュラン三ッ星を40年以上獲得している「オーベルジュ・ド・リル」の東京店で、ひらまつグループがプロデュースしているフレンチのお店。
(既に1号店は名古屋に出店しているみたい)
d0013068_11343293.jpg

六本木通りから一本入ったところにある英国ジョージアン王朝形式でまとめられた、誰もが目を奪われてしまう素晴らしい~白亜の洋館です。
メニューの表紙は、アルザスの美しい景色を・・・・・平松氏自らデッサンしたものだとか。
そう言えば、トシヨロイヅカと川島なお美が婚約を交わしたのもこのアルザスの「オーベルジュ・ド・リル」だそうですが、どうでもよいけどまだあの二人結婚してませんよネ?
d0013068_11423293.jpg

メインダイニングは、一階と地下1階の2層吹き抜けの空間で・・・・・・
高い天井、左右に分かれた螺旋階段、豪華なシャンデリア、真っ白な壁には素晴らしい絵画の数々が飾られ~華麗なる空間でした。
私の頭の中のBGMは~完全にウィンナーワルツが流れています♪♪ 
d0013068_11505037.jpg

アミューズはチーズ風味のグジュール、まんなかのグラスの中には、お洒落な豚の脂身のキューブ仕立てが入っていました。

↑ パンはそば粉が入ったものでエシレの無塩バターと海塩バターの2種類で・・・・こちらのパンは海塩バターと好相性で美味しい。
d0013068_12133887.jpg

2品めのアミューズは、パルメザンチーズのフランローズマリーの香り
パルメザンチーズのムースに生ハムが味のポイントになっていて、クリーミィで優しいチーズの風味が堪能できました。
d0013068_12245931.jpg

前菜はラングスティーヌとイカのクロックムッシュ、アヴォガドディップ添え
d0013068_12281089.jpg

メインは孔牛フィレ肉のポワレと茸の焼きリゾットソースブランケット
お肉か魚料理がチョイスできます。
素晴らしい焼き加減のお肉の上には、フォフグラが乗っており・・・・・絶妙な相性の良さ。
あっさりとした軽やかなソースは、主役のお肉の旨味を際立たせた~計算づくされた美味しい一皿。
d0013068_12453048.jpg


お口直しは、パイナップルのアイスと
ココナッツミルクのムース








d0013068_1252418.jpg

デザートは秋の果実のシュトゥルーデル・ヨーグルトとりんごのソルベ
バイ生地の中には、リンゴやいろんな木の実が入っていて、ヨーグルト風味のソルベと相性の良い素朴さを感じるスィーツ。
仏のアルザスと言えば、スイスやドイツに接する地域なので・・・・・・パリの洗練されたデザートと言うよりは、ドイツ文化圏の影響が強いのでしょうネ。

d0013068_13101684.jpg


コーヒー

d0013068_13113251.jpg




プティ・フール


華麗なるランチの終宴です。。。。。
現地の本店のレシピを忠実に再現しているそうですが、このゴージャスで優美な雰囲気と、アルザスの軽やかで優しいお味のフレンチはちょっとミスマッチな感じもしますが?
個人的には軽やかで繊細さの感じるフレンチは好みなので、とても楽しめました。。。。。
ちょっと残念だったのは~似たような料理やお味が重なったこと。

非日常的空間に包まれて、誰もが王子様とお姫様気分で、記念日やデートにと華やいだ気分を演出したいときには~最高のお店だと思います(^^)
by cherry2005 | 2008-12-12 13:43 | フレンチ | Comments(28)

六本木 菱沼で和食ランチ

d0013068_2051539.jpg
今年も2009年度f版のミシュラン星付きのお店が発表されましたが、昨年と比較すると~2度目ということもあり、盛り上がりに欠けるような気がしますネ。

こちらのお店は、昨年に続き2つ☆を獲得。。。。。
9月末にランチで訪問したのですが、さぞや満席かと思ったら・・・・・・その日は、私たちも入れて2組みに、予約なしで入ってきたお客さんが一人という寂しい雰囲気でした。
こちらのご主人は、時々TVの料理番組なんかにも出演していた有名な人で、舘ひろし→元NHKキャスターの宮川俊二→菱沼のご主人とそっくりさんの構図ができそうな~シブ系のお顔。



d0013068_2155744.jpg

貝の煮物
中から身を取りだすのが結構大変だったけど、よく味がしみていて美味しい。
d0013068_21172242.jpg

ゴマ豆腐
とってもあっさり系でした・・・・・・・
d0013068_2118549.jpg

冬瓜のお吸い物
柚子の香りがほんのりする~あっさりとしたお味で、冬瓜と黄色い食用菊が入っていて、季節感のあるお吸い物。
d0013068_21282576.jpg

マグロのお刺身
マグロだけだっので、できれば白身の魚か海老など・・・もう一種類くらい欲しかったかも~
d0013068_21243529.jpg

海老しんじょう
蒸したものだと思いますが、フワっとした柔らかい食感で・・・あっさりしているけど美味しい。
d0013068_21324811.jpg

さわらの西京焼き
大きな食べ応えのある切り身なのですが、焼き過ぎなのか、私が家でよく焼くような~ぱさつきが気になりました。
d0013068_21364012.jpg

まださわらの西京焼きを食べているのに、早々にご飯とみそ汁が出てきました。。。。。
酒豪の友人は、ビールをもう一杯お代わりしていたのに・・・・・彼女が料理を食べようが食べまいが、おかまいなしにどんどん出てくる状態。
まるで旅館の朝ご飯のように~テーブルにはたくさんの御馳走が並んでいます(苦笑)
どうやら~このお店は、お客さんの食べるペースに合わせるのではなく、ご主人の菱沼さんが作る早さに合わせて、料理が出てくる感じ。

d0013068_21461487.jpg
デザートはピオーネと山ぶどう
珍しい山ぶどうは、なかなか酸味のあるお味で、完食は残念ながら無理でした。

全体的にシンプルであっさりとしたお料理が多く・・・・・・正直、2つ星に期待していったけど、サービスも含めて不満や物足りなさか残る印象。

今では当たり前ですが、店内には100種類以上のワインが揃えられ、、当時は日本料理とワインの組み合わせの先駆けとなった有名なお店です。
そうゆうところで、ミシュランの評価が高かったのでしょうか?? 不思議・・・・・・
by cherry2005 | 2008-12-01 22:05 | 和食 | Comments(26)

「霞町 すゑとみ」 至福のランチ

d0013068_10574699.jpg有名な分とく山で10年修業され、2005年に独立されたご主人末富氏のお店。カウンター10席に個室1つという~とてもこじんまりとした日本料理屋さんです。
こちらも去年、ミシュランでは1つ☆とっていました。

友人とは、その日直接お店で待ち合わせしていたのですが、彼女が10分ぐらい遅刻・・・・・・・・
私がカウンターで一人、手持ち無沙汰気味にしていたら、若女将さんがさり気なく婦人雑誌を手渡してくださいました。
こうゆうさり気ない気遣いが嬉しいですネ。。。。(^^)
霞町って・・・・・・・今お店がある西麻布周辺を、昔霞町と呼んでいたそうです。


d0013068_22224546.jpg

ホタテのすり流し
なめらかな食感の美味しいホタテのすり流しの上には、ウニやイクラが添えられ、華やかで
リッチ感のある美味しい料理に仕上がっていました。
d0013068_22291744.jpg

もち米の生姜風味
d0013068_22313531.jpg

八寸は、手前から新秋刀魚の焼き物にトウモロコシのかき揚げ・・・・・・・左側奥には、蟹の蒸し物イクラ添え、イチジクの白味噌、可愛いホオズキの中には、小芋の炊いたものが隠れていました。
一つ一つ丁寧に工夫された美味しい料理ばかりでしたが、特にトウモロコシのかき揚げはみずみずしくって濃厚な甘さが印象的。
d0013068_22463068.jpg

スズキのお吸い物
d0013068_22435442.jpg

穴子のおとし
d0013068_22495433.jpg

茄子の素揚げ    料理も美味しいけど~器が素敵。。。。。
d0013068_2251422.jpg

太刀魚の焼き物
外側はパリっ、中はふっくらと焼き上げられ、改めて太刀魚ってこんなに美味しいんだぁ~と実感・・・・・・・焼き方の技術が素晴らしいと思います。

d0013068_23291065.jpg
穴子ご飯


d0013068_23305518.jpg





黒蜜のレンコン餅
すだちが効いていて、甘さおさえめの爽やかな風味が美味しいデザート。

全体的に華やかさやサプライズのような料理はありませんが、一つ一つ丁寧に季節感を取り入れた料理の数々。
ご主人の真面目なお人柄が伝わってくるような誠実さを感じます。
お高い東京の日本料理屋さんの中では、相当努力されているようで、コストパフォーマンスも良い感じでした。
帰り際、30代前後の白い割烹着を着た若女将さんが・・・・・・お見送りでエレベーターが閉じるまで頭を下げていたのが印象的。。。。。
地味だけど、安心して利用できる良いお店だなぁ~と思いました(^^)

実は、こちらを訪問したのは8月末のことです(季節外れですんません 汗)
他の方のブログを見たら、先月から店内での写真撮影が不可になったようです。


霞町 すゑとみ
東京都港区西麻布4-2-13 八幡ビル3F
TEL 03-3567-4128
営業時間:12:00~13:00L.O./18:00~21:00L.O.
定休日:月曜日
ランチ  5250円と10500円
ディナー 15000円

by cherry2005 | 2008-10-30 11:27 | 和食 | Comments(34)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧