<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

海に浮かぶ神秘の島 モンサンミッシエル

フランス旅行記の続きです。。。。。。
この日は、3泊ほど滞在していたリヨンを出発し、いよいよモンサンミッシェルへ ~♪
d0013068_1232512.jpg
リヨンのパール・デュー駅からTGV(高速列車)に乗り、約4時間でレンヌの街へ。。。。
主要な駅にはPAUL のお店があり、サンドイッチや飲み物を調達。日本で言うと、神戸屋のような存在か?
フランスが誇るTGVですが、やっぱり日本の新幹線の方が揺れは少ない気がします。
レンヌからは、モンサンミッシエル行のバスに乗り、約1時間ちょっとで予定通り到着。

d0013068_12153121.jpg
夕方5時ごろに到着し、予約していたホテルにチェックイン。
夜8時頃、無料のシャトルバスで、モンサンミッシエル島内へ~バスは何と午前1時まで動いています。
神秘的な夜の景色が見たくって、この時間をねらったのですが・・・・・・なかなか日が沈まないのです^^;

d0013068_1233717.jpg
これで夜9時30分過ぎでしょうか?
実はこの日・・・・・オットが朝からお腹の調子が悪く、最悪の体調だったのですが、私がムリムリ誘い出して島内へ。
本当は、もっと暗くなるまで景色を眺めていたかったのですが、オットが「早く帰りたい」オーラ全開だったので、この辺で諦めて帰りました。。。。
昼間とは違う、幻想的な島の景色が見られて満足 (^^)

d0013068_12491270.jpg
翌日の朝~9時過ぎのモンサンミッシエル島!見事に快晴です。
フランスでも一番人気のある観光地だけあり、朝のシャトルバスは日本人ツアーの方々で、かなり混みあっていました (汗)
1979年世界遺産に登録されています。

d0013068_12572555.jpg
修道院へ向かうメインストリートは、レストランやお土産屋さんが軒を連ねています。
お店から~こんな可愛い天使が出てきたりして~♪ 

d0013068_1361411.jpg今回、名物のオムレツは食べなかったけど
有名な塩キャラメルソフトは食べてきました!

味が濃厚で美味しい  (^^)  

d0013068_130832.jpg
修道院へ近づくほどに、通りは狭くなりますが・・・・・・・・朝は、人が少なくって気持ち良いです。
日昼は、日帰り観光客でお祭り状態らしいのです。。。。
いろいろ迷いましたが、モンサンミッシエルに一泊して正解043.gif

d0013068_13125978.jpg
いよいよ修道院の中へ。
こちらは中庭に面した回廊・・・・・・繊細な列柱の連なりと中庭が美しい。
修道士の祈りと瞑想の場なのだとか。

d0013068_13204665.jpg
西のテラスから見たサン・マロ湾の眺め。
ヨーロッパでも潮の干満の差が最も激しい場所で、日向があっという間に海に飲み込まれていくため、昔は多くの巡礼者が命を落としたらしい。。。。
また、この潮の満ち潮から、この地域の自然の恵みもいっぱいで、美味しい牡蠣やゲランドの塩、プレ・サレのラム肉などが生まれました。

d0013068_13335234.jpg
百年戦争の時代は、島全体が英仏海峡に浮かぶ要塞の役目をしており、今でも大砲が残っておりました。。。
修道院の他に、監獄だった時代もあり、まさに時代に翻弄された歴史を抱えている聖地。

d0013068_13381574.jpg
騎士の間
修道士の執務室として使われていたらしく、何本もの柱が上階の回廊を支えています。

場所的にも行きづらいところにあるため~今回、移動に一日費やしてしまい、もったいないような気がしましたが、やっぱり行ってよかったです。。。。
憧れのモンサンミッシェルへ072.gif

d0013068_135237.gif

by cherry2005 | 2014-08-30 13:52 | 2014年フランス | Trackback | Comments(10)

赤坂 菊乃井で夏の旬を楽しむ ♪

フランスから帰国したので、日本料理を食べたくなったわけではなく・・・・・・・・
旅行に行く前から、友人と夏の料理をいただきにに菊乃井に行きたいと話しておりました。
d0013068_18385118.jpg

d0013068_18294424.jpg
8月初旬・・・・・・・ランチで伺いました。
始めに、大葉の香りがする日本酒を1杯ふるまわれました。
そのあとは、生ビールを1杯・・・・・・・・・酵母が生きたままのビールで、クリーミィーで上品な旨味が和食と合います。

d0013068_1840761.jpg
いちじくの西京煮
いちじくが柔らかく炊き上げられ、焼きナスのような食感・・・・・・西京味噌が優しいマイルドなソースで、辛子の風味が味をひきしめています。
なんだか~まったりとしていて、癒されるお味です。。。

d0013068_1844129.jpg
八寸はほおずき盛五種
夏の風情を感じる盛り付け・・・・・・・ほおずきの中には、水玉胡瓜 糸瓜酢漬、京ささげ豆黒胡麻和え、寄せ
鱧の子 柚子、鶉卵煮凝り 酒煎り銀杏、山桃葛饅頭。

d0013068_1852043.jpg
明石天然鯛 と太刀魚、 水茄子
緑が爽やかな~大きなハスの葉をお皿にして、ハスの花びらも上に乗っていて~素敵な演出。
明石の鯛は適度に脂がのっており、身がしまっていて美味しいです。
ここからは、冷酒をいただきました。

d0013068_18573743.jpg
鱧落とし
淡泊なふっくらとした落としの旨味は最高・・・・・・今年もいただけて幸せです。
他店とは違う、繊細な仕事をしているなぁ~って感じ。

d0013068_1983095.jpg
賀茂茄子の揚げだし 車海老のつみれ 唐辛子
器の上にのっているのは、本物のナスのヘタなのです・・・・・・遊び心の感じる料理。

d0013068_1910425.jpg
鮎の塩焼きが登場です。

d0013068_19121699.jpg
琵琶湖の小鮎だそうです・・・・・・・小鮎は、身がふっくらしていて、頭からしっぽまで全部いただけます。。。
小鮎のほうが、旨味が凝縮しているし、内臓の苦味が旨い。。。。。。

d0013068_19204838.jpg
青ウリの土佐酢
そして・・・・炊き立てのハモと枝豆ご飯。

d0013068_1926798.jpg
赤万願寺唐辛子のすり流し 
友人が、思わず「辛くないですか?」と、質問しておりました!
本当に衝撃的な赤ですが、不思議と辛くないのです・・・・・・口どけ滑らかな蓮根餅が入っていました。

d0013068_19303562.jpg
デザートは2種類から選べて・・・・・・・私も友人も黒蜜アイスクリーム 黒胡麻豆腐

充実したランチタイム (^^) 
東京にいながら・・・・・・京都の夏の代表的な味覚である鱧と鮎がいただけて大満足。
大好きな賀茂ナスもいただけたし、明石の鯛も美味しいしかったし・・・・・
サービスしてくださる男性スタッフは、はんなりとした京都弁で情緒があります。
素晴らしい料理をいただきながら、風情のある日本の夏と、プチ京都気分で、贅沢な時間を過ごすことができました~♪

ミシュランガイド東京・横浜・湘南 2014」においては2つ☆をとっています。

d0013068_1094375.gif

by cherry2005 | 2014-08-24 19:41 | 和食 | Trackback | Comments(6)

ボーヌでのランチはマ・キュイジーヌ ♪

こちらでの食事を楽しみにしておりました  ♪

d0013068_209660.jpg
大通りから小さい小路に入ったところに、目立たないように佇んでいるお店がまえ。
観光客相手と言うよりは、地元の人しか知らないような隠れ家的な雰囲気。

d0013068_20122454.jpg
飾り気のない店内ですが、こちらのお店は、U2やマイケル・ダグラス&キャサリン・ゼタ・ジョーンズも自家用ジェット機を飛ばして訪れているらしい。。。。
(トイレに、控えめに写真が飾っておりました)

d0013068_11125387.jpg
棚の上にそびえ立つ空き瓶たちを見ているだけで、ため息が。。。。。
改めて、ここはブルゴーニュ・・・・・ボーヌにいるんだと感じます。

d0013068_202129.jpg
まずはムルソーを一杯。

d0013068_20213952.jpg
こちらは、マダムが料理をして・・・・・サービスは、気の良いムッシュが担当。
ランチコースもあったのですが、こちらのお店ではガツンとアラカルトでいただきました。。。。
黒板に書いてあるフランス語メニューが分からないと言ったら、心良く英語とゼスチャー付で説明してくれました(笑)

d0013068_20271651.jpg
私の前菜はホタテのポワレのサラダ
ホタテの火の入れ具合も絶妙でしたし・・・・・ソースがとにかく美味しい (^^)
バルサミコとマスタードを効果的に使っていて、食欲をそそります。。。。

d0013068_20324134.jpg
オットの前菜はトマトとモッツラレラサラダ バジルソース

d0013068_20345663.jpg
私のメインは、チキン。
骨付きなので少々食べづらかったのですが・・・・身がしまっていてこんがりと焼き上げられ、美味しいのです。
久々に美味しいチキンいただきました!
付け合せのポテトも、表面はカリッ、中はこんがりねちっとして~濃厚な甘さで美味しい。。。。

d0013068_20395638.jpg
オットが食べたメインは、牛肉のタルタルステーキ
スパイシーな味付けで、こちらも食欲がそそる味付け。

d0013068_2043460.jpg
ピノノワールをいただきました。。。。
午前中見学していたオスピス・ド・ボーヌのグランクリュのワイン・・・・・味わい深ったです。

d0013068_11314143.jpg

女性シェフとは思えない、豪快でメリハリのきいた味付けの料理の数々。。。。。
ワインが飲みたくなるような~飾り気のない美味しい料理ばかりでした。
なかなか行く機会もないと思いますが・・・・また行ってみたい、心に残るお店。


d0013068_21231180.gif

by cherry2005 | 2014-08-12 20:51 | 2014年フランス | Trackback | Comments(12)

ワインと美食の街 ボーヌへ~♪ 

今日は、台風が西日本を通過したということで・・・・・・・雨は降っていませんが、東京も強風が吹いています。
交通機関もかなり乱れているみたいですので、お気をつけください。

d0013068_16522547.jpg
フランス旅行記の続きになりますが、あの日は、早起きしてリヨンのパール・デュー駅から、TER(普通列車)で約1時間30分・・・・・・・・楽しみにしていたボーヌへ~♪
発車予定時刻の10分前になっても、乗車するホームが決まりません (汗)
ホームが表示されるまで、ドキドキしながら駅の時刻表とニラメッコ!

d0013068_1705628.jpg
予定通りに、午前10時ころにはボーヌの街へ。
ワイン愛好家にとっては、憧れであり~聖地のような場所と言えるかもしれません。

最初に訪れたのは、街の中心地にあるオスピス・ド・ボーヌへ。
「神の館」という意味で、1443年にブルゴーニュ公国の宰相ニコラ・ロランとその妻が、貧しい人たちの病院として建てたもの。

d0013068_17192955.jpg
現在は、博物館として立派に保存されています。
ここは・・・・・・・修道女が患者さんの食事を作っているところ。

d0013068_17222421.jpg日本語の音声ガイドがあったのにはビックリ!
それも~無料で貸出してくれるところが太っ腹。

こちらの博物館は・・・・・
今でも58ヘクタールのぶどう畑を所有しており、グランクリュのワインとして人気が高く・・・・・・そのワインの売り上げは建物の修復に使われているのだとか。

d0013068_17322710.jpg
こちらの展示物で有名なのが、ロジェ・ヴァイデン作の「最後の審判」の装飾屏風
鮮やかな色使いに、しばらく見入ってしまいます。。。

d0013068_17394427.jpg
オスピス・ド・ボーヌを見終わったあと、こちらの前からプチトランが出発するので、それまで一休み。

d0013068_17374880.jpg
ボーヌの街の主な見どころを、ぐるりと回って案内してくれます。
こちらでも・・・・・・日本語の音声案内があったのにはビックリ!
多くの日本人が訪れているのかも?

d0013068_17494373.jpg
今でも古い建物が残っており、こんな細い石畳の道も、プチトランは進んでいきます。


d0013068_1754664.jpg
コート・ドール(黄金の丘)と呼ばれる、延々と続くブドウ畑・・・・・・・ワインの都と言われるボーヌが拠点になります。
街にはワイン関係者の事務所や関連品を扱うお店が、軒を連ねています。
d0013068_118205.jpg

d0013068_1803961.jpg
あらかじめ、日本からワイナリー巡りを予約していました。。。。
午後4時30分という待ち合わせだったのに・・・・・・・30分も遅れて、ガイド兼運転手さんが到着 ^^; 
参加していたのは私たちだけで、貸切状態で良かったのですが。。。。。

なんと~憧れのモンラッシュの畑に案内していただき~感激!

d0013068_18152866.jpg
最後は、ドメーヌへ連れて行っていただき、地下にあるワインカーブへ~♪ 

d0013068_18172360.jpg
お楽しみのティステイングです。。。。。
サントネー、ムルソー、ピュリニーモンラッシュ、サシャーニュモンラッシュ、コルトン・シャルルマーニュ、エシェゾーと、普段手が届かない素晴らしいワインをいただき、すっかり良い気分 (^^)

日帰りでしたが・・・・・・とてても充実した内容のボーヌの街でしたが・・・・・・・
ボーヌからリヨンへ帰るTERも30分遅れ・・・・・・かなり疲れました 007.gif
やっぱり、日本社会のように、時間通り、予定通りにはいきませんでした。。。汗

d0013068_1827686.gif

by cherry2005 | 2014-08-10 18:32 | 2014年フランス | Trackback | Comments(8)

リヨン ホテル ル ロイヤル リヨン

今回の旅は・・・・・・いろいろと移動したので、アクセス重視でオットが探していたようです。。。。
立地の便利な滞在先を選びましたが、なかなか素敵なホテルだったので、印象に残っています。

d0013068_14374317.jpg
リヨンで滞在したのは、ホテル ル ロイヤル リヨン
ベルクール広場の真ん前にあるので、とても便利。

d0013068_1445146.jpg
赤を基調としたお部屋・・・・・最初見たとき、少し驚きましたが、慣れると可愛い部屋に感じます (^^)  
ブルーを基調とした部屋もあるみたい。。。。。そっちが良かったかも?

d0013068_14505175.jpg
ロビーもこじんまりしていて、ヨーロッパのホテルらしい雰囲気。
ホテル内に飾っている調度品が素敵だったのでパチリ・・・・・フレンチブルドックが多かった感じ。

d0013068_14555444.jpg
階段でロビーに降りる途中、中2階にバーがあるのですが、ここも赤一色で凄い!
でもフランスだと・・・・・・・センスが良い感じに見えるんですよネ。。。。
こちらの窓から、ベルクール広場が一望できるみたいだったので、オットが行きたがっていたのですが、とうとう利用できませんでした。
フランスの夜が遅すぎて、眠いのです。。。。。

d0013068_1545839.jpg
朝食をいただいたダイニングルームもアットホームな雰囲気で、居心地よかったです。

d0013068_155211.jpg
焼き立てのクロワッサンやバゲットの他にも、甘い系のケーキ?パンもあったりして。。。。。
パンが美味しい~♪ 

d0013068_1571655.jpg
この日の朝・・・・・紅茶を頼んでみたら、南部鉄瓶でお湯が運ばれてきました。
紅茶のティーパックに、漢字の七みたいな文字が記載されていて~面白いです。


d0013068_15144742.gif

by cherry2005 | 2014-08-09 15:19 | 2014年フランス | Trackback | Comments(8)

リヨン レストランLa Table 101でディナー

リヨンでの食事・・・・・・パリは情報が多すぎて困りましたが、逆にリヨンはあまり情報がなくって~どこに行こうか悩みました。。。。

d0013068_23375958.jpg
リヨン在住の lyonnaise さんのブログで紹介されていたレストランLa Table 101が目に留まり、とても美味しそうだったので、こちらでディナーを楽しんできました~♪ 

d0013068_2337542.jpg
ディナーは午後7時30分からオープン・・・・・・当然一番乗り。
夜は10時過ぎに暗くなるので、まだ7時30分頃は明るいのです。。。。

d0013068_23411482.jpg
シャンパンを1杯。
サービスは、マダムを中心に若い女性と2人で行っています。
お店の前に、テラス席を置いているレストランが多い中で・・・・・・・・こちらは、サンルームみたいな感じで、天井の窓が半分開いています。
時折、涼しい風が吹いてきて気持ちが良いです。
私は、食事するなら外よりは・・・・・このぐらいのほうが、落ち着いて良い感じ。

d0013068_2343083.jpg

d0013068_23451447.jpg
冷たいカリフラワーのスープ

d0013068_23471664.jpg
あの夜は、サンセールをボトルで。。。

d0013068_23513440.jpg
私の前菜は、濃厚なブイヤベース
大好きなフォアグラもありましたが、体調も考えて軽めの料理を選んだつもりが、なかなか濃厚。
いわしのリエットが器の上に乗せられ、モダンな盛り付け。
器の底には、魚がたっぷりと入っていてボリューム感あります。
美味しい (^^)

d0013068_23562715.jpg
オットの前菜は、カエルのサラダ
盛り付けがお洒落・・・・・・・少し味見しましたが、カエルは鶏肉やカニ肉のような食感で、何のクセもありません。えんどう豆やドライトマトなど野菜もいっぱいで、ヘルシーな一皿。

d0013068_23584497.jpg
メイン料理は、オットも私も鳩のロースト
ソースは、目にも鮮やかなグリンピースと濃厚なピーナッツ風味のソースの2種類。
鴨ほど脂っぽくなく、燻製の風味が食欲をそそります。。。。。
改めて見ると、盛り付けがユニーク!

d0013068_043115.jpg
オットのデザートはチョコレートケーキ

d0013068_063864.jpg
私のデザートは、アイスクリームとシャーベット。
本当は、メイン料理をいただいたあと・・・・・・・何もいらないくらい満腹だったのですが、一応頼みました。
美味しかったけど、半分くらいでごめんなさい。

今回利用したのが、Menuコース(46ユーロ)で、前菜、メイン、デザートが選べるもの。
ワインも含めてリーズナブルで、気取らずに、美味しい料理がいただけるお店。
8時過ぎから、ぞくぞくお客さんが入ってきて、地元の人たちに愛されている素敵なレストランでした。

d0013068_0161173.gif

by cherry2005 | 2014-08-03 00:19 | 2014年フランス | Trackback | Comments(8)

リヨン市内を散策~♪ 

夜の9時ごろにリヨンのホテルにチェックインしたあとは、ぐったり疲れて爆睡。 
翌日・・・・・・旅のスタートは気持ち良いくらい快晴でした。。。。
この日は、リヨン市内を散策~♪


d0013068_16523348.jpg
宿泊していたホテルがベルクール広場の前にあり、地下鉄の駅も近いし、何かと便利。
ベルクール広場にある観光案内所に立ち寄り、リヨン市内の地図を調達。
広場の中央には、ルイ14世の騎馬像があります。

d0013068_1793550.jpg
全自動(無人)の地下鉄で出発!
d0013068_17105279.jpg
最初に行ったのは、リヨン中央市場
リヨンの偉大なシェフ、ポール・ボキューズを讃えて「リヨン中央市場-ポール・ボキューズ」と改名されたそうです。ガラス張りで、明るく清潔感のある建物。

d0013068_17253326.jpg
56軒のスタンドが並べられ、この地域産の良質な食材を取り揃えています。

d0013068_12125951.jpg


d0013068_17285310.jpg
リアルですが、おかしら付の鶏肉。
ブレス鶏と言って、エサは穀物だけを与えて放し飼いにした極上の地鶏が有名らしい。

d0013068_17334594.jpg
またまた地下鉄に乗り、そのあとはケーブルカーに乗ってフルヴェールの丘へ。

d0013068_17391916.jpg
ノートルダム・ド・フルヴィエールバジリカ聖堂。
一部補修工事をしているみたいです。。。

d0013068_17511635.jpg
ゴシック建築様式を取り入れており、、リヨン歴史地区の一部として、UNESCOの世界遺産に登録されています。

d0013068_17564160.jpg
天井のモザイク画が素晴らしい。

d0013068_1801226.jpg
聖堂内のステンドグラスも美しいです。

d0013068_18584.jpg
フルヴィエールの丘から見たリヨン市内。
手前の川がソーヌ川、その先はローヌ川が流れています。
右寄りの真ん中あたりにベルクール広場も見えます・・・・・・・ソーヌ川西岸に広がるリヨンの旧市街は、ルネッサンス建築集合体で最も美しい街の一つとして世界遺産に登録されています。

d0013068_18153668.jpg
ちょっと疲れたので、カフェで一休み。
本場のリヨン風サラダをいただいてみました!
グリーンサラダに、大きめに切ったベーコンやクルトンがゴロゴロ・・・・・・そしてポーチドエッグが乗っています。ドレッシングは、マスタードとビネガー風味が強い感じ。。。。
ボリュームあり過ぎで、食べきれません   (汗)

d0013068_18225176.gif


 
by cherry2005 | 2014-08-02 18:26 | 2014年フランス | Trackback | Comments(8)

今年の夏休みはフランスへ~♪

今年は・・・・・・・一足早い夏休みをとりフランスへ旅してきました。
この時期の成田空港は、いつもなら賑わっているはずなのに、割と空いていました。
やはり、羽田空港の方が便利になりましたからネ。。。

成田からパリのシャルル・ド・ゴール国際空港まで約12時間・・・・・・・そのあと、国内線に乗り継ぎ、約50分ほどでリヨンのサンテグジュベリ空港へ到着。

d0013068_2159669.jpg
フランス第2の都市リヨン060.gif
美食の街としても有名なはずなのですが、日本の観光ブックは、パリ中心のものが多く、なかなか情報不足で不安でしたが・・・・・・
行ってみれば、パリよりも落ち着いていて、歴史を感じる美しい街でした。
アジア人の観光客は、ほとんど見かけませんでした。。。。

d0013068_2282339.jpg
フランスで3番目に広いベルクール広場。

広場のすみっこに星の王子さま
著者のサンテグジュペリ像があります。
サンテグジュペリはリヨン出身なのだとか!

余談ですが、先日オープンした虎ノ門ヒルズのアンダーズ東京のアルノー・ド・サン=テグジュペリ総支配人はサンテグジュペリの孫にあたる人らしい。

d0013068_01129.jpg
ベルクール広場の周辺は、カフェやレストランがいっぱい。
確か・・・・・・夜11時近くだと思うんですが、まだ小さい子が歩いていたりして。。。。。
フランスの人々は、テラス席でゆったりと~長い夜を楽しんでいます069.gif
私などは、眠いんですけどネ。。。。

d0013068_22253027.jpg
今回は、エール・フランスでリヨンへ。
前菜からフォアグラが出てきたりして、嬉しい。。。。。
焼き立てのパンとバターがとても美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいます (汗)

d0013068_2239897.jpg
デザートも美味しいから、一口食べると、ついついもう一口と手が伸びてしまうのが怖い。。。。
紅茶を頼むと、フォションのティーパッグが6種類・・・・・・好きなものが選べるのです(^^) 


d0013068_22453394.gif

by cherry2005 | 2014-08-01 22:46 | 2014年フランス | Trackback | Comments(6)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧