<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ホテルニューオータニ大阪 「サクラ」

d0013068_18581551.jpg憧れ~のフレンチだったサクラに行ってきました~
世界的高級店、パリの「トゥール・ダルジャン」
東京支店でシェフを務めていたフランス人シェフ、
ドミニク・コルビシェフの独創性豊かな本物のフレンチは、なんでも関西の至宝とか~
最初にいただいたピンク色のシャンパンと共に
シェフが選んだウォーターグラスがモダンでとても
素敵~です。
接客スタッフも、輝かしいぶどうバッチのソムリエぱかりで、その多さにビックリ!

d0013068_20203616.jpg

アミューズはセロリのムース チキンコンソメのジュレ寄せ
d0013068_20245647.jpg

前菜は、赤座エビのサラダ仕立て生姜香るグリオットドレッシング
いろいろな穀物やシーフードと共に、生姜の風味がとても爽やかで新鮮でした。

d0013068_20323284.jpgその日頂いたワインは、シャトー・ポンテ・カネ 1999
私たちには高かったけど、サクラのワインリストの中では庶民派みたいです~
恋人同士だったら、「私のために~こんな高いワインを選んでくれたワ~」と単純に喜びそうだけど、今は運命共同体になってしまったので・・・・ソムリエと夫がワインリストを見ながら相談しているのを横目で見て、正直~おすまししながらも、気が気ではなかったです~(^_^;)

以前TVでソムリエの田崎真也さんが、レストランに行った時
「軽くてあっさりしたもの・・・」と言ったら比較的リーズナブルなワインで「しっかりした重みのあるもの」と言ったら、お高めの物をソムリエは考えると言っていた事を思い出しました~
(夫に早く教えておけばよかった・・・・ 汗)
d0013068_2121712.jpg

蝋燭の明かりにかざして、オリがデキャンタに入らないように注意しながら注ぎます~
なぜか?ソムリエってみんなスマートで素敵な人が多いワ~
採用枠に容姿端麗っていうのもあるんでしょうか(笑)1人・・・・俳優の八嶋智人さん似のソムリエが
お茶目でした~
d0013068_21133113.jpg

新緑鮮やかな豆と野菜のクリームスープ
クリーミィな美味しいスープとチーズ風味の可愛らしいグジュールがとても相性がいいです。
見た目も斬新で楽し過ぎます~
d0013068_21212665.jpg

メインは乳飲み仔羊のソティトマトとなすの花飾り
子羊なのにクセもなく~とろけそうな柔らかいお肉でした~
d0013068_21313652.jpg

ワインも残っていたので・・・・・相性の良いチーズをいくつかいただきました~
名前はすっかり忘れましたが、山岳地帯に住んでいる牛のチーズとか言っていたような??
d0013068_21453137.jpg

デザートは、りんごのスフレグラッセとバニラアイスリンゴのコンフィ
右はプティ・フール

関西では高級フレンチで有名ですが、以外にも店内の内装や雰囲気は普通というか、落ち着い感じのノーマル系でした~
接客も、とってもアットホームな感じで思ったより~お気楽でフレンドリーな感じ。
デサートを食べている時に、わざわざコルビ氏が流暢な日本語でご挨拶に来られ・・・・レストランをでる時も、ご丁寧に見送ってくださいました。(お忙しいのに恐縮~恐縮・・・・・)
by cherry2005 | 2006-05-29 21:56 | フレンチ | Trackback(2) | Comments(18)

宝塚~のんびり散策♪

宝塚の近くに住んでいるお友達Mさんと・・・・・・・・のんびり宝塚を散策してきました~
今回宝塚は2度目なのですが、阪急宝塚駅から宝塚大劇場に行く通りは「花のみち」と言って綺麗な花壇がたくさん飾ってあり・・・・・思わず覘きたくなるような雑貨屋さんやお花屋さんがあったりと、私たち女性には、とても楽しい雰囲気の街並みに造られているなぁ~と感心してしまいます。
d0013068_192074.jpg

以前宝塚に来た時・・・・・・深い緑の外観が素敵な紅茶専門店SARAH(サラ)が気になっていました。次回来るときは、必ず立ち寄ってみたいと思っていたので・・・・早速今回お茶してきました。
d0013068_1912728.jpg

予想していた通り~店内は女性なら誰でも喜んでしまいそうなお花畑の世界です~♪
可愛らしいアンティークな雑貨や調度品なんかが飾られ・・・・・とっても素敵な雰囲気。
d0013068_19172027.jpg

ベリーたっぷりのケーキとイチゴのタルト
食べ応え充分のボリュームのあるケーキ・・・・・・美味しい~ロイヤルミルクティでいただきました。
関西に来てから、こんな雰囲気の素敵な英国風カフェを何ヶ所か~見つけました。
家の近所にあったら・・・・ついつい通ってしまいそう~(本当に通ったら太りそうだけど・・・)

TEA HOUSE SARAH (サラ)
宝塚市栄町2-1-1   TEL  0797-86-1615
営業時間   9:30~20:00   水曜日休み

d0013068_19301116.jpg

私の我がまま~気ままを言わせてもらい、急遽 宝塚ガーデンフィールズ内にある英国
ナチュラル庭園
を散策してきました。
この季節・・・・・水辺には、涼しげに可愛らしいハスの花が咲き始めていました。

d0013068_20143991.jpg
今月28日まで、フラワー&ローズショーが開催されており、バラの魅力いっぱいの楽しいイベントが開催されているようです。

← モリニュー
オレンジ色の輝くような黄色いイングリッシュ
ローズ。
英国王立バラ協会のローズオブザイヤーと香り
バラ賞を同時に受賞した、優等生らしい~

d0013068_20154564.jpg
大きな古い木の根元に咲いている
可愛らしい花たち        →
妖精たちの世界へというタイトルが素敵~


d0013068_20205877.jpg



 ← メアリーローズ
美しいピンク色がキュートで、とても良い香りがしました。



d0013068_2033144.jpg

ロビニア・アーチのロングウォーク
明るい黄緑色の葉が・・・・・・・とても色鮮やかで、目にも美しく気持ちが良いです~
葉陰からこぼれる陽射しと爽やかな風を楽しみながら・・・・・・その日の予定を大幅に変更してしまい、すっかり長居してしまいました・・・・・・Mさんごめんなさい(^_^;)

こちらの庭園は、TVや雑誌でも活躍中のガーデンデザイナー、ポール・スミザー氏によるもので、
四季折々に1500種もの植物が楽しめるそうです。
庭園内には、ベンチやちょっと腰をかけられる石段などがあり、読書をしたりスケッチや写真撮影を楽しんでいる人など、思い思いに素敵な時間を過ごしていましたヨ~
by cherry2005 | 2006-05-25 21:19 | カフェ | Trackback | Comments(26)

北海道物産展 (阪急千里)

先週阪急梅田店で催していた北海道物産展に行ったのですが・・・・・あまりの人、ひと、ヒト・・・
と並んでいる行列に怖気づいてしまい、早々に退散してきました( ̄。 ̄;)

しかし~関西の人は北海道物産展に熱狂的過ぎると思っている私も・・・・阪急の広告を見ては、
赤ペンでお目当ての物にチェックしている自分がいたりして・・・・・笑
出店する商品はかなり少なくなるようですが、阪急千里店でも先週17日からやっているみたいだったので、昨日ノコノコと買出しに行ってきました~
d0013068_1045595.jpg

午前中のうちに行けばお目当ての物を買えるだろうと、甘い~考えで11時30分頃到着したら、
お目当てのル・タオストロベリードゥーブル小樽ジャージープリンふらの牛乳プリンなどは完売でした (涙)
開店30分で完売だったとか・・・・私のように梅田で買えなかった人たちが買いに来たのかしら?
わずか数えられるほどに↑ル・タオの定番ドゥーブルフロマージュが残っていたので購入~
いろんなブロガーさんで紹介されていた、憧れのチーズケーキだワ・・・・・
d0013068_118954.jpg

上質なクリームチーズとマスカルポーネチーズを二層にして、スポンジクラムでくるんでいます。
しっとり、まったり、濃厚だけどしっつこくない・・・・味わい深い絶妙なる二重奏が本当に美味しい♪
さすが・・・・多くの方に指示されているだけの話題のチーズケーキです~
d0013068_1114345.jpg

次の戦利品は、札幌雑魚亭の海の饗宴
ズワイガニにウニ、いくらに甘エビやホタテ、イカに卵焼きと海の幸たっぷりの贅沢なお弁当です。
幸いな事に私が行った時は・・・・・催事場のフロアーは閑古鳥状態で、どこも並ばないでスイスイ買えました。ズワイガニも試食させてもらったし・・・・・・・・
(梅田店と比較するとこの落差・・・・申し訳ない感じ)

d0013068_11275447.jpg
ロイズ生チョコレート「オーレ」

一粒一粒が繊細で優しい口どけ~♪
一粒口の中に入れる事に・・・・・・まろやかな幸せを感じます~




d0013068_11362346.jpg










六歌亭マルセイチーズ&ビスケット

ビスケットとレアチーズが別々になっていて・・・・自分で好きなように食べられるという商品。
私はずぼらなんで・・・・・最初からサンドされている定番のバターサンドの方が良かったかも~

なんと~今朝の新聞広告の中に大丸梅田店が
明日から北海道大グルメ祭をやるらしい・・・・・
関西地方は今、北海道物産展強化月間なのだろうか?
by cherry2005 | 2006-05-23 11:56 | 美味しいもの・スィーツ・パン | Trackback | Comments(30)

Recette(ルセット)でランチ

d0013068_2395375.jpg

神戸北野にあるフレンチの名店Recetteで、お友達のTさんとランチしてきました。
こちらのお店に行くのに、ちょっと迷いました~~
お陰で、北野にはインドレストランが以外に多いという事を発見し、ウロウロしている間にサリーを着たインドの女性を見かけたり・・・・・
異人館街にはインド・イスラム様式のモスクもある事を知りました。
最近、イスラムの魅力に取り付かれているワタシ~

ようやくRecetteを発見!隠れ家的にひっそりと、お店はマンションの地下にあったのですヨ~
d0013068_23241440.jpg

こちらは、各コースがプリフィックスメニューになっていて・・・・とても楽しめます~
アミューズは、豚肉のリエット・バルサミコソース添え
リエットは口当たり滑らか~上に乗っている三角帽子はパイ生地でパリパリでした。
プロ級の料理の腕前を持つTさんは、自宅でもワインのお供にリエットを作っているらしい (*'o'*)o
d0013068_23303750.jpg

前菜は、根室産タラバガニ・オニオンコンフィのクラチネ
7、8種類の中から選ぶのは・・・・・どれも美味しそうで、本当に迷います~
こちらのお店の定番の海の幸たっぷりのサラダハーブ風味が、凄い~ボリュームで美味しそう!
(つい隣の方が注文していたのを横目で見ちゃいました~) (;¬_¬)

d0013068_23462575.jpg

中身は、タラバガニがたくさん入っていてクリーミィ~
付け合わせの野菜には、今が旬の山菜・・・・・こごみがあったりと食べ応え充分~
d0013068_23544541.jpg

魚料理は前浜産ひらめのポワレマニゲットとクミンのソース
茄子がとっても芸術的で・・・・・・ひらめのお側で踊っています~
ソースが個性的でカレー風味でした。
d0013068_23595040.jpg

肉料理は豪産シャロン仔牛ロース肉のポワレ・ピエドコションと粒マスタード
こちらのお料理のシャープで個性的な盛り付けに目が釘付け~
d0013068_055788.jpg

ミディアムでお願いしたのですが、この美味しそうなピンク色にウットリ。
お肉が柔らかくジューシーで美味しい~
d0013068_091512.jpg

デザートも・・・・・・選ぶのに悩みました~
思い切ってこちらの定番と記載されていたのでイチゴのクレームとフロマージュブランのソルベ銀の飴糸を纏って
華麗なる飴細工を見せて頂きました~Tさんにも手伝ってもらったけど、この銀の飴糸は完食できませんでした。
d0013068_0284835.jpg

銀色の飴糸を取ってみるとこんな可愛い感じのデザートです。
右側は、お茶と共に焼き菓子などのプティフール

接客は、笑顔が素敵なマダムと若い女性2人で行っており、その日は満席状態で忙しそうでした。
12時に予約を入れて食事をスタートしたのですか゛、かなりのんびりしたペースで料理がサーブされるので、3時ぐらいに予定を入れていたら、気分的に焦りそう(笑)

野菜は有機栽培、魚は瀬戸内海の天然物を使用しており、多彩で新鮮な食材をいつも揃えているようです。
どの料理も安定した内容でハズレがなく・・・・・・繊細で優しい~フレンチ。
お皿の上の芸術品を見ているようで、一皿、一皿が美しい~
フレンチの力強さやパンチのある料理、サプライズを好まれる方には、少々物足りないかもしれません~が、プリフィックスメニューを取り入れているので、アラカルトで食事をしたような満足感や楽しみがあり、とても良心的で利用しやすいお店だと思います。
by cherry2005 | 2006-05-20 00:51 | フレンチ | Trackback(1) | Comments(24)

映画 かもめ食堂

今日は朝から雨が降り続け、肌寒い一日でしたが・・・・・・以前から観たかったかもめ食堂
観に行ってきたおかげで、ほのぼのとした気持ちで、癒されて帰って来ました。
レディースディとい事もあり、圧倒的に女性客で満席状態~
あんまり宣伝しているわけでもないのに、なかなかの人気ぶりでした。

北欧の港町・・・・フィンランドの首都ヘルシンキで、主人公の日本人女性サチエさん(小林聡美)が、ヘルシンキの人にウケルような妙な和食ではなく、純粋な和食を作るかもめ食堂をオープンさせた時から物語はスタートします。
例えばおにぎりの具だったら、シーチキンマヨとかじゃなくって・・・・・あくまでも、梅干、おかか、
昆布にこだわっていたりして~(笑)
d0013068_19403689.jpg

そこに日本から観光でやってきたミドリさん(片桐はいり)や謎めいた魅力のマサコさん(もたいまさこ)たちが加わり、適度な大人の距離感を保ちながら、穏やかで温かい交流が生まれていき
ます・・・・

そして、地元ヘルシンキの人々も・・・・・・いろいろな人生を背負いながら、1人また1人と、美味しいものが食べられて、居心地の良いかもめ食堂に吸い寄せられるように集まってきます~

北欧の機能的でシンプルな家具や、静かで穏やかなフィンランドの人々の豊かな暮らし、センスの良い調理器具や食器なども~いい感じ。

決して気負う事なく~淡々と穏やかに過ごしているようだけど、自分の考えがブレる事なく、凛とした潔さを併せ持つ主人公の生き方が魅力的。
こんなふうに生きていきたいワ~


d0013068_20222072.jpg
先週、この映画を観に行っていたkero-kero3さんからは、おにぎりかシナモンロールをお供に~とアドバイスを受けた意味がようやくわかりました。
映画を観てから・・・・スタバに寄って甘い~シナモンロールを早速注文。
(ちょっとこれ~デカ過ぎ)

この映画を観ると、トンカツや鮭の塩焼きなんかも無性に食べたくなります。

そしてこれからは、丁寧に心を込めて
コーヒーを入れようとか、食べる人に喜んでもらえるような美味しい料理を作ろうという気持ちが沸々と湧き上がってきますヨ~(*^_^*)

家に帰ると・・・・・・
by cherry2005 | 2006-05-17 20:38 | エンターティメント | Trackback(2) | Comments(22)

バンジャーラ 梅田店

d0013068_20435730.jpg

大阪の梅田にあるインド料理レストランバンジャーラへディナーに行ってきました。
スタッフはインド人スタッフのみで・・・・・日本人スタッフは1人もいませんでした。
↑の方がマネージャーさんでしょうか?日本語が達者で、フレンドリーな接客が楽しい~
(写真を撮って~とリクエストがあったのでパシャリ~)

バンジャーラとは、現在のインド南西海岸部に住む移住民で、ジプシーと呼ばれる人たちの事を
いうらしい。この店に行った後・・・・いつも夫は「ガンダラー」の歌を「バンジャーラ♪~バンジャーラ♪~」と替え歌にして数日歌っているので、ちと~恥ずかしい ( ̄- ̄;)
d0013068_20494655.jpg

店内はかなり暗く・・・・インド音楽のBGMに、ゴージャスな内装や調度品などなど~
まるでインドみたいで楽しい!(インドには行った事はありませんが~)
d0013068_20545514.jpg

最初に、マハラジャビールのお供にパパタダ(インド風せんべい)を注文。
ミント風味のヨーグルトソースを付けて食べるところが、昨年シンガポールのインドレストラン デリーで食べた時と同じみたいです。
おせんべいは、見かけ、呼び方が微妙に違いました~
d0013068_2116175.jpg

今回はバンジャーラコースを注文。    こちらはサモサ
友人がサモサが大好き~と言っていた事を思い出しました。こちらのは、中身はカレーコロッケみたいな感じで、衣はサクサク・・・・・お店によっていろんなお味があるらしい~
d0013068_2126462.jpg

左のはシークカバブ
トルコのシシ・ケバブとほぼ同じだと思いますが・・・・さすが日本で食べるものは、羊肉のクセもなくマイルドな味付けで食べやすい~
右側のは、エビ好きの夫がいつのまにか追加で注文していたエビのタンドリー。今までチキンしか食べた事なかったけど、シーフードもいけます。
d0013068_2136258.jpg

タンドリーチキン
鉄板の上で熱々~ジュウジュウでお肉も柔らかく美味しい~
d0013068_21404439.jpg

チキンとベジタブルのカレーをチョイス。
お好みの辛さレベルも聞いてくれます。ナンはフワフワで、バターの風味が美味しい。
お腹がいっぱいで、ナンを残していたら・・・・お店の方に「持ち帰りますか」とお声をかけて下さり、丁寧に包んで頂きました。些細な事ですが、こういうのってとっても 嬉しい~

d0013068_21493421.jpg
デザートはマンゴーソースのアイスクリームとマサラティ
比較的リーズナブルな価格で、お腹いっぱい食べられるインド料理。
こちらは、大きなタンドールで焼き、インド直輸入のスパイスを使った熱々のタンドリー料理と、フワフワで柔らかいナンが美味しいお店~
by cherry2005 | 2006-05-14 22:02 | その他・無国籍料理 | Trackback(1) | Comments(18)

ホテル日航大阪  銀杏でディナー

d0013068_2112139.jpg

ある日の夕方、突然夫から電話が・・・・・・・・
「利用クーポン券がほんの少し~残っていて、もぉ明日までしか使えないみたい・・・・・」という事で、焦って心斎橋にある日航ホテル大阪に食事に行ってきました~
フレンチやイタリアンにすると高くなりそうだから、恐る恐る鉄板焼きの銀杏に行ってみたのですが・・・・・・あんまり変わらなかった感じ。
d0013068_21193341.jpg

前菜の盛り合わせ
スモークサーモンや牛のタタキにイカやカニのサラダなど・・・・お上品に少量づつ~
串カツ
プリプリのエビと白身魚・・・・・・・・大阪らしい~~都内にある日航ホテルの銀杏でも出しているのだろうか?と素朴な疑問でした(笑)
d0013068_21272369.jpg

注文時、黒毛和牛コースシーフードコースを別々に頼み、2人でシェアして食べたい~と言ってみたら快く承諾してもらったのです~(言ってみて良かった)
高級な車エビが鉄板の上に乗せられ・・・・・残酷なようですが、美しい色に変身していく姿が
素敵~
手前のは、クラムチャウダーを鉄板で温めているところ
d0013068_21375683.jpg

レンズ豆入りのクラムチャウダーでした。
ホタテと鯛の鉄板焼き
見ていたら・・・・・たっぷりのバターと白ワインでコクのあるバターソースに仕上がっていてカロリー
高そう~
d0013068_21433723.jpg

まずはシーフードから登場・・・・
アワビに車エビ、貝ガラの中には、たっぷりの白ワインをふりかけて蒸し焼きにされているアワビのキモが隠れているのですヨ~待ち遠しいワ!
d0013068_223227.jpg

あわびのキモって・・・・ちょっと苦味があってコリコリした食感が美味しい~
d0013068_21512847.jpg

最後に登場~黒毛和牛フィレ肉
とっても上質そうだったので、レアでお願いしたのにミディアムぽくって残念。
でもお肉は、口の中に入れたらとろけてしまいそうな食感で美味しい~
d0013068_221252.jpg

d0013068_2215231.jpg
デザートはイチゴとデコポン
食べやすくカットされていて嬉しい~
こうゆうのお家でも真似したいなぁ・・・・

にんにくをガンガン使っていたので、最後にミント味のキャンディを頂きました。
ホテル内のレストランというだけあり、食材も接客も値段も一流。
微々たる利用クーポン券が残っているからと、景気良く注文してみたら、半分以上自腹になり、かなり赤字になってしまいました ( ̄▽ ̄;)!!ガーン
by cherry2005 | 2006-05-11 22:24 | 和食 | Trackback | Comments(22)

ホワイトアスパラガスとオランデーズソース

d0013068_2103997.jpg

京都の錦市場で購入した春の味覚・・・・・・ホワイトアスパラガス

いつもスーパーで買うグリーンアスパラガスの4倍の高値でした~~(汗)
でも今の時期しか出回らないし、味も香りもグリーンアスパラガスと比較したら、優しく繊細な風味や食感は魅力的。
一年中缶詰はあるけど、柔らか過ぎてあの食感はちょっと・・・・・・私は苦手でして~

どうやって食べようかいろいろ悩みました~
茹でたアスパラに単純にマヨネーズをかけて食べるのも芸がないし、バターソースとも考えたのですが・・・・・・ちょっとお洒落に、フレンチ風にオランデーズソースを作ってみました。
卵黄とバターのソースなのですが、優しいお味なので・・・・・・ホワイトアスパラガスの甘さとほろ
苦さをうまく引き出してくれて~幸せ!

d0013068_2128469.jpg
本当は、適度に冷えた白ワインでも飲みたいところですが、冷蔵庫にベルギー
ビールがあったので、こちらをお供にいただきました。
今回飲んだヒューガルデン・ホワイトは、生きた酵母をそのままビン詰めしているため、淡い乳白色のフルーティな
ビール。
私はレモンを絞って飲むのが好き~
あっさりとした魚料理なんかと相性がいい感じです。

オランデーズソース
by cherry2005 | 2006-05-08 21:51 | ワイン会・お家ごはん | Trackback(6) | Comments(22)

船場吉兆 心斎橋店のカレー

GWの真っ最中ですが、皆様、美味しく楽しくお過ごしでしょうか?
今年は珍しく・・・・・・私は何にも予定を立てずに、自堕落な日々を過ごしております~
d0013068_2112234.jpg

大阪心斎橋のOPA10Fにある船場吉兆に和風カレー(2100円)を食べに行ってきました。
吉兆と言えば・・・・政財界御用達の雲の上の高級料亭と言った印象ですが、こちらでランチのみに吉兆特製の和風カレーを限定20食 出しているとか~

d0013068_2118594.jpg
随分前に雑誌で見かけてから、一度食べてみたいと恋焦がれていました。
注文すると、ひょうたん型の器がドド~ンと出てきます。
カレーなのに4段重ねの重箱?
いったい何が~どのようにカレーという料理で出てくるのか?

d0013068_2141740.jpg

一番上には、よもぎ豆腐・・・・・・さすが一流料亭だけあり、よもぎの風味とまったりとした濃厚な
食感が絶品。
その下には、温泉卵がありました。
d0013068_2145737.jpg

3段目は香の物3種類。
一番下は、擦りたての香ばしい白ゴマが上品にかかったご飯でした。
d0013068_2151754.jpg

待ちに待っていたカレーは、鍋焼きうどんでも食べられそうな土鍋に熱々で登場~
ご飯の上にかけて食べるべきか?とっても悩みましたが・・・・・別々に食べてみました。
d0013068_21541610.jpg
←実はこんなに具沢山なのです~
(随分前の雑誌Hanakoより)
かつお節と昆布で丁寧にダシを取り、黒酢や西京味噌などを隠し味に使っているそうです。
和風ベースで、まろやか~
常に旬の野菜を10種類ほど使用しているという事で、今回はレンコンやブロッコリー、茄子にさつま芋・・・・栗や松の実なんかも入っておりボリューム満点。
三田牛の薄切りロース肉がヒラヒラといっぱい入っていました。
お味が、かなりあっさりしているので・・・・・・・・ご飯と一緒というよりは、シチューのような感覚で
単品で食べた方が私は好み~
d0013068_22111766.jpg

デザートは、いちごのアイスクリームにカシスソースとクルミが乗っかっていました。
ガラスの器がとても素敵~~
食事を終えた頃・・・・・こちらのマネージャーらしき男性が、各テーブル毎に挨拶に回られ、丁寧に食後の感想を尋ねられておりました。
カレーを食べたというよりは、手の込んだ味わい深い和食をいただいたという印象でした。
by cherry2005 | 2006-05-05 22:31 | 和食 | Trackback | Comments(26)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧