<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大阪北新地  川添

東京に引っ越して来て数日・・・・・・だいぶ部屋の中のダンボールは減ったけど、いまだに
「あれがない、これがない」と探し物をしながら、不自由な生活をしています。
大阪ではゴミの分別が割と大ざっぱだったけど、東京は分別が細かい。。。。
特にプラスチック資源ゴミは、シールを剝したり、綺麗に洗って捨てなくっちゃいけないから
慣れるまで、いろいろと大変です  (汗)
d0013068_22163216.jpg

今年の1月末久しぶりにmaruwoさんと、北新地にある創作和食のお店川添で食事をしてきました。
新年会と思ったら、私の東京引っ越しがほぼ確定していたので、送別会みたいになっちゃいました。。。。
d0013068_22225886.jpg



d0013068_22232156.jpg





アミューズは黒豆のパン
中には、黒豆納豆が入っていてビックリ!
最初から意表を突かれました。

d0013068_22265312.jpg

前菜は、厚岸産の生カキ、ナマコ、フグを湯通ししたものに、赤い辛味大根やカンゾウ・・・・お皿の上にはザクロの実が散りばめられいて、ユニーク。
maruwoさんは生カキが苦手と言う事で、代わりにアワビで魅力的~~私もそちらが良かったかも(笑)
d0013068_22351916.jpg

柚子釜には、白子の焼き物とくわいのソース
くわいのソースは、舌ざわり滑らかでクリーミィ・・・・・あの日は寒い日だったので、フワフワのトロトロ料理で、体が温まる幸せな料理でした ♪♪
d0013068_2240724.jpg

鯛の昆布〆を酒蒸したものには、そばがきが添えてありました
上にはすぐき菜が乗っていて、お上品な一皿でしたが、ちょっと塩加減が濃いめで辛かったのが残念。
d0013068_2251383.jpg




d0013068_22495750.jpg




チキンスープ
玉子をうらごししたものに、辛味大根が彩を添えていて綺麗。
和食ですが、バゲットもいただけるので、ワインで食事している人が多かったです。
d0013068_22585392.jpg

鹿児島牛のステーキ
お肉の焼き加減も絶妙で、美味しいお肉。添えてあったマスタードが滑らかで、お肉の旨味を邪魔せずに引き立ててくれる感じ。

d0013068_2321070.jpg




d0013068_233170.jpg




突然ご飯の上にトッピングできますがと・・・・・・数種類のお魚を出されたのですが、その頃には思考能力ゼロだったのでお任せでお願いしました。
サバ、ヨコワ、ホッケを出汁醤油に漬けた漬け丼は絶品でした!
どの魚も脂がのっていて、旨みが凝縮していて美味しい~(^^)
d0013068_2314181.jpg

デザートはごま豆腐のクリームブュレ

店内は、L字型のカウンター席のみで約10席ほどの小さなお店。
料理は、おまかせコース(7500円)のみでメニューはありません。
ご主人は寡黙な人でひたすら黙々と料理に集中し、二人の女性スタッフも余計な事は言わず、クールな接客でした。。。。。
私たちが利用した時は、綺麗な北新地のお姉さん連れの同伴カップルが2組に、和服の
ママ(中村玉緒似)、チイママ風のご婦人と~北新地労働組合の皆さんが多かったような(笑)

こちらのご主人は、北新地の伝説的な名店カハラで修行されていた方だけあり、一皿一皿の料理の完成度の高さと、旬の食材をヒトヒネリした個性的な創作料理が印象的。
普通に美味しいものは食べ尽したと言う~美食家のみなさま方にお薦めめのお店です。
by cherry2005 | 2008-02-29 23:45 | 和食 | Trackback | Comments(36)

お知らせ

今私はたくさんのダンボールに囲まれ、毎日荷物の整理に追われています (汗)
実はオットの転勤が決まり・・・・・・大阪から東京へ引っ越しまして、今週から東京都民になりました。
東京から大阪に引っ越して来て5年、もうそろそろとは思っていましたが、いざ本当にお引越しとなると、いろいろと複雑なものがありますネ。
今は、あそこのお店にも行っておけばよかったとか、もっともっと関西を楽しめば良かったと、後悔の嵐が吹き荒れています。
先週で楽しかった関西Lifeも、とうとうタイムリミットです~

一番困ったのは、このブログのタイトルが「おいしい~関西Life」と言う事です。
飽きっぽい私が、こんなに長くブログが続くとは思わなかったので・・・・・・・笑
いろいろ考えまして

   「おいしい~Photo Diary」にブログタイトルを変更します。

今まで「おいしい~関西Life」に遊びに来て頂いてありがとうございました。
引き続き宜しくお願いいたします (^^)
by cherry2005 | 2008-02-27 11:54 | 未分類 | Trackback

週末の夜はthe toy's kitchen libre

休日のある夕方・・・・・・
今晩は何食べようか~て迷いながら、スーパーまで買い物に行ったにもかかわらず~
やっぱりあそこで軽く食べて帰ろうと、買い物袋をぶら下げたまま、気軽に利用できるビストロthe toy's kitchen libre(クリックすると音がでます)
d0013068_21194663.jpg

あの日の夜飲んだワインも~偶然にもビオワイン。
アルザスの白で、ほんのりスモーキーな樽香とフルーティな香りがバランス良く、キリリとした辛口でした!
d0013068_2125233.jpg

黒板のおすすめメニューに載っていた前菜生カキの3種盛り
岩手産と厚岸産に的矢産・・・・・・・
一番大きい粒のが岩手産で、一番甘くってクリーミィだったのが厚岸産でした。
d0013068_21302785.jpg

こちらの人気メニューのスモークサーモンとグリーンサラダの温泉玉子のせ。
大胆な厚切りにカットしたサーモンに、ラタトゥユと温泉玉子のソースでいただく料理なんですが、大好きなのでいつも注文しちゃいます。
d0013068_21375917.jpg

ほんのりとスモークした風味とレアに近い厚切りのサーモンが美味しい!
ちょっとこの日のサーモンは、火の入れ過ぎだったかも。
d0013068_21422866.jpg

オットの好みで選んだモッアレラチーズとトマトソースのパスタ
私はクリームソース系食べたかったんだけど・・・・・・
d0013068_21491922.jpg

メインはイベリコ豚のロースト生姜ソース
少し甘めのさつま芋やきのこ類もたくさん入っていて、あっさりめのソース・・・・・・白ワインとも相性が良かったです。
d0013068_2211579.jpg
オットが選んだスパイシーショコラプリンとイチゴのソルベ







d0013068_2264487.jpg

とろり焼きたてフォンダンショコラ







d0013068_22125916.jpg

トータルのカロリーを考えて、最近はデザートをパスする事が多いのですが、この日は食べてしまいました。
まぁ~そんなに多くなかったからいいよネと、言い訳しながら (笑)



自宅から歩いていける距離で、気軽に普段着で~美味しいものが食べられるから、週末の夜はとても助かっています  (^^)
by cherry2005 | 2008-02-19 22:30 | フレンチ | Trackback | Comments(30)

大阪 十三 ねぎ焼きやまもと

先週から寒い日が続いていますネ~天気予報によると、来週まで日本列島を寒波が覆いつくし、北海道付近には爆弾低気圧が発生しているのだとか。
昨日の大阪も、急に吹雪になったかと思えば、冬晴れの青空だったりと、猫の目のようにコロコロと天候が変わる不思議な天気でした。。。。
d0013068_10472824.jpg

2月9日土曜日の珍しい雪景色。
大阪市内では5cmの積雪を記録したという事で、11年ぶりの大雪と騒いでいました。
私も5年間大阪に住んでいるけど、こんなに長時間雪が降ったのは初めて!
この程度の積雪で騒いでいたら、雪国の人に笑われちゃいますが・・・・・・
d0013068_1055343.jpg

こんな大雪の中を、ネギ焼き発祥の名店やまもとに出かけてきました。
十三にあるこちらの本店は二度目・・・・・・・いつもなら、お店の前は人、ヒトの行列なんですが、この日はお天気も悪いし、午後2時過ぎだったので10分くらい待ったら席に付けました。
d0013068_1122284.jpg

有名な看板メニューのすじねぎ焼きを注文。
醤油たれにレモンを搾ってさっぱりとした風味のすじねぎ焼きは、一般的なコテコテのソース味のお好み焼きと違って、あっさりとしていて飽きがこない美味しさ。
友人が「東京から友達が来るとここに連れて行く」って言っていた事を思い出しましたが、東京の人はこのお味~かなり好きだと思います。
d0013068_11291641.jpg

甘辛く炊き込んだ牛すじとこんにゃくが入っていおり、フワフワとした柔らかい食感の生地が
印象的~
他には、ソース風味のお好み焼きで海鮮デラックス玉も注文・・・・・・独特のあっさりとしたソースが、お好み焼きの風味を損なわない優しい味で好みです。
d0013068_11435879.jpg

十三駅西口にある喜八洲総本舗
わりととメディアでの露出度が多く、いろんなタレントさんが紹介していて有名なみたらし団子
お団子を注文すると、こげめの好みを聞かれ・・・・・・網の上で俵状のお団子を焼き、温かい醤油ダレに付けてお箱に入れてくれます。
ちなみに私は、普通~のこげめでお願いしました。
d0013068_11585120.jpg

やまもと本店のある、十三サカエマチ商店街のネオン輝く夜の顔。
偶然にも、妖しすぎるさくらんぼ印のチェリーの看板を発見 (笑)
気弱な私には、一人でこの通りを歩くにはちょっと勇気いるかも。。。。。。。
by cherry2005 | 2008-02-14 11:06 | 和食 | Trackback | Comments(22)

メゾン・ド・ヴァン鶉亭で極上ワインを楽しむ

たしか去年の秋頃オットが、ほろ酔い気分の上機嫌で京都から帰宅・・・・・・・
仕事で利用した京都のワインダイニングのお店が気に入ったらしく「凄い~良いお店見つけたヨ! いつか連れて行ってあげるネ。。。」と言いつつ、その夜はとても自腹では飲めない高級ワインの自慢話を、延々と聞かされたような・・・・・・
今までの場合、そのいつかは永遠にいつかで終わるパターンが多いのですが、新年早々に今回はめでたく有言実行でした  (^^)
d0013068_9182892.jpg

京都の木屋町にあるメゾン・ド・ヴァン鶉亭
元は昭和初期創業の老舗の水炊き屋さんだったお店が、2004年にワインダイニングとして生まれ変わったのだそうです。
町家造りの間口の小さな入口・・・・・・・とてもその奥には、こんなモダンな空間が続いているとは想像もできない寛げるカウンター席があり、窓辺からは鴨川が見え、なんとも風情があります。
d0013068_9373163.jpg

アミューズはオマールエビの昆布〆
最初のシャンパンは、ボランジェ。こちらは、映画007シリーズのボンドさんがセクシー美女と一緒に楽しむシャンパンで有名 
d0013068_9435779.jpg

スッポンのフラン、コンソメ仕立て
洋風の茶わん蒸しで、中にはしっかりとスッポンのお肉が入っていて・・・・クリーミィで上品なお味。
d0013068_9485371.jpg

フグの唐揚と自家製千枚漬けの彩りサラダ
レンコンやエビイモ、菜の花に千枚漬けと・・・・冬の京都らしい食材ばかりです。
野菜のそばにフグの唐揚があり、そちらはシバ漬けのオリーブオイルと一緒に召し上がってくださいとのこと。。。。。。
d0013068_1004983.jpg

フォアグラとラ・フランスのソテー洋梨のソース
ガチョウのフォアグラとフルーティなラ・フランスの相性は絶妙で、フォアグラの焼き加減も抜群でとろけそうな食感でした。
こちらの料理では、ブルゴーニュの白でシャサーニュ モンラッシェ レ ショーメ  98をお勧めしてもらいました。
d0013068_1015168.jpg

しば漬けのペペロンチーノ
↑ のフォアグラの料理までは、お得な前菜を中心としたコースメニュ
パスタ料理からアラカルトでチョイス・・・・・・・こちらのペペロンチーノは、お店の定番人気メニュで、酸味と塩気が交ざり合い、京風のお上品なパスタ料理に仕上がっていて、不思議な美味しさです。
d0013068_1024093.jpg

メインは鴨とフォアグラの取り合わせと落花生のもやしとヤーコン添え
落花生のもやしって初めて食べました・・・・・
甘めのカシスと黒トリュフ風のソースの料理で、ボルドーの赤でいただきました。


ワインはグラスだけで20種類ほど、ボトルでは約300種類・・・・・・ストックは約1000本もあるのだとか。
私たちは開店後早めに入店したので、オーナーソムリエの山口さんを独り占め状態。
ワインや料理とのマリアージュについて~いろいろと貴重なお話が聞けて贅沢な時間を過ごす事ができました。
京風のエスプリが効いた美味しいフランス料理と、グランメゾン級を誇る素晴らしいワインの融合の奥深さに、まさに食の醍醐味を感じた夜でした。

今回私たちが利用したのは1階のカウンター席、2階は落ち着いたテーブル席で水炊き
(要予約)がいただけるそうです。9月末までは川床も楽しめるのだとか~♪
by cherry2005 | 2008-02-07 11:00 | フレンチ | Trackback | Comments(22)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧