<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

花冷えの夜は玄品ふぐ

今年は暖冬と騒がれ、桜の開花も平年より早いようで今週末が見ごろでしょうか??
お昼はコートを脱ぎたくなるくらい暖かい時もありますが、昨晩は夕方から肌寒くなり、うっかり薄着で出てきた私は、すっかり震え上がってしまいした。
まさに花冷えの頃ですね・・・・・・
d0013068_11372189.jpg

予定よりも早く仕事を切り上げてきたオットと、偶然にも駅でバッタリ・・・・・・
今晩何食べようか?と頭を悩ませていたら、突然閃いた玄品ふぐ
早速駅からお店へ電話したら席が空いているという事で、即行で駆け込みました。
d0013068_11531392.jpg

一番安いお鍋コースでも、てつ刺は付いてきます・・・・・
こちらのって、お上品な薄切りじゃなくって厚切りなのでコリコリとした食感が嬉しい~

d0013068_1157203.jpg
← 湯引き(皮刺し)  
皮まで美味しくいただけるので、ふぐって無駄  がありませんネ!

d0013068_1224396.jpg






       ぶつ刺し→      
     生の白菜とピリ辛ソースが好相性



d0013068_12365228.jpg

その日は白子が入っているという事で、飛び付いちゃいました。
手前が醤油味と奥が塩味の白子・・・・・
やっぱり塩味の方が、白子の繊細な風味が楽しめます。
d0013068_1242476.jpg

ひれ酒
火を付けるとふぐの風味がいっそう増し、お酒もまろやかになって美味しい。
そんなに飲むつもりじゃなかったけど、ついつい~つぎ酒を注文。。。。。(^^)
d0013068_125033.jpg

雑炊セット

d0013068_1310931.jpg
やっぱりお鍋の後は、フワっとした卵入り雑炊がたまりません。
いつも手際よく~最初から最後までオットが鍋奉行です!
私はひたすら食べるだけ~

d0013068_13142116.jpg






いつも定番なんですが、ここのアイス細かい
アーモンド入りでレベル高いんです。



過去記事 : 玄品ふぐ 2006-02-22
by cherry2005 | 2007-03-31 13:29 | 和食 | Trackback | Comments(22)

大阪中津のビストロ・ド・ヨシモト

毎晩ご主人と一本はワインを開けると言う、お酒に強い酒豪の友人とビストロ・ド・ヨシモトでディナーを楽しんできました。。。。。。
昨年から、多くの雑誌やブログでも取り上げられている話題のお店で、Hanako West 1月号
では、大阪ビストロ部門で見事グランプリ
も獲得していました。
d0013068_22455787.jpg

全日空ホテルや淀屋橋の有名フレンチ「ラ・クロッシュ」でシェフを務めた吉本達浩さんが、去年の3月3日にオープンさせたビストロ。
ちなみに、こちらのお店でいただけるバゲットは、全国的にも有名なル・シュクレ・クールのものでも話題になっています。。。。。
その日の夜は、5000円のコースを注文。
d0013068_23181846.jpg

アミューズは京野菜の淀大根のスープ
全国的に聖護院大根としても有名なブランド野菜ですが、ほんのり甘いスープと酸味のあるパンとの相性が新鮮で美味しい。
d0013068_23241673.jpg

前菜は3種類から好きなものを選ぶ事ができ、私はヨコワのマリネ スモークの香りと
温泉玉子添え

d0013068_23351788.jpg

温かい前菜は、パイ生地の中にタラの白子や菜の花が入った一品。
残念だったのは、せっかくの白子が少し火の入れ過ぎだったような~
d0013068_2338318.jpg

魚料理のメインは太刀魚のグリル
ソースはほんのり甘い~クリーム系でした。。。。。
d0013068_23394955.jpg

お肉料理のメインは、6種類から選ぶ事ができ・・・・・・私は本日のジビエ料理を注文。
蝦夷鹿のサラダ仕立てで、ジビエ料理にしては割と軽く仕上がっていました。
d0013068_2346508.jpg

デザートの盛り合わせ

今回私たちが案内されたお席は、カウンター席とは反対にある奥のテーブル席。
天井が低く、かなり狭苦しい感じ・・・・・・・・隣のテーブルとの感覚が接近しており
トイレに立つ時、隣の方のパン籠に私のヒップが接触しないかと緊張しながら横歩きしました(汗)

料理は、確かにコストパフォーマンスはいいし、普通に美味しい~と思いますが、その日の料理はアミューズ以外はあまりインパクトの残る料理もなく、期待が大きかったせいか、割と無難にこなしているなぁ~という印象。。。。。(ついつい話題のお店だけに、辛口目線になってしまいました)
わざわざ夜に行かなくても良かったかも・・・・・・苦笑
カウンター席でランチを利用していたら、このお店の印象もまた違ったものになったかもしれません。

今回はワイン好きのお友達とのディナーだったので、コート デュローヌの赤をボトルでいただいたのですが、ワインリストにヴィンテージが載っていなかったのをうっかり見逃してしまい・・・・・
かなり若いワインで大失敗してしまいました!
by cherry2005 | 2007-03-24 00:34 | フレンチ | Trackback(1) | Comments(34)

美しすぎる~メサージュ・ド・ローズのチョコ

確か2週間前の東京への出張時、オットはありがたくもないインフルエンザをお持ち帰りしてきました。。。。。。
たちまち39度の熱が出ましたが、幸い病院ですぐ受診したお陰で・・・・・・・今話題のタミフルを処方され、服用後はあっという間に37度ぐらいに熱が下がりました。
TVや新聞紙上では、タミフル服用後の悲しい事故が続いていますが、我が家においてはタミフルサマサマでした。
お陰サマで、このワタシも気持ちの上ではインフルエンザにすっかり感染していると思っていましたが、今日まで元気に過ごしております (^^)
d0013068_2164723.jpg

今週末東京出張時のお土産は、インフルエンザではなく メサージュ・ド・ローズ
「薔薇のメッセージ」という店名から生み出された気品あるチョコレート。
パリやリヨンの最高級パティスリーやショコラトリーでよく使われている、フランスの高級チョコレート
原料メーカのヴェイス社の原料を使っているのだとか・・・・・・・
d0013068_2129069.jpg

メルシーローズ
ミルクスィート、ミルク、セミビター、ビターの4種類からなっており、繊細で芸術的過ぎて、なかなか手が出せませぬ~^^;
d0013068_23584015.jpg

こちらはクィーンアリス系列のフルフル・アリスのマカロン。
ホワイトデーシーズン限定の、キュートなハート型です。
美味しかったけど、サクサク系ではなくマッタリ系のマカロンでした!

今回の出張は、行きは飛行機で~帰りは新幹線で帰ってきたので、全部大丸東京店のB1
仕入れてきたらしい。。。。
こうゆうお土産だったら、毎回新幹線で帰って来てくれるといいんだけど~♪ ♪
by cherry2005 | 2007-03-18 22:01 | 美味しいもの・スィーツ・パン | Trackback | Comments(28)

和歌山へドライブ

最近週末は、すっかり疲れきっている夫婦なので・・・・・・日曜日は、ひたすら家に引き篭っている事が多いのですが、久々に重い腰を上げ~出かけてみました。。。。。
大阪のお隣にある、初めての和歌山県内へドライブ~♪  車一ヶ月ぶりくらいに動かしたかも。

d0013068_1953350.jpg
最初に立ち寄ったのは黒潮市場


d0013068_19593334.jpg





     お昼は、こちらのシーサイドバーベキュコーナー
を利用。
一応、窓辺からは冬の海が見えます。

d0013068_2063642.jpg

黒潮市場内にあるバーベキューコーナーで好きな食材を選んで、海の見えるコーナでバーベキューが楽しめます。
期待していたほど魅力的な魚介類は少なく、以外にお肉系が多かったような~
それでも、トウモロコシとかジャガイモなどのお野菜は、炭火で焼いたものって、素材の甘みが凝縮されていて美味しい。
d0013068_2014277.jpg

黒潮市場内は、海産物を中心にお土産屋さんや食事のできるお店がたくさん入っています。
d0013068_20195681.jpg

バーベキュウを食べ終わって市場内ブラブラしていたら、ちょうど生マグロの解体ショーが始まり
ました。
水揚げされたばかりの本マグロなので、鮮度抜群・・・・ツヤツヤで男前なおすがた!

d0013068_2031242.jpg
解体ショーした本マグロは、すぐに販売してくれました。。。



d0013068_20342864.jpg




   中トロ   
赤身とトロのバランスが良く、口当たり滑らかで
上品な美味しさ。

d0013068_20413550.jpg
      ← 大トロ
艶やかなピンク色に美しい霜降り・・・・・・
口の中に入れると、マク゜ロの風味と脂身の甘みが絶妙にコラボして、舌の上でとろけそうな極上品でした。
久しぶりに感動しました !
本当はもっと食べたかったけど、バーベキュウで満腹状態だったのと、2貫で1000円だったので
                              我慢 (涙)
多分、料亭やおすし屋さんのカウンターに乗っている頃には、ビックリするほど価格が上がって
いるんだろうな~


 
by cherry2005 | 2007-03-13 21:11 | 旅行・お出かけ | Trackback | Comments(24)

奈良の素人珈琲 よつばカフェ

d0013068_17442666.jpg

奈良公園周辺を歩いていると、車の通りの激しい道路沿いまで鹿が呑気なお顔で散策しているので、交通事故に遭うのではないかと・・・・・・ハラハラしてしまいます。。。。
ちなみに奈良の鹿は、宮島の鹿や、日光のおサルのように、人にチョッカイを出してくるような事はなく、神の遣いらしく品行方正ですヨ。
d0013068_1805173.jpg

こちらのお店も、随分以前ミントンさんに連れて行ってもらったよつばカフェ
奈良町の静かな住宅街の一角にあるため、道に迷ってウロウロしていたら、年配のご婦人が私達の会話を聞きつけて「よつばカフェなら、あそこを曲がって右ヨ」なんて、ご親切に声を掛けてくれたのです。。。。。
あの当時2人とも東京から引っ越して来て間もなかったので「関西の人って親切だネ~」って感激した事を思い出しました!
今回一緒に行った友人も、このカフェの事はよく知っていて、ようやく2度目の訪問が実現しました。
また迷いましたが・・・・・
d0013068_20215216.jpg

昭和初期の木造二階建ての一軒家で、玄関先には可愛らしい暖簾が掛けられ、靴を脱いで中に入ります。
ついつい、ごめんくださいまし(ワンオクターブ上げて)・・・・と家政婦は見たの市原悦子さんばりに、声を掛けたくなっちゃうのは私だけ~(笑)

d0013068_20321669.jpg

その日は、割と寒い日だったので温かいチャイを注文。
たっぷりのチャイと一緒に、芋ケンピやアラレなどの、お菓子が付いてきて嬉しい~♪
d0013068_20424645.jpg

店内には、昭和初期のアンティークな雑貨やちゃぶ台、可愛らしい柄の座布団が並べられ、ちょっとしたギャラリーのような空間になっていて、見ているだけでも楽しめます。
d0013068_20492289.jpg

いつも、日替わりのケーキが2種類ぐらい用意されていて、その日はキャラメル風味の
ケーキ
を注文。
手作りの素朴なケーキ・・・・・・・まるで、友人のお家にでも遊びに来たようなリラックス感のある
お家カフェ (^^)
d0013068_20565886.jpg

カウンターとテーブル席が二つの、こじんまりとした店内。
タイミングが悪いと満席で、利用する事ができません・・・・・・私たちが伺った時も満席だったのですが、2階のギャラリーを見て待っていたら、10分くらいでお席が空いたのでラッキー。
30代前半?ぐらいのホンワカ~癒し系お姉さんが1人でやっているので、片付けやすいようにお客さんも、カップやお皿などを真ん中に集めて帰っていました。。。。。。
縁側のテーブル席は、日向ぽっこしながら庭先を眺めたりして、ほっこりとしたゆるゆかな時間が流れていく感じ・・・・・♪ ♪ノスタルジックな雰囲気と共に、癒しのひと時を楽しむ事ができました!
by cherry2005 | 2007-03-08 21:16 | カフェ | Trackback | Comments(27)

マリー・アントワネット 映画とミュージカル ♪

貧しい民衆に対して「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と言ったとか、言わなかっ
たとか? 映画の中でご本人は「そんな事言っていないのに・・・・」と、ちょっぴりスネ気味て申しておりました。
d0013068_1847153.jpg

最初から~まともな映画としては期待せず、お洒落なファッション雑誌でも眺めるかのように割り切って楽しむつもりでしたが、やっぱり後半で退屈になり、ついつい時計を見てしまいました(笑)

それでも~今年の第79回アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞したくらいの実力派なので、レースにフリル、リボンの付いたフリフリの、誰もがお姫様気分になれる衣装や豪華な調度品は、まるで華麗なる宮廷絵巻を見るように楽しめましたが。。。。。

d0013068_192573.jpg
朝まで続くパーティには、食べきれないほどのお洒落なスィーツが出てきますが、こちらはパリの老舗ラデュレのものらしく、溢れんばかりのシャンパンと共に、キャンディとケーキのめくるめくる甘い~世界がひたすら続きます。

連日連夜、贅沢で享楽的な生活しているのに、綺麗な細身のドレスがお似合いで羨ましいこと~
d0013068_19305420.jpg

昨年から~生誕250周年記念という事で、映画をはじめとしてマリー・アントワネットをテーマに美術展とかいろいろ催していますが、ミュージカルもその1つ。。。。。
昨年の東京、福岡と続き・・・・・そして現在は大阪公演の真っ最中!
こちらは、遠藤周作原作の「王妃マリー・アントワネット」をベースに、ミュージカル化した日本から世界に向けてのオリジナル作品。
 の映画とは違い、歴史ものとしても見ごたえがあるし、プラスアルファーとして人間愛というテーマで、人間は愚かであるが、お互いに尊敬しあい、許しあう事によって・・・・・・この世が素晴らしい世界に変わると言う作者の思いが託された、ドラマティックなストーリーに仕上がっていました。

マルグリット役の新妻聖子さんの激しくも~力強い圧倒的な歌唱力がヒカリまくりで、マリー・アントワネット役の涼風真世さんの影が薄かったような。。。。
錬金術師として怪しいカリオストロ役で出演の山口祐一郎さんも、お約束通り、全身ビブラート状態で、劇場全体を包み込むような大きな歌唱力で聴かせてくれました ♥ ♥
d0013068_21172452.jpg

梅田芸術劇場に隣接しているホテル阪急インターナショナルでマリーアントワネット公演記念フェアを催していました。
マリーが幼少の頃に、ウィーンのシェーンブル宮殿で母マリア・テレジアの作るミルヒラームシュトゥルデルを好んで食べていたと言う、ウィーンの代表的なケーキ。
多分本場のものは、かなり甘い~んだろうなと思いますが、こちらのは甘さ抑え目で、ほんのり温かくって美味しかったです (^^)
by cherry2005 | 2007-03-02 21:53 | エンターティメント | Trackback(2) | Comments(28)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧