<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ビストロ キュニエットでビオワイン

ワイン好きの友人と待ち合わせして、大阪の堂島にある隠れ家的ビストロキュニエットに行ってきました。
こちらのビストロは、ビオワイン(有機農法のブドウで造ったワイン)の良さを知り尽くしたオーナーソムリエの今城さんがオープンしたバー・ビストロ。
ストックは約150種類ほどで~100%ビオワインは、ほぼフランス産なのだとか。
d0013068_0111786.jpg

まずは最初の一杯はシャンパン 
こちらもビオ・・・・きめ細やかな泡が美しく、甘味と酸味のバランスの良いシャンパンでした。
オーナーの今城さんは、フランスのブルゴーニュのワイナリーでまる1年働き、大量の農薬散布に落胆し、休日ごとに付近のビオワイン生産者を訪ねて舌を鍛えたのだとか。。。。。
いろいろとお話を伺っていると、普段飲んでいる一般的なワインが恐ろしくなります (汗)
昨日は、中国製ギョーザの薬物混入が報道されたばかりだし・・・・・・・・

d0013068_0181310.jpg

お付き出しは、野菜のキッシュと柿のマリネ
柿のマリネがとっても甘くって~シャンパンと相性が良い感じ。
d0013068_0224681.jpg

前菜に鴨とフォアグラのテリーヌ
鴨の赤身とフォアグラの濃厚な脂肪分を両方味わえる贅沢な料理。
d0013068_0342658.jpg

鴨とフォアグラのテリーヌには、少し甘めの白ワインがお勧めだとか~
こちらのお店では、グラスワインも豊富なのですが、一般的なボトルの三分の一くらいの量でも注文できるという事で、そちらをオーダ。
女性二人で飲むには適量で、料理に合わせていろんなワインがお試しできるから、利用しやすいです。
d0013068_0432564.jpg

キノコとカキのホワイトソース煮
美味しいカキ料理だったのですが、残念なが塩加減が濃すぎたみたい。
d0013068_0461939.jpg

メイン料理は、黒毛和牛の黒トリュフソース
きめ細かい肉質で柔らかいお肉と、ほんのり甘い薫り高き黒トリュフソースは絶品!
ソースが美味しくって、パンにも付けて食べました。。。。。
d0013068_1294575.jpg

お肉と一緒に飲んだ赤ワインはピノ・ノワール
一般的なピノ・ノワールと比較すると、なんとなくまろやかと言うか~さらりと軽い感じがします。ビオ臭いと言って敬遠する人もいるけど、私はそこまでは違和感はないです。

本当は~もっともっとビオワインの事を聞いてみたかったけど、ちょうどその日はテーブル席に団体さんが入っており、ソムリエさんが一手に接客を担っているので、とても忙しうな感じ。
かなり賑やかだったので、早々に~お茶とデザートは近隣のカフェに避難しました。
by cherry2005 | 2008-01-31 00:49 | フレンチ | Trackback | Comments(26)

金沢物産展で見つけた美味しいもの 

今日の大阪は、日差しがあって見上げれば青空なのに・・・・・・
空から白いものがチラホラ降ってきて、とっても寒さの厳しい一日でした。
ちょっと用があって大阪梅田の阪急百貨店へ行ったところ、催事場で金沢物産展を催している事を発見!
久々に駆け足で探索してみることに・・・・・(隣の阪神で全国駅弁大会やっているからか~
思ったより混み合っていませんでした)
d0013068_1959492.jpg

午後2時過ぎ、まだお昼食べていなかった事を思い出し、今日はここでお昼ご飯を食べてきました。。。近江町市場寿司の特上市場海鮮丼。
一日限定100食と言う事でしたが~ラッキーな事にいただく事ができました!
希少な能登産ののどぐろたらの白子などの海鮮・・・・・私が一番印象に残っているのは、いくらのそばにあるむき身の白海老
富山湾の名物で、濃厚な甘さと~口の中に入れるとまったりと絡むような旨み・・・・・・
甘エビやボタン海老も美味しいけど、白海老もハマリそうな美味しさです (^^)
d0013068_20345661.jpg

特設の近江町市場寿司の店内・・・・・・天井を見ると、板切れがぶらさがっていて、にわか
お寿司屋さんです (笑)
お持ち帰りのお弁当もたくさん販売していて、とても忙しそう。
d0013068_20395122.jpg

金沢和菓子の代表格と言える森八さんの季節の上生菓子。
春の季節をイメージする綺麗なお色の和菓子・・・・・見ているだけで和みます。
d0013068_20492142.jpg

こんな楽しい壷の形をした、バームクーヘンも見つけてしまいました 
奥能登「珠洲」で、平安末期から作り始められたと伝えられる珠洲焼きにちなんで誕生した
珠洲焼きの里
ご親切に椿の造花が付いており「一輪さして話の花を咲かせてくださいませ」とメッセージが添えられているのです。。。。笑
d0013068_218186.jpg

いつまでも花瓶がわりに飾っておくのもなんなので、恐る恐るカットしてみたら・・・・・・
壷の中には、柔らかく蜂蜜で煮込んだ甘いりんごが、まるまる1個入っていました。。。
周りは、ゴマで固めていて少し硬めに仕上がっていますが・・・・なかなか美味しいアップル
クーヘン。

楽天のバームクーヘンランキングでも~かなりの人気商品のようです。
by cherry2005 | 2008-01-24 21:20 | 美味しいもの・スィーツ・パン | Trackback(1) | Comments(32)

大阪中津 アンティカ・オステリア・ウシヤマ

昨年、東京でミシュランの格付けが話題になりましたが・・・・・
残念ながら関西ではミシュランガイドはないので、一般の人が参加してアンケート処理しているザガットレストランガイドを見ていたら、今まであんまり聞いた事がないのにイタリアン部門で26点という高得点を取っていたお店を発見! (知らなかったのは、私だけ・・・)
d0013068_12331726.jpg

前日の夜ダメモトでオットが予約のTELをしたら、あっさりとディナーの予約を受けてくれたアンティカ・オステリア・ウシヤマ♪♪
賑やかな茶屋町周辺を中津方面に向かってしばらく歩き・・・・・どんどん寂しい雰囲気で周りは真っ暗な状態~
とっても不安な気持ちで歩いていたら、ひっそりと小さなお店が見えてきました。
牛山シェフと奥さんの二人でやってらっしゃる家庭的なイタリアンのお店。
d0013068_12525288.jpg

いろいろ悩みながらアラカルトで注文~前菜に生ホタテのカルパッチョ
視覚的に色鮮やかで、見ているだけで楽しくなるような料理。イタリアから空輸されている紫色のカリフラワーが目立ちまくっています。 
d0013068_12565997.jpg

イベリコ豚の生ハム
画像見ていたら恐ろしいのですが、口の中に入れるとフワリ~ととろけるイベリコ豚の脂は
美味。
添えられたジューシーな洋ナシとも好相性。
d0013068_1385066.jpg

エスカルゴのココット焼き
ココットの奥底には、カナダ産のマツタケがありました。

d0013068_13111117.jpg





パンも熱々で嬉しい~



d0013068_13151358.jpg

イカ墨入り手打ち麺のシャコ入りソース
イカ墨を練り込んだ平手打ち麺はモチモチとした食感で、シャコを殻ごと使っている濃厚なソースとよく絡んで美味しいパスタ料理に仕上がっていました。
d0013068_1324232.jpg

メイン料理はウズラのロースト・トリュフソース
柔らかいうずらのお肉に~ほんのり甘いトリュフソースが、しっかりとうずらの旨みを引き立てていました。
イタリアから空輸の緑のカリフラワーや赤いキャベツなどなど・・・・・・珍しい食材も多く、なかなか頑張っているなぁという印象。
d0013068_13423466.jpg

ワインが残っていたので、ブルーチーズやウォッシュ系や山羊のチーズを注文。
名前は忘れちゃいました!


d0013068_1348639.jpg



私が選んだ栗とチョコのムース・ジェラード添え



d0013068_13555278.jpg


オットが選んださつまいものタルト
ちょっとお味見したら、ほんのり温かくホッコリしていて美味しい。




正直言って~こうゆう素朴なお店でこれだけの料理を堪能できるとは思いませんでした(失礼) 
国内外問わず厳選された食材と、手抜きする事なく手間ひまかけた料理は、いろんな意味での努力と誠実さを感じます。
お一人で何もかもやっているのに、デザートまでなかなかの腕前。
一見寡黙でとっつきにくい感じの牛山シェフと、庶民派~癒し系の奥様が、帰り際私たちの姿が見えなくなるまで、お店の前で律儀に頭を下げて見送って頂いた姿が印象的。
こうゆうお店って、陰ながら応援したくなりますネ!
by cherry2005 | 2008-01-20 14:22 | イタリアン | Trackback | Comments(26)

京都 松之助のアップルパイ

今年の初詣は、京都の平安神宮に参拝してきました。
お正月三が日過ぎてからなので、人混みもありません・・・・・^^;
d0013068_21282144.jpg

京都一の大鳥居をもつ平安神宮は、平安遷都1100年を記念して明治28年に造営された
もの。
大鳥居から神門など、柱が色鮮やかな朱色に染められており、宮廷風の雅やかな雰囲気。
とても清々しい気持ちで、今年一年の平安をお祈りしてきました。

d0013068_21492320.jpg

平安神宮に行く前に立ち寄った~アップルパイで有名な松之助
以前新聞記事で紹介されているのを拝見し、いつか行ってみたいと思っていたお店。
オーナーの平野顕子さんは、22年の結婚生活に別れを告げ、若い頃の夢がよみがえり~なんと47歳でアメリカに留学。
大学があるニューイングランド地方で、日米の比較芸術論を専攻しながら、開拓時代から作られている素朴なお菓子たちと出会い、、地元の料理研究家に弟子入りしてお菓子作りを学んだポジティブな人。
夢を叶えるって、いくつになって挑戦できるんですネ。。。。。

d0013068_22142100.jpg

こちらはニューヨーク・チーズケーキ
濃厚でまったりとした食感は、リッチ感がある味わい深いチーズケーキ。

d0013068_22115148.jpg

スコーンだと思ったらビスケットと表示されていたような。。。。
メープルシロップをかけていただいのですが~香り高いバターの風味とサクサクっとした食感が素朴ながらも飽きないお味。

d0013068_2220283.jpg

こちらが有名なピッグアップルパイ
毎年10月~3月の紅玉りんごの入荷時期だけの期間限定スィーツ。
オーブンで温めた~ほんのり温かいアップルパイには、バニラアイスクリームが添えられています。
スライスされた紅玉りんごがたっぷりと入っていて、甘酸っぱさと上質なサクサクっとしたパイ生地が美味しいアップルパイでした。

お店は、こちらの京都本店と東京は代官山に店舗があります。。。。
私たちがお店から出る時、偶然にも平野さんが来店されていました。
何かのインタビューで「ヨーロッパの華やかなお菓子が絹なら、アメリカのお菓子は木綿の魅力がある」と仰っていたのが印象的。
ちょうど午後2時からのケーキ教室の講師のため来店されたようです・・・・・思ったより小柄な方でしたが~笑顔を絶やさない魅力的な女性でした。
by cherry2005 | 2008-01-15 22:59 | カフェ | Trackback(1) | Comments(22)

小籠包といえば~やっぱり鼎泰豊!

d0013068_1913133.jpg
帰国する前日、一泊だけ台北に立ち寄りました。
台北に来たらやっぱりここに行きたくなります 
1993年にNYタイムズ紙で世界の10大レストランに選ばれてから~台湾が誇る世界的な点心のお店として有名になりました。

相変わらずの大人気ですが、お店の人に名前を告げると番号とメニューを渡され、思ったより待たないで席に案内されました。
お店の看板横には番号が表示され・・・・・・・
あとどのくらいっていうのが分かるから、合理的で待っていても苦になりません。

d0013068_19315778.jpg

お店に入るとすぐ~厨房があり、大勢のスタッフがモクモクと手作業で小籠包を作っています。
小籠包作りはまさに職人芸で、皮は5g、具は21gと決まっているのだとか。

d0013068_19375170.jpg

蒸籠から湧きでる熱々の湯気の中から~お待ちかねの小籠包が登場。
薄い皮から、具と一緒にスープがたっぷりと入っているのが透けて見えます~
口の中に入れると、薄い皮と具とスープのハーモニーがじわりと広がってきて
幸せな瞬間(^^)

d0013068_19463731.jpg


店内は明るく清潔な感じ・・・・・予めメニューを決めて渡しているので、オーダしたものが待つ事なくどんどんテーブルに運ばれてきます。
こちらの接客スタッフは、キュートなミニスカートなの。

d0013068_1951189.jpg

オットのリクエストで鶏肉麺を注文。
最初、麺とスープが別々にきて・・・・・テーブルで一つの器に合わせてくれます。
スープがとっても澄んでいて、しっかりコクがあって美味しい・・・・・
骨付きの鶏肉も柔らかく、お上品なお味でした。

d0013068_2013992.jpg

デザートは、鼎泰豊本店から歩いて1,2分のマンゴーかき氷で有名な冰館(ビンクワン)へ。。。。。

d0013068_2091812.jpg

残念ながら季節的に~マンゴーかき氷はやっておらず、今の時期はいちごのかき氷
フレッシュないちごの量にはビックリ・・・・・上には、マンゴーのアイスが乗っていました。
甘い~練乳ミルクもたっぷりで、ちょっと懐かしいイチゴミルク味。
やっぱり完食は無理でした ^^;
by cherry2005 | 2008-01-10 20:21 | 2007年台湾(日月潭・台北) | Trackback(2) | Comments(34)

オープンテラスで飲茶 ♪

新年明けましておめでとうございます! (大変遅くなりました・・・^^;)
毎年、ブログを通して多くの方々との素敵な出会いが生まれ、毎日の慌ただしい日常生活に彩りと豊かな刺激を頂きとても感謝しております。本当にありがとうございました。
2008年度が、皆様にとって素晴らしい1年でありますようにお祈りします。
今年もどうぞ、宜しくお願いいたします。



今年も~台湾旅行からお付き合いくださいませ。。。(お正月らしい画像がなくってすんません)
d0013068_1215521.jpg

日月潭滞在中は、お天気にも恵まれ暖かくも爽やかな日々・・・・・・
南国のリゾート地らしく、赤いブーゲンビリアが色鮮やかに咲き誇っていました。

d0013068_12373165.jpg

こちらのプールサイドも美しく、日月潭の湖面と視覚的に融合した設計で神秘的でした。
オットが泳ぐつもりで準備はしていたのですが、私と同様風邪気味のため見学止まりで残念!
温泉好きの日本人なら、ついつい露天風呂を作ってしまいそう~

d0013068_12442827.jpg

青い山々と碧い水面が織りなす日月潭のヨットハーバー (午前11時頃撮影)

d0013068_12494782.jpg

プールサイド近くにあるティハウスで、軽く飲茶を楽しみました。
最初に大根餅を注文・・・・・・もちもちっとした食感とごま油の香ばしさでボリューム感があり
ます。
d0013068_13667.jpg

池のそばのオープンテラス席・・・・・・・
ほんのりハーブの香りするドライミストが散布されているためか、心地よい涼しさで快適です。

d0013068_1313593.jpg

エビ餃子とエッグタルト。
こちらのエッグタルトは、表面をあまり焼かずに卵とバニラの風味が美味しい、口どけ柔らかいクリームが印象的でした。
by cherry2005 | 2008-01-06 13:27 | 2007年台湾(日月潭・台北) | Trackback | Comments(20)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧