<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

南翔饅頭店 上海本店

日本国内にも何店舗かあり、今や小籠包の美味しいお店として有名な南翔饅頭店
以前六本木ヒルズ店で食べた時、ちょっと肉独特の匂いが気になって、私はあまり好みではなかったので、今回行こうか迷いましたが・・・・・・・・
隣接している豫園(よえん)観光を予定していたので、やっぱり行列の絶えない超人気店の存在は無視できませんでした。
d0013068_21582192.jpg

お店の周辺は、予想通り上海随一の人気を誇る小籠包のお店だけあり、人、ひと、ヒトの行列
です。
その日は、朝食をフルーツとコーヒー程度にして、午前11時過ぎに入店。一番行列の少ない3階のフロアーに行ってみたら、ラッキーな事に5分ほど待っただけでテーブルに案内されました。
d0013068_2274458.jpg

可愛らしいヘアースタイルの女の子を囲んだ家族。ちょっと痛そうな感じもしますが・・・・・
中国の一人っ子政策のせいか、子供をあまり見かけません。連れていても一人の子供に大勢の
大人という構成です。。。。
d0013068_22145638.jpg

蟹ミソ入り小籠包
お得なセットメニューもあるみたいですが、うっかり見落としてしまいアラカルトで注文しました。
d0013068_22185041.jpg
  ←薄い皮にスープが溢れるほどたくさんあり、
   日本で食べたものとは、お味が違います。
   本当に美味しい!!

d0013068_22215029.jpg







   やっぱり青島ビール  
  周囲を見渡すとビールを飲んでいるのは
  私たちだけ。。。。

 


 
d0013068_22325333.jpg

これ、TVで見てから一度食べたかった湯包
カニミソ入りのスープをストローで飲むという、かなりユニークなモノ。

d0013068_22412065.jpg

   ←皮がかなり厚めにできています。
     中には、たくさんの蟹味噌やお肉が
     入っていました。


d0013068_2245488.jpg

    
        三角形の春巻き →
  中にはやっぱり蟹味噌
  と豆腐が入っていて、あっさりしていいて
  美味しい。

豫園と上海の街へ~♪
by cherry2005 | 2006-12-27 23:05 | 2006年上海 | Trackback(1) | Comments(38)

ゴージャスな上海の夜~☆

今晩はクリスマスの夜~♪♪  みなさまどのようにお過ごしでしょうか?
私はこの週末上海に行ってまして、あまりにも美しくライトアップされた夜景スポット巡りに惑わされ過ぎたためか? 手土産に風邪をひいて帰国してしまいました。。。。
d0013068_19562294.jpg

上海初日の夜は、租界時代のレトロな洋風建築が立ち並ぶ外灘地区を散策~♪
予約無しの飛び込みで利用したレストランが・・・・・・とても素敵なレストランで大当たりでした。
d0013068_20132865.jpg

旧チャータード銀行だったアール・テ゜コ様式の重厚な建築物を、高級ブランドのショップやレストランが立ち並ぶショッピングモールにリノベーションした、外灘18号の5階にある広東料理のお店灘外楼
店内は赤を基調としながらも、モダンでお上品な雰囲気・・・・・・BGMは、ジャズやボサノバでお洒落過ぎて、中国って感じじゃないみたい (笑)
d0013068_20264017.jpg
冷たい前菜
 焼き豚やサーモン、蒸し鶏など。
 縦長のお皿は、こちらは箸と同じで縦に置くの
 が面白い~


d0013068_20303535.jpg



   日本式刺身 →
これにはビックリ!
ハマチとサーモンで、鮮度も良く美味しい~
ただワサビが粉ワサビって感じでイマイチ
でしたが・・・・・


d0013068_20352365.jpg

フカヒレのスープ
なめらかなゼラチン質の食感が、幸せな気持ちにさせてくれます!
手前の白いモノが分からなくって聞いてみたけど・・・・・魚の内臓としか説明してもらえず。。。
何かの白子ぽい感じで、初めて食べた感じでした。
d0013068_20432844.jpg

カニのグラタン
どの料理も薄味で、お上品なもりばかりでした。
d0013068_20462242.jpg
 ←ほうれん草のスープと魚介のしゅうまい




d0013068_20501427.jpg



     薄い皮の中には、食感の良いエビや貝柱、キノコなどが入っていて、色鮮やかな深いスープと共にお洒落な~料理。



d0013068_20563236.jpg

細打ちの縮れ麺の中には、プリプリっとした食感のエビ入りワンタンがいくつか入っており、薄味でどんどんいけます。

d0013068_2101565.jpg
   ←デザート
    右側のは、サクサクっとしたパイ生地の中
    に餡子が入っていて美味しい!


  d0013068_2141316.jpg



       フルーツ →
  すいかにメロン、オレンジにぶどう、ドラゴン
  フルーツなど~
  日本では夏に食べるフルーツばかり。。。。
  特にスイカはどこのお店でも見かけました。

昼夜で異なる上海の街
by cherry2005 | 2006-12-25 21:24 | 2006年上海 | Trackback | Comments(28)

フランス風お鍋が美味しい~マルミット

d0013068_1716186.jpg
週末のある夜、お仕事関係の方々と大阪
天満橋にあるマルミットでお食事会~♪
ご一緒したお一人が、今年の10月に独立されオフィスを設立されたという事で、食事の前に事務所を見学させて頂きました。。。。。
こちらのお店は、彼女のお薦めと言う事で、すっかりご馳走になってしまいました。
本当は、お祝いに私たちがご馳走しなくっちゃいけない立場なのに・・・(汗)


アットホームな感じの可愛らしいお店の外観・・・・・店内に入ると、お店自慢の特製ブイヨンスープの良い匂いがしてきます。
私は初めてなのですが、1つのお鍋で4種類のお味が楽しめるのだとか~いったいどんな風にお鍋が変わっていくのか楽しみです。
d0013068_17434938.jpg

まずは5種類の薬味が出てきました。
手前から、トマトソース、ハーブソース、にんにくオイル、唐辛子オイル、粒マスタード
d0013068_17512054.jpg

最初にポトフでスタート・・・・・・
自家製のソーセージや牛ホホ肉に魚介類とたっぷりの野菜が盛りだくさん。

d0013068_1811984.jpg
← 丸一日かけて仕込んだブイヨンスープが美味
   しい。
  コクがあるけど、とってもあっさりしています。



d0013068_18105694.jpg


  ポトフ風お鍋が食べ終わったら、パスタを入れて
スープ風パスタを楽しみました →


d0013068_19402915.jpg


次は、バゲットととろけるチーズを入れてチーズ
フォンデュ風


d0013068_19464316.jpg



   かなり煮詰まったコクのあるスープに、〆はご飯を入れてリゾットで楽しみました




d0013068_19494353.jpg

デザートはチーズとチョコレートのケーキに、キャラメルのジェラード

マルミットとはフランス語でお鍋と言う意味だそうです。。。。。
今回初めて洋風のお鍋を体験しましたが・・・・・・和食や中華では体験できない不思議な美味しさがありました。
自家製のソーセージが、いろいろなハーブやスパイスが入っており・・・・・いかにも手作りという感じで食感も楽しめました。
by cherry2005 | 2006-12-21 20:24 | フレンチ | Trackback | Comments(24)

串カツとワインの六覺燈

d0013068_13101226.jpg
活気ある大阪黒門市場に店舗がある六覺燈に行ってきました。
たぶん東京より東の方では、串に豚肉や野菜等を刺して油で揚げてソースにつけて食べるものを串揚げといい、大阪では全部串カツと呼ぶのが一般的だと思うのですが~

最近串カツとワインの組み合わせが流行っていますが、こちらのお店が多分元祖なのではないでしょうか。。。。
オーナーの水野氏はかなりのワイン通で、こちらの店舗にも約600種類のワインが揃っており、串カツ屋さんなのにソムリエもいる本格派。
こちらのお店も、大阪で高級串カツ店として人気が出て・・・・東京銀座にも店舗があります。
以前行った京都から出店したよねむらと同じビルです。


d0013068_1344481.jpg

まずは最初に野菜スティックがド~ンと出てきておかわり自由・・・・・
みずみずしい野菜は大根、赤カブ、キュウリ、キャベツ、ゴボウ、トマト~の隣にある黄色いのは整腸作用があるヤーコンです。
d0013068_13514566.jpg

こちらはメニューがなく、おまかせコース20本のみなのです。。。。。価格も分かりません(汗)
次から次へとタイミングよく、揚げたてのサクサクした美味しい串カツが目の前に出てきます。
何種類かの付けダレがあり、串の向きで食材と相性の良いタレを教えてくれます。
d0013068_13582968.jpg

ワインリストはなく、お好みを言ってくださいとソムリエより・・・・・・
いろいろ相談した結果選んで頂いたのは、イタリアの赤 カヌア スフォルツァート1999
お味が気に入らなければ、グラス一杯だけでもいいですヨ~との事だったのですが、ワイン好きの友人も気に入ったようなので、思い切ってボトルでいただきました。
ただとっても気になるのがお値段・・・・・・ここでも価格不明 (汗)
私~気が小さい上に内気で少し見栄っ張りというタチの悪い性格なもので、美味しいワイン飲みながらも財布の中身やカード使えるかなぁ~と不安に怯えていました(笑)
d0013068_14194581.jpg

こちらのお店手作りのクルミの入ったパン・・・・・美味しい~♪
d0013068_1422385.jpg

季節感のある良質の食材をちょっと工夫した美味しい創作串カツ・・・・・・・ラスト8本前に、お声をかけて頂いたのですが、その時は揚げ物だけど重く感じず、そのまんま見事20本完食!

d0013068_14342398.jpg
デザートは4種類ぐらいから選べ、私はトロトロ~で柔らかなブランマンジェ


d0013068_1439672.jpg




       友人が選んだメロンのシャンパンゼリー→

d0013068_14433795.jpg

     ←テーブルの上に、お店の名前が入った爪楊枝が置いてありました。


揚げ物と意識させないサクサクとした軽い串カツ。
やっぱり家に帰ってから胃薬のお世話になり・・・・・次の日の夕方くらいまで食欲不振に二日酔いまでおまけが付きました。
美味しさのあまり食い意地が先行してしまいましたが、冷静に考えればラスト8本前で止めておけば良かったと後悔 (;-_-;)

客層は・・・・・年の差カップルとか接待みたいな方も目立ちました。
だからメニューがないのかなぁ~とも思いましたが、私的には余計な心配せずに安心して食事が楽しめるように、価格が分かるメニューがあると利用しやすいです(スリルあり過ぎの精神衛生上良くない~~汗)
それとも~こちらを利用するお客さんは、価格など気にしないリッチな人ばかりなのだろうか?
by cherry2005 | 2006-12-18 15:19 | 和食 | Trackback | Comments(34)

バリを思い出して~ナシゴレン

d0013068_11362839.jpg

このあいだ何気なくTVを観ていたら、上沼恵美子さんナシゴレンを作っていました(関西のみの番組?)
そろそろお腹が空きそうな深夜の時間帯、美味しそうだなぁ~なんてヒトゴトのように見とれていたら・・・・・・先日バリに行った時、ナシゴレンの素~私も買って来た事を思い出しました!
すっかり忘れて、物置部屋の隅っこに置き去り状態 (笑)

d0013068_2124351.jpg
インドネシア語で、ナシは「ご飯」、ゴレンは「揚げる、炒める」と言う意味。
代表的なインドネシア料理ですが、マレーシアでも良く食べられているみたいです。
そう言えば、シンガポールでも見たような~

にんにくや赤唐辛子が原料になっている辛いサンバルと甘いインドネシアのお醤油ケチャップマニスが、上手い具合にピリ辛酸味のチャーハンに仕上がりました。
ちょっと最後に、隠し味でナンプラーを入れると、よりエスニックな感じになったような~♪

今晩ナシゴレンを食べて遅まきながら気づいた事は、黄身が生っぽい目玉焼きやクルプック(えびせん)は単なる飾りや添え物でなく・・・・・・辛さや酸味をマイルドにして、個性的なこのお味を中和させる役目があったんだなぁ~と食べながら納得。。。。。。
by cherry2005 | 2006-12-12 21:55 | ワイン会・お家ごはん | Trackback(2) | Comments(32)

上山温泉 名月荘

大阪空港から約1時間20分ほどで仙台空港へ降り立ち、レンタカーを借りて山形自動車道を一時間ほど走らせ名月荘へ宿泊してきました・・・・・途中あられにも歓迎され、やっぱり東北は寒い!
お部屋には、小さなお庭にテラスが付いていて、そこから蔵王連峰が見えるはずだったのが、生憎お天気も悪く見えずじまい~
もう一ヶ月前ぐらいに行けばよかったと、震え上がりながら後悔しました (;-_-;)
なぜか気に入っていまい、こちらの宿は今回で2度目です。
d0013068_1302744.jpg

プライベート感覚を大切にしながら、きめの細かいサービスとのんびりできるところが好き~♪
例えば、お夕飯のメイン料理は選択ができるし、朝食も和食と洋食が選べて、卵料理やお味噌汁の具まで細かく選べるスタイル。
館内に立派な酒蔵があり、地元の地酒から焼酎・・・・・・・そしてワインも豊富に揃っていて、その時の気分でお酒を自由に選ぶ事ができるのも楽しい!
可愛いピンクの浴衣の他にパジャマがあること~これは私的には得点高いです(笑)
d0013068_13191283.jpg

お部屋が和室と洋室になっていて、こちらの洋室にはTVやDVDはもちろんですがCDが聴けたり、コーヒーメーカーやクッキーが置いてあり、小さな流し台も付いていて、とっても寛げます。
基本的に、お夕飯は和室で朝食は入り口から和室を通らない洋室でいただけるので・・・・・・・私のように朝寝坊が好きなものにとっては、とっても気が楽なのです。
そのまま~いつまでも寝ていられるから。。。。。(^^)
d0013068_1295715.jpg

お部屋に併設されている露天風呂(この時期は、窓閉めないと寒かったです。。。)

2年前に利用した時と同じ仲居さんが担当してくださり、ワインのプレゼントがあったりと、こうゆう細やかな配慮が、またリピートしたくなります。

いつか楽しみたいのがムーンライトコンサート ♪♪
毎月一回併設されているお蔵において、満月の夜にコンサートが催されています。
ちょこちょこ有名なアーティストが出演していて、以前はヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんも出演していました。

その夜の食事は・・・・・・
by cherry2005 | 2006-12-09 15:44 | 旅行・お出かけ | Trackback(1) | Comments(24)

京都街歩き 寄り道編~♪

京都の街を歩いていると、このお店?
確か雑誌で紹介されていたあのお店!~とか、ここって○×△の美味しい有名な和菓子屋
さん・・・・・とにかく気になるお店がチョコチョコ目に入り、ついつい寄り道したくなります。
d0013068_9411986.jpg

↑ こちらは今年の10月7日にオープンしたパティスリーカナエ
京都を拠点として、お菓子の本や人気のお菓子教室を主宰している小林かなえさんのお店です。
早々と友達が情報をキャッチしていて、オープンして一週間後ぐらいに訪れたような記憶が~

d0013068_1065369.jpg
女性のパティシェが作ったケーキらしく
どれもキュート。


d0013068_1011058.jpg




  マドレーヌやフィナンシェを購入しました。
しっとりとした食感で、1つ1つ丁寧に作って
いる感じで美味しい。


d0013068_10445284.jpg

お色が優しいパステルカラーで、まるで小林かなえさんのお人柄が良く伝わってくるような可愛らしいマカロンたち。
2種類の生地をマーブル模様にして絞り込んだものや、きな粉を使用してたりと、けっこう凝っています。
d0013068_1104558.jpg

↑三条方面から縄手通りを下った所にあるスフェラ・ビル半地下のせせらぎすへら
天井が高く広々としたフロアーには、モダンでありながら、赤い座布団や掘り炬燵などもあり、和も取れ入れたセンスの良い不思議な空間が創られています。
こちらのお店は、京都の老舗和菓子屋さんで有名な嘯月の和菓子がいただける事で有名なお店。
d0013068_11211573.jpg

のこのこと午後3時頃訪れた私たちは、残念ながら嘯月さんのお菓子は売り切れで、いただく事はできませんでした (涙)
本格的な和食もいただけるようで、いつか再チャレンジしてランチと嘯月さんのお菓子を楽しもうと心に誓っております。

↑トイレを利用してビックリしたのですが・・・・・・・・・
上品な美しい~ピンクの照明を使っていて、とっても不思議な空間美!
噂によると、男性用トイレの照明はブルーとか~??
使用後、一瞬流すボタンが見つからずとっても焦りまくったのですが、良く見たら足で踏みつけるタイプで床の上にありました(汗)
by cherry2005 | 2006-12-05 11:39 | カフェ | Trackback | Comments(24)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧