<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マルメゾン

美食家マダムRさんに誘われて、大阪のホテル阪急インターナショナルにあるフレンチレストラン
マルメゾンにランチしてきました~
以前から有名だったので、お店の名前は聞いていましたが・・・・・
夜お邪魔するにはかなり~勇気がいるので、まずはランチで伺ってみました~
d0013068_11594013.jpg

待ち合わせした25階アトリウムロビーが凄い~天井は美しいステンドグラスになっており、アンティークな家具やオブジェなどが飾られ、ちょっと豪華なギャラリーみたい~
同じフロアーには、吉兆があったり素敵なカクテルラウンジーがあったりと、優雅なランチタイムの
序章がここからスタートします。
d0013068_12164117.jpg

アミューズは干ししいたけとエビのゼリー寄せ
目にも涼やかでほんのり優しいお味~
店内は、比較的明るめのお上品な正統派フレンチレストラン・・・・とても落ち着いた空間です。
d0013068_12363112.jpg

冷たい前菜は真鯛と車エビのハープ風味ジュレ寄せ
黄色い柑橘系のソースとグリーンのそら豆の飾りつけが可愛らしい~
d0013068_12345131.jpg

温かい前菜は帆立貝とラヴィオリ仕立てのシャンピオニン風味のコンソメ・カプチーノスープ
柔らかいラヴィオリの下には、帆立貝が隠れており・・・・いろいろな素材の旨みが複雑かつ繊細にコラボレーションされていて、お上品に仕上げられた美味しいスープでした~
d0013068_12511923.jpg

真鱈のフィレ・ソテーサフラン風味蟹のクリーム添え
鱈も料理しだいで、こんなに美しく柔らかくく生まれ変わるものかと驚き~
春らしい爽やかな季節感のある一皿。
蟹のクリームと付け合わせのポワロー葱の相性がいい感じ~
d0013068_12585736.jpg

牛フィレ肉のポワレ 胡桃サラダ仕立て赤葡萄酒ソース
お約束どうりお肉も柔らかく~ソースがほんのり酸味があって濃厚で美味しい~
一皿、一皿が・・・本当に目も舌も、一級の美しい芸術品を堪能したような気分でした。
d0013068_1391092.jpg

季節のソルベ・・・・・・・・4種類全部お味見しました~
手前からバニラ、シナモン、ストロベリー、マンゴー
特にマンゴーが濃厚すぎて旨過ぎ~
d0013068_1195829.jpg

ワゴンデセール
d0013068_1112090.jpg

残念ながらかなり満腹状態だったので、控えめにホワイトチョコとほうじ茶のケーキと栗の
オペラをチョイス
。このラブリーでキュートなソース~~感激ものでした。
d0013068_13195681.jpg

最後にフランス小菓子が出てきて・・・・・夢のような美味しい時間の終章が近づいてきました~
食べたいのが山々でしたが、チョコ一個ぐらいしかつまめなかったのが残念。

こちらの接客がとても素晴らしくって、居心地が良過ぎて随分長居しちゃいました~
控えめながらもポイントを外さないサービスと、一定の距離感を保ちながら温かい親切な接客。
料理は、繊細で軽やかな優しいフレンチといった印象~
フルコースで頂いても、全然胃に負担がかかりませんでした。

場所柄バシバシ写真を撮っていたら睨まれそうな感じですが、わざわざお仕事の手を止めてまでも避けてくれたり・・・・・こちらが恐縮するくらい、温かなおもてなしをしていただき大変感謝です~
非日常的な優雅な時間~~決して安いお値段ではありませんが・・・・・
「今日は素晴らしい時間を過ごす事ができたから、明日から家族のために笑顔で頑張る事ができるワ~」と帰り際マダムRさんが言った言葉に同感~
by cherry2005 | 2006-02-25 13:30 | フレンチ | Trackback(2) | Comments(29)

玄品ふぐ

d0013068_12391572.jpg

大阪や東京などを中心に店舗を展開しており、比較的お手軽な価格で美味しいふぐ料理を食べさてくれる、家の近所の玄品ふぐさんに久しぶりに行ってきました。
そう言えば、去年の8月以来かも~
こちらに引っ越して来た時、不動産屋さんのおじさんも「ここ美味しいですワー」と言っていたのが印象的。私の住んでいる半径100m圏内にもう一軒ふぐ料理屋さんがあり、大阪の人は本当に
「ふぐ」が大好きなんだなぁ~と思います。
大阪では、「ふぐ」「鉄砲」と言われており・・・・・・・意味的には、「ふぐ」も鉄砲に当たれば死ぬというシャレの効いた大阪人ならではのネーミングらしい。
ふぐ鍋の意味として「てっちり」とは、「鉄砲のちり」が縮まったもので、ふぐを湯に付けると「ちりちり」と縮む様子からきているみたいです。
d0013068_1342399.jpg

ぶつ刺しとてつ刺
左側のぶつ刺しは、大胆に厚切りなので・・・・食感がコリコリ食べ応えがあります~
もみじおろしとたっぷりのネギとポン酢の相性がいい感じ~
生の白菜が下に敷いてあって・・・・・以外に甘くって美味しい。
d0013068_13105659.jpg

焼きふぐ
いつもなら唐揚げ食べていますが、今日は初めて小さな七輪ででジュージュー焼いたもの食べてみました。予めピリっと辛い味が付いていて、芳ばしくってビールと相性がいい~
本当は白子も焼いて食べたかったけど、その日は残念ながら無かったんです~
d0013068_13173472.jpg

ヒレ酒と泳ぎてっちり
日本酒に、ふぐのヒレを芳ばしく焼いたものを入れて火を付けると・・・・風味がさらに増してきて
美味しい~つぎ酒をして二杯も飲んでしまいました。
d0013068_13231068.jpg

泳ぎてっちり鍋
こちらは紙鍋を使用しており、紙鍋は耐水・耐火性があり見た目も美しくって清潔な感じ~
なんと紙鍋の歴史は古くって・・・・・江戸時代に誕生したらしい。
d0013068_13295316.jpg

雑炊
お鍋を食べ終わった後の極上のスープに塩、醤油、卵をフワット入れて作る・・・・最後のお楽しみ。どんなに満腹でも、これは外せません~~旨過ぎ。
d0013068_14171655.jpg
最後にデザートのアイスクリーム。細かいアーモンドが入っていて、ほんのり甘くって美味しい!
このシブイ器は備前焼き?

実はこちらに行った一週間後・・・・・
「てっちり半額で奉仕」 なんてチラシが入っていて、もぉ一週間待てば良かったとチト悔しい~~思いしました(笑)
庶民的価格で、お気軽にふぐを食べさせてくれる功績は大きい~☆
by cherry2005 | 2006-02-22 13:40 | 和食 | Trackback(2) | Comments(18)

マンマ・ミーア!

d0013068_1325742.jpg
昨晩は、大阪四季劇場で連日開演している劇団四季の
マンマ・ミーア!を観てきました。
予め当日のキャストって確認しないで観にいったら、偶然にもターニャ役に・・・・おもいっきりTVでもお馴染みの前田美波里さんが出演していました。(前々から観たかったの~)
他の出演者と比較すると、ひと際目立つ長身とプロポーションの良さ。50代後半なのに、鍛え上げられた背中の筋肉美に魅せられました(笑)

1970年代に全世界を魅了したABBAの懐かしいヒット曲で構成されており、コミカルで楽しいハッピーエンドなストーリ。何も考えずにストレートに理屈抜きで楽しめるミュージカル。

これだけ楽しいステージだと、日々の憂鬱な事もほんの
些細な事に思え・・・・・作品自体から元気のパワーやポジティブなエネルギーを頂いた気分。
落ち込んでいる時に最高のミュージカルだと思います~
エンディングでは、迫力あるABBAのヒット曲を披露・・・・・・・舞台と観客席が一体となり、いつまでも歓喜の拍手が鳴り止みませんでした。
久々に胸の高鳴りを押さえ切れないような興奮を感じました~


d0013068_13372962.jpg


3年前、NYのブロードウェィでもマンマ・ミーア!を観劇した時の事が・・・鮮明に思い出されました。
あの時は、主役のドナ役の女優さんのパンチの効いた声量の広さや、他のキャストとのハーモニーの美しさに感動し・・・・・本物のABBAより上手いと感激しました。
どうしてもABBAの曲って、あまりにも英語で聞き慣れ過ぎているので・・・・今回の四季の舞台では、日本語に訳された曲に少し不自然さや無理を感じたのは残念~
今考えると、劇団四季で細かなストーリーを把握し、ブロードウェイで舞台を観るっていう順番が最高だったかも(笑)

d0013068_13481047.jpg

ブロードウェイの舞台を観た帰りに、あまりにも綺麗だったので有名なラジオシティ・ミュージックホールをパチリ!
ちょうどクリスマスシーズンだったので、クリスマス気分を盛り上げるおもちゃ箱のようなデコレーションが華やか~~エンターティメントの本場ブロードウェイは、24時間舞台のように輝いていている熱い街でした。
by cherry2005 | 2006-02-19 14:14 | エンターティメント | Trackback(1) | Comments(16)

ビランチャ 梅田店

d0013068_20371486.jpg
大阪梅田の茶屋町に昨年10月にオープンした
NUビル8Fにあるビランチャにディナーで行ってきました。
以前行った南森町のビランチャ本店と違い、こちらは全席110席と・・・・・レストランウエディングもできるほどの大バコ店。
予約もせずに夜8時30頃行ったら、運良く席が空いていてすんなり入店できましたが、10分遅かったら・・・・・・・・お店の外には5人ほどのお客さんが待っていました。
改めて、人気店である事を実感!
d0013068_2153759.jpg

私達が案内されたお席は、入り口近くの個室のような区切られたフロアー。
奥に女性だけの5人グループ、手前にはカップルが座っており、私たちはその真ん中の席だったのですが・・・・・・・・嫌な予感は的中!
その女性グループは、食事中携帯は使い放題、いっせいに笑ったときの爆音がもの凄い~!
あの大爆音はいったい何デシベルなんだろう?きっと凄い大音量だったと思います。
途中でめでたく帰ってくれたから後半は・・・・・平和で穏やかに食事をする事ができましたが、前半は地獄の騒音の中で耐え忍んだ食事になってしまいました (涙)
こちらは居酒屋さんとは違って一応リストランテなので・・・・・その場にふさわしい声の大きさや
立ち振る舞いなど、もう少し周囲の人に対する気遣いが欲しかったかも~
d0013068_2055503.jpg

お付きだしの生ハムとマンゴ
甘い~フルーツと生ハムは相性がいいワ~
d0013068_20572072.jpg

前菜の焼き野菜のマリネ
本店でも頂いたような・・・・・・こちらのお店の定番のよう~
シンプルに、塩とオリーブオイルで仕上げられ、有機野菜の旨みを生かした料理。
ゴボウだけは、トマトソースで味付けしてありました。
d0013068_2141934.jpg

モッツァレッラとクリームトマトソースのパスタ
パスタはコシのあるタリアッテレ・・・・・かなり濃厚なソースでした。
私はこの日、体調があまり良くなかったせいか?このパスタ食べた頃から胃が重くなってきました~
d0013068_2112587.jpg

イタリアの白~辛口「Bolgheri Vereentino 2003」
d0013068_2118126.jpg

ヒラメのグリル
メインは肉料理か魚料理を選ぶ事ができ、私は体調良くないので魚料理をチョイス。
ヒラメの焼き加減は、皮はパリ、ヒラメ自体はフワッと焼かれていて美味しく仕上げられた一品。
ソースはクリーム系で、付け合せの野菜もボリュームがあり・・・・ここでもお腹が苦しい~
苦しいと言いながら完食しましたが  (笑)
d0013068_21244240.jpg

デザートはユズ風味のケーキとジェラード
私自身お腹はいっぱいだったんですけど、このデザート見てなんか寂しいような~

その日は、オーナシェフの柿田シェフが来ていたようで・・・・・・ちょこちょこ店内のフロアーに出てきていました。
だいたい偉そうに店内を見渡しているシェフが多い中で、柿田シェフはワインボトルを抱えて厨房の方に行ったり、グラスをいくつか運んでいたりと・・・・こまめにお手伝いしている様子でした。
知らない人が見たら、厨房の一番新入りでいろいろ雑用やっているんだなぁ~と誤解されそうな感じ(笑)
by cherry2005 | 2006-02-15 21:31 | イタリアン | Trackback(1) | Comments(20)

チョコレート博覧会

大阪のうめだ阪急で催されているチョコレート博覧会に行ってきました~と言っても今日ではなく
先週の水曜日の事ですが・・・・・・・・
バレンタインデーまであとわずか~今日だったら物凄い混みようでしょうネ!
今の時期、各百貨店では特設会場が設置され、普段お目にかかれないような珍しい海外ブランドのショップなどが出店してたりして、本当にチョコのお祭りといった感じで楽しいシーズン到来です~
d0013068_22393622.jpg

夫に贈ろうと思って購入したスイス「ヘフティ」ボーイ&ガールハート
実はこのハートボックスに魅せられて買ってしまいました。
こちらのキュートなハートボックスは、イタリア・タソッテネ社のもので、世界的に有名なアートプリントと装丁を扱う老舗の会社らしい~
d0013068_2271898.jpg

中身はこんな風です・・・・・・クリームトリュフとプラリネの詰め合わせ。
スイスの手作りチョコで、空輸されてきています。
試食させて頂いたクリームトリュフは、スイスの乳牛のミルクたっぷりでマイルドなお味が美味しい
d0013068_2252390.jpg

キュートなハート型ブラリネチョコだけ並べてみました。
どれから食べようかなぁ~(ほぼ自分のものになっている・・・・笑)
d0013068_22562429.jpg

自分用に購入したフランス「リシャール」のチョコレート。
タイトルが、「グルメの卵」で、12歳以下の世界中の子供たちから「好きな色で美味しいものを描いてみよう」をテーマで応募された2005年版の優秀作品をデザインしたものです~
斬新でユニーク! この作品の中から未来の芸術家が誕生するかもしれない~
純粋無垢で見れば見るほど楽しい~
d0013068_23121648.jpg

おまけと言ったらこのマカロンに失礼ですが・・・・・チョコレート博覧会会場で見つけた神戸の
ヴィラ ブランシュというレストランで作っているハート型マカロン。
こちらのも、またまた強烈で印象的なお色です~
by cherry2005 | 2006-02-12 23:26 | 美味しいもの・スィーツ・パン | Trackback | Comments(23)

カヤトースト

d0013068_1262056.jpg

昨年シンガポールに行った時に購入したラッフルズホテル・ショップ
カヤジャム
カヤジャムって、ココナッツや卵、砂糖などが原料のシンガポール名物のジャムです。
カヤって、マレー語では「リッチ」という意味らしい。

d0013068_12282980.jpg
私は今回初めて食べたのですが・・・・・
まったりとした食感で、ココナッツミルクの風味とほのかな甘さ~食べ慣れてくるとなかなか美味しい!
いろいろネットで調べてみたら、シンガポールやマレーシアなどでお菓子などに使われるパンダンリーフという香草が入っているらしい~
この香草の風味が、エスニックで不思議なお味に仕上がっているのかも~

d0013068_1241281.jpg

今朝の朝食に・・・・・・・シンガポールの朝食の定番として有名なカヤトーストを食べました~

サンドイッチ用の薄切りのパンをカリカリにトーストして、カヤジャムをたっぷりと塗り、冷たいバターを挟んで食べます。
パリパリして食べづらいから、めんどうだったけど一口サイズで焼いてみました。
(本当は夫に・・・そこらじゅうパンクズをバラ撒かれるのが嫌だったから)

本場では、炭火でパンを焼き~半熟卵を付けて食べさせてくれるお店も多いようです。
カヤジャムと塩分の効いたバターの相性が、相乗効果を出していて抜群にいい感じ~

まさにカロリーがリッチな・・・・・・・パリパリトーストに仕上がりました☆
by cherry2005 | 2006-02-09 12:52 | 2005年シンガポール | Trackback | Comments(21)

割鮮 吉在門

d0013068_20145316.jpg
一月中旬のある夜、空からは白いものが゛チラホラと降ってきたかな?と思う程度の空模様~
大阪梅田の阪急東通り商店街の中にある割鮮 吉在門に、とびっきり鮮度の良い活魚を食べに行ってきました~
ビルの地下にある居酒屋さんなのですが、比較的リーズナブルな価格で美味しいお魚を食べさせてくれると評判のお店。

←各お席には、こんなメッセージが・・・
会社帰りのお父さんが思わず涙するような温かい気遣い。
こちらの女性用トイレってお店の外にあるんですが、私とした事が・・・・・店内にある男性用トイレに堂々と入ってしまいました(赤恥)
誰も教えてくれなかったし~私も席に戻るまで気づきませんでした(笑)
いくら酔っ払っても皆様、お気をつけ下さいまし!


d0013068_2038222.jpg

最初のお通しは茶碗蒸し・・・中にふぐの身が入っていてトロトロ~これから期待が膨らみます。
d0013068_2044744.jpg

大好きな白子ポン酢。去年雲子という呼び方を学習したばかりです・・・・・
鮮度が良いから、色が白くってなめらかな舌触り。幸せ~を感じる一瞬~
d0013068_2050862.jpg

白子と一緒に冬の味覚として外せないアン肝
クセがなくってふんわりと蒸しあがっていました・・・・まさに和製フォアグラだワ~
d0013068_2057954.jpg

確か旨い物だけのお刺身盛り合わせ~っていう名前だったような~
このド迫力に久々の感激でした。
d0013068_2104954.jpg

久しぶりに冷酒とも思ったのですが、寒い夜だったので熱燗にしました。
d0013068_2145310.jpg

キンキの煮付け
とっても脂ののったきんきで、甘辛く味が沁み込んでいてたまらないお味・・・・・
目の周りやホホのところはトロトロでコラーゲンたっぷり!
家でもこんなふに煮魚料理ができたらいいんだけど・・・・最近まで、きんきと金目鯛の区別が曖昧だった私~(汗)
d0013068_21151911.jpg

ひたすら魚、魚ときたので、このへんで桜えびとレンコンのサラダを注文。
こちらのお店、お魚だけじゃなくって、お肉やサラダ系、揚げ物などバラエティ豊かなメニュー内容。
d0013068_21193159.jpg

アワビのバター醤油ソース
こんな洋風ぽくって、お洒落な料理もあるのです~
d0013068_21293250.jpg

旨いもん寿司盛り合わせ(9貫)と最後に中トロを追加してしまいました~
居酒屋さんのお寿司にしては、ネタが新鮮だからレベルが高いです。
今回食べた料理は全部美味しくってハズレがなくって満足・・・・・
安くって美味しいお得感のあるお店!また誰か誘って行きたいなぁ~
by cherry2005 | 2006-02-05 21:48 | 和食 | Trackback | Comments(16)

アンリ・シャルパンティエのマカロン

d0013068_2046928.jpg
我が家に4人の女性陣が遊びに来ました~
事前に彼女たちはケーキを買ってきてくれるという話しだったので、お茶のお供に、何か軽くって見た目にも楽しいスウィーツをと~急いでアンリ・シャルパンティエのマカロンをデパ地下から購入。

マカロンと言えば、今やフランスの有名なお菓子と誰もが知っている事と思いますが・・・・・・・・
歴史を調べてみると、16世紀にフランスの国王アンリ2世のもとにイタリアのフィレンツェからお姫様が嫁いだときに、数多くのお菓子と共に伝えられたのが始まりだとか。
元々はイタリアが元祖らしい~
d0013068_2134128.jpg

全6種類とも本当に色鮮やかで美しすぎる~
お店でのPRコメントが「パリらしい印象的な色」という事で、この色は都会らしい色と解釈するらしい~~1つ間違えると田舎くさくもなりそうな・・・・・・・インパクトありのお色たち(笑)
なんだか口紅とかの化粧品のコマーシャルにも使えそうなフレーズだワ~

表面はパリパリ、サクサクっとして・・・・・中はシットリとした甘い~甘い~マカロン。
オレンジ色のものから右回りに、キャラメルオレンジ、フィグ、シュコラ・バンデビス、カシス、
エクスプレス、フランドボワーズ
です~
「好きなものを食べてネ~」と言い残し・・・・・お茶の準備に台所に入って数分後戻ってきたら、
たった一つ私のために残っていたのはシブいネズミ色のショコラ・パンデビス
色はシブいんですが、お味はココア風味の生地にガナッシュがサンドしてあって美味しい~

やっぱり皆・・・・・・視覚的に美しく可愛らしい~色のマカロンを選んだ様子 (笑)
by cherry2005 | 2006-02-01 22:17 | 美味しいもの・スィーツ・パン | Trackback(1) | Comments(20)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧