<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バリでの朝食~♪

予定通り今朝~~バリ島のデンパサールにあるグラライ国際空港から所要時間約7時間で
関西国際空港へ帰国しました。
d0013068_20363837.jpg

今回利用したホテルは、のどかな田園風景が広がるウブド郊外にあるザ・チェディ・クラブ・アット・タナガジャ・ウブド
5haもの敷地にわずか20室のみのヴィラだけしかありません。
インドネシアの著名な建築家が自分の別荘として建てたものらしく、高い壁とゆったりした配置で、プライベート感抜群の大人の隠れ家リゾートホテル。
d0013068_20345879.jpg

こちらは、ロビーから入り口に向かう通りなのですが・・・・・・南国情緒たっぷりのピンク色のブーゲンビリアが可愛らしく咲き誇っていて、華やかにゲストを迎えてくれます~
広大な敷地には、オリエンタルムードたっぷりのハスの池や南国の花咲く芝生の小径が配され、よく手入れされた美しい庭園を散策しているだけでも楽しい~♪
d0013068_20522678.jpg

朝食は、プライベートプールの横にある掘りごたつ式のダイニングバレでいただきました。
お気に入りのCDを聴いたり、読書したり~無料のブロードバンドケーブルも配線されているためPCも使い放題。
とっても居心地の良い空間で、至福のオタクな時間を存分に過ごしました(笑)

d0013068_21151095.jpg


朝食には、毎回南国のフルーツが山盛り~


d0013068_21262546.jpg





アメリカンブレックファーストもあるのですが・・・・・ついついインドネシア風朝食をオーダーしてしまいます~この日はナシゴレン

d0013068_21341816.jpg

←前夜に重いディナーを楽しんだ次の日の朝食はお粥
チキンかシーフードが選べました。

d0013068_21402696.jpg




アメリカンブレックファートをオーダした時のパン
クロワッサンや蒸しパンなどなど~

d0013068_222717.jpg


←バナナの葉っぱに包まれたミーゴレン

d0013068_2241315.jpg





バナナの葉っぱを取ると、インドネシア風焼きそばが出てきます。
あっさりとした味付けで、朝食でもOK

ホテル周辺をお散歩~~♪
by cherry2005 | 2006-10-29 22:07 | 2006年バリ(ウブド) | Trackback(1) | Comments(28)

今~バリ島にいます ♪

d0013068_1595316.jpg





d0013068_1510375.jpg







d0013068_15151718.jpg





d0013068_15161699.jpg





d0013068_15183124.jpg





d0013068_15201890.jpg









  昨日~日本を脱出して、のどかな田園風景が広がるバリ島のウブドに滞在しています。
遅すぎる夏休みなのか?早すぎるお正月休みか?・・・・・・・(笑)
11月からバリは雨季と聞いていたので心配してましたが、見事に昨日も今日も秋晴れ?
湿度も低く、爽やかな良いお天気です (^^)
海外に来て、これほど何もしない日はないと言うぐらい・・・・・今日はのんびりと贅沢な時間を
まったり~と過ごしました~♪

朝は鳥のさえずりと共に目が覚め、夜は子供の時以来でしょうか~緑豊かな暗闇の田園でホタルを見かけました。
ちょっと新鮮な感動~
29日には日本に帰国する予定です。
のちほど、バリでの素敵な癒しの時間をアップしたいと思っています。
by cherry2005 | 2006-10-26 22:19 | 2006年バリ(ウブド) | Trackback | Comments(20)

 土佐堀 トゥール・モンド

d0013068_2223941.jpg
食べ歩き友達と、久しぶりに平日の夜待ち合
わせ~♪
9月の初めに会う予定が、お互いに忙しく・・・・・・
約6ヶ月ぶりの再会です。



d0013068_22273094.jpg


       アミューズは玉ねぎのキッシュ
アメ色まで丁寧に炒めた玉ねぎは、素材のお味が凝縮していて濃厚~

その夜、一緒にディナーを楽しんだお店は
大阪土佐堀にある有名なビストロトゥール・モンド
こちらのオーナー高山シェフは、フレンチの「カランドリエ」やザ・リッツ・カールトン大阪の「ラ・ベ」などで修行を積んだ本格派。
連日予約いっぱいの人気ビストロで、この日も満席状態でした。
d0013068_22511710.jpg

悩みに悩んで選んだ最初の前菜は~
      北海道生サンマの肝和え、水ナスとアボガド、リンゴ、大麦のタルタル添え
今が旬のサンマ・・・・鮮度も良く、脂が乗っていて美味しい~
d0013068_22572134.jpg

美味しそうな前菜のメニューが揃っていたので、もう一皿注文~
アンティーブのキャラメリゼとマンゴーを包んだイナゴ豆のクレープグラタン
こちらのお店の人気メニューらしく、素材の組み合わせがユニーク!
キャラメリゼが甘過ぎるのではないか?と心配しましたが、他の食材との組み合わせにより、絶妙な美味しい料理に仕上がっていました。
期待半分、不安半分でしたが・・・・・・見事にアタリの料理でした。
d0013068_23162282.jpg

実は3日ほどお外での食事が続いていていたので、少々疲れ気味~
少しアルコールを控えたいと思っていたら・・・・・キャラフェでワインがいただけるという事で、2杯ぐらいづつ~リーズナブルな価格でワインが楽しめました。
d0013068_23251353.jpg

メインは魚介類のポルトガル風煮込み
石鯛、ムール貝、ホタテ、イタ貝、カキ、オリーブやプチトマトと、素材の旨味を生かしたボリューム満点の煮込み料理。
いろんな料理にル・クルーゼのお鍋やお皿を使っていましたヨ~

d0013068_2348283.jpg
デザートは桃のコンポートと八角風味の
アイスクリーム

八角風味のアイスクリームが甘さ抑え目で、大人のデザートな感じ。

素材の組み合わせやスパイスの使い方がユニークで、1つ1つの料理がとても印象的。
1つの料理のポーションが多めなので、2人でシェアして調度良い量~
接客は、シェフの可愛らしい奥様が担当しており、親切及び適切にアドバイスして頂き、久々に会う友人とのディナーを楽しむ事ができました。
お気楽に、気の合う友人との食事にはビストロはとても使い勝手がいいですネ。
機会があったら、また違う料理で軽く~ワインを楽しみたいビストロでした~(*^_^*)


Tout-Le-Monde(トゥールモンド)
住所:大阪市西区土佐堀1-4-2 西田ビル1階
TEL:06-6444-8819
定休日:日曜日
営業時間:11:30~14:00 18:00~22:00
by cherry2005 | 2006-10-21 00:10 | フレンチ | Trackback(1) | Comments(22)

今年も人間ドックに行ってきました!

d0013068_12213832.jpg
今年も我が家の年中行事の一つ・・・・・・
1泊2日の人間ドックに行ってきました。
やっぱり4、5日前から意識して、アルコールや外食を控えたりして、夫婦共々少しでも検査結果に悪い影響を及ぼさないように節制したつもりが・・・・・・・・

今年は、オットの大幅な体重オーバーを医師に厳しく指摘され、私も一緒に説明を聞いてきたのですが~
なぜか? 私に一生懸命力説・・・・・・・
この先生は、私が毎晩オットにたくさんのお酒と高カロリーの夕食を作っている悪妻と思っているのかもしれません~(涙) この肥満は、仕事柄~外食と毎晩のお付き合いの結果なのに・・・・・・
そんなわけで、管理栄養士の栄養指導も受けて、たくさんの資料をお土産に帰宅しました。

d0013068_1255339.jpg

検査初日の夜・・・・・・お楽しみの夕食はいつもながら和食をチョイス~
先付けは、蟹身、イカ、水菜、とんぶり、菊などの和え物
d0013068_13122720.jpg

お造りは、さごし、鯛、まぐろ
さごしは、鰆の小さいものらしく・・・・表面を軽く炙ってあり珍しい~
お碗は、上に鴨ロースが乗っていて、湯葉で海老しんじょうを包んでありました。
d0013068_13223629.jpg

焼き八寸は、羅臼産極銀親子焼きってタイトルでした~
季節感があって、とってもにぎやかな八寸~
d0013068_1329515.jpg

貝柱と海老の蒸し物
山芋が入っていて薄味で、消化が良さそう・・・・・これぞ人間ドックのお料理って感じ~
d0013068_13331069.jpg

和牛の握りずし                     子持ち鮎の甘露煮
子持ち鮎の甘露煮は、想像していたものと違って薄味でお上品に仕上がっていました。
カボチャやエリンギ、カブなどと美味しく焚き合わされていました。

d0013068_134312.jpg

   ←  澤地茸昆布のお茶漬け

d0013068_1347578.jpg





               柚子のシャーベット  →

季節感のある華やかな会席料理なのですが
本音を言えば、あっさり薄味で物足りなさをいつも感じていました。
でも~よく考えてみたら、人間ドックのお夕飯ですから、低カロリーでも、食材や調理法の工夫次第では、こんなに美味しそうな料理ができると言う事なのだろうか~??
と、遅まきながら今回気づいたような気がします。

関連記事:人間ドックのお夕飯
by cherry2005 | 2006-10-14 14:04 | 和食 | Trackback | Comments(30)

夢のようなホームパーティ!

d0013068_1873566.jpg

こちら・・・・・・我が家のダイニングです~なんて一度でいいから言ってみたい  (笑)

実は9月のある夜、某ワインバーのワイン会に参加した時、たまたまお近くの席に、ワインに詳しいOご夫妻とご一緒させて頂き・・・・・・・・一緒に行った友人Mさんと4人で意気投合!
ワイン会が終わる頃には、とっても仲良しになりお互い住所交換などさせて頂きました~
「美味しいワインがたくさんあるので、一度いらっしゃい~~」と優しくお声をかけて頂きまして・・・・・・・・
d0013068_21541940.jpg

なんとなんと~初対面で出会った一週間後に、本当にご招待をいただいたのです。
ご夫婦で毎年2週間ほどヨーロッパに出かけられては、美味しいワインやお気に入りのテーブルウェアなど少しづつ買い揃えられたそうです。
この日のテーブルウェアは、ハプスブルク王朝の栄華の中で誕生し、マリア・テレジアが愛した名窯アウガルテン
日本ではあまり見かけた事のない高級洋食器・・・・・とても優雅な気分で食事がスタートしました♪
d0013068_18314650.jpg

スペインの有名な生ハム・・・・ハモンセラーノをはじめとして、珍しいチョリソなど珍味がいっぱい!
奥にあるのは、奥様お手製の黒オリープの塩漬けです。
d0013068_18382146.jpg
ご主人様が担当した鯵のお刺身やタタキ



d0013068_18402116.jpg




 ご主人様が担当したしめ鯖→
あっさりとしたお味で美味しい~
フルーティな冷酒でいただきました。

d0013068_18471740.jpg
←花咲き蟹やハマグリ、だだちゃ豆のサラダ



d0013068_1854481.jpg




       キノコのソテー  →
このお皿・・・・・100円ショップで買ったのヨ!
と奥様から爆弾発言(*_*)
高価な食器にさりげなく合わせているところが
凄い~センスです。
d0013068_1934924.jpg

フォアグラのソテー
フォアグラと相性の良い甘みのあるソースは、奥様のお母様手作りのジャムが入っているとかで
とても美味しかったです。
d0013068_19111520.jpg

ラムのトマトシチュー
優雅なアウガルテンのお皿・・・・・・シンプルだけど上品で繊細な感じが素敵です。
一皿一皿の絵柄が微妙に違っていて、お皿の裏にはそれぞれ番号が記してありました。

この日食事で利用したお部屋には、イタリア製のシャンデリアや家具などが揃っており、気分はもぉヨーロッパって感じ~♪♪
ワインや音楽に詳しい優しいご主人様と、お料理やガーデニングがお好きな明るい奥様~
本当にご夫婦で、人生を貪欲なくらい前向きに楽しまれており、会話の楽しさに時間が立つのも忘れてしまい、すっかり長居してしまいました。
「ワインはどんなワインを飲んだかより、どの人と楽しんだかが大切」という言葉が印象的~
あの夜4人で、ご夫婦が厳選してくれた美味しい~ワインを4本を開け、冷酒を少し・・・・
私は次の日すっかり二日酔いでした(*^_^*)

こんなに素敵なご夫婦と出会えた事に感謝、感謝~です!
by cherry2005 | 2006-10-05 19:57 | ワイン会・お家ごはん | Trackback | Comments(38)

鴨料理の竹亭 赤坂店

東京赤坂にある鴨シャブ料理が有名な竹亭にオットが連れて行ってくれました~
久々の赤坂の夜・・・・・・・高級そうな焼肉屋さんが建ち並び、街角にはエキゾチックな顔立ちの美しい女性達がチラホラ~~やっぱり大人の夜の街だワ~★
d0013068_110622.jpg

関西に来てから、こちらのブログをやっているお陰で、美味しいお店は私の方が断然詳しくなりましたが、東京ではやっぱりオットの方が圧倒的に詳しい~
d0013068_111145.jpg

鴨ネギ
すき焼き風の甘辛い味付けで、シャキシャキしたネギと柔らかい鴨のモモ肉との相性が抜群~
ビールがどんどん進みます。
d0013068_11171859.jpg

鴨ささ身ワサビ和え
こちらのご主人~常にパワフル全開な熱い人・・・・・
気持ち良いくらいサッパリとしたスキンヘッドなので、一見強面な感じですが、満面に笑顔を湛え、料理の説明など熱く語ってくださいました。
元々は名古屋でお店を経営していたのですが、5年前に東京に進出されたそうです。
d0013068_11184183.jpg

鴨のタタキ
鴨のムネ肉を藁でいぶしたタタキで、ポン酢でいただいたのですが、これも絶品!

d0013068_112966.jpg
←メインの鴨シャブの登場。
こちらの鴨は、宮内庁御用達の上質の国産鴨を使用しているそうです。

d0013068_11325771.jpg




           鴨肉の風味をそこなわないように、タレはくるみダレと薬味はたっぷりの山椒。




d0013068_11375960.jpg

今まで鴨肉って脂っぽいイメージがあったのですが、こちらのは柔らかくってヘルシー
いくら食べても胃もたれしません~
d0013068_11493699.jpg
裏メニューの卵焼き
鴨からとった出汁と鴨肉が入っていて、関東風の甘辛い味付け。
私は、この卵焼きに感激しました~♪♪

d0013068_11532733.jpg




鴨シャブの最後の〆は付け麺
にんにくとニラのスープに、細麺を付けて・・・・・
さっぱりとしていて美味しい。
by cherry2005 | 2006-10-01 12:09 | 和食 | Trackback | Comments(20)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧