<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

人間ドックのお夕飯

昨年から、毎年この時期、一泊二日の人間ドックに行っています。
当日お昼ぐらいからスタートなのですが、みんなお揃いのジャージに着替えて次から次へといろんな検査を段取り良く受けていきます・・・・・・
そこのクリニックは人間ドック専門で、 待合室はホテルのロビーみたいで派手目のステンドガラスがキラキラ・・・・雑誌がたくさん揃っていて、受けに来たお客さんを飽きさせません~
結構いろんな検査があって・・・・自転車漕ぎを5分間やりながら心電図を撮ったり、ふどう糖を飲んだ後、1時間・2時間後に血液検査や尿検査したり・・・・かなり詳しく検査してくれます~

クリニックの隣にホテルが隣接されていて、その日はそこのホテルに宿泊。
ご親切な事に、お夕食券というものをいただけるのです。洋食、和食、バイキングと選ぶ事ができるのですが・・・・・当然バリウム飲んだ後の気持ち悪さのため、私の体には和食しか受付ません~
d0013068_15254927.jpg

紅葉豆腐・・・・ 中身は卵豆腐ぽかったですが、なめこやとろろが乗っていて口当たり滑らか~
d0013068_15292190.jpg

お造りはボタンエビに鯛、マグロの定番・・・・お酒が飲みたいのですが、明日の検査に影響するといけないので、ここはウーロン茶でぐぅ~と我慢!
d0013068_15304394.jpg

きのこ鍋と酢の物はホタテ、穴子、山芋など・・・・
昼間ジャージ着て一緒に検査受けたおじさんは、ビールを飲んでいるわ~~(良いのかしら?)
d0013068_15394469.jpg

八寸は秋の味覚満載って感じ・・・・
右上にあるのは、秋刀魚を西京焼きでロールにしてあって食べやすく美味しい。中央にある紋章みたなのはさつまいも・・・右手前にある柿に見立ててあるのはウズラの卵にウニの風味を付けたものでした。
d0013068_15462843.jpg

百合根饅頭・・・・・中には銀杏やエビが入っており、薄味でお上品な料理。
d0013068_15491054.jpg

合鴨の治部煮・・・・全体的に薄味の料理ばかりの中では、こちらのはしっかりした味付けで美味しい~お酒が欲しい~~
d0013068_15535380.jpg

栗ご飯とユズのシャーベット・・・・
アルコールへの欲望を抱きながらも、無事にウーロン茶2杯で食事を終える事ができました。
飲み物代は自己負担なので支払いに行ったら、なんとなんと一杯700円だったのです~
1400円も取られるなら、ビール飲んでおけば良かったとまた後悔!
by cherry2005 | 2005-10-30 16:01 | 和食 | Trackback | Comments(32)

映画 蝉しぐれ

d0013068_9573092.jpg
久々に映画観てきました~
自慢じゃないけど最近まったく映画観ていなくって・・・・・・いつから観ていなかったのか?と思い出すと6月頃に観た「きみに読む物語」以来かも~~(自分でもビックリ)
邦画ってほぼ映画館では観ないのですが、藤沢周平原作の作品はす゜う~と「たそがれ清兵衛」から観ています。

今回の作品蝉しぐれは前2作品の山田洋二監督から黒土三男
監督に変わり・・・・やっぱり作風や雰囲気がかなり変わった感じ。
日本の四季の美しい風景と共に、木村佳乃ってこんなに和装が似合ったんだぁ~と驚き!
外国育ちのトレンディドラマのイメージが強かったのですがが、なかなか気高くも美しい武家の女性を演じておりました~
あの時代の人の立ち居振る舞いや所作の美しさ・・・・・・・改めて素敵だなぁ~と感じます。
d0013068_10432853.jpg
以前からこの作品の小説も読んでいたので、どんな作品に仕上がっているのかなぁ~と楽しみにしながらも、長編小説なので2時間11分という枠の中では無理ではと不安も・・・・・・
やはり省略しているところが多く、ダイジェスト版という感じにも観えます~
どうしても小説を読んでから映画を観ると、ついつい自分自身のイメージの世界が出来上がってしまって、この作品に限らず物足りなさを感じる事が多いのはやむをえないのかも~
それでもこの作品のラストシーンは、日本人の奥ゆかしいDNA、魂に強く訴えかけるものが強く・・・・ウルウルと涙がこみ上げてしまいます~
運命によって別れ別れになった文四郎とお福が、幼い頃の淡い気持ちから積年の秘めた想いを告白するシーンで「文四郎さんの御子が私の子で、私の子供が文四郎さんの御子であるような道はなかったのでしょうか」・・・・・・
忍ぶ恋、実らない恋ほど・・・せつなさと共に、美しく鮮明に心に残っていくものなのですネ~~涙 
d0013068_1146850.jpg

9月山形に行った時、映画撮影で使用された普請組・組屋敷オープンセットが保存されていたので見学してきました。
1億円の制作費をかけて建築されたものだそうです。
d0013068_11542441.jpg

完成後、情感、風情をだすため、1年を通して風雨にさらし・・・・自然の風合いを加えています。

d0013068_18425638.jpg
このロケ地のそばにダリア園を発見しました。

キク科の植物で、9月~10月が見ごろらしい・・・・


d0013068_23355755.jpg



目にも鮮やかで、バラに負けない華やかさ・・・・・・

本当に精巧に作られています。
by cherry2005 | 2005-10-28 11:59 | エンターティメント | Trackback(2) | Comments(14)

ハニーバナナトースト

d0013068_1237729.jpg

たまたまパナナが一本と食パンがあったので、ハニーバナナトーストを作ってみました。
朝から甘過ぎるのがキツイので、バターやハチミツ控えめにして、あっさりと仕上げました~
食パンにバターを塗り、スライスしたバナナを上に乗せて・・・・・・ハチミツをかけてオーブントースターで焼くだけです。
本当は仕上げに、シナモンなんか振りかけたら甘いた゜けじゃなくお味にポイントがつい て、お洒落になるんだけどすっかり忘れて、即食べちゃいました。
バナナと蜂蜜の組み合わせって、お子様のおやつなんかにも喜ばれそう~~

d0013068_12562056.jpg
最近コンフィチュールの人気と共に、蜂蜜専門店なども増え・・・・・・蜂蜜も健康ブームに乗って
人気があるみたいです~~
家で頻繁に使用しているのが、マヌカ・ハニー
知人からの頂き物なのですが、ニュージランドだけでしか生育しないマヌカという花の木の蜂蜜で、通常の蜂蜜より栄養価が高く、コクがあって風味が豊かです。


嬉しい事に健康に良い効能がいっぱいあって、胃の中に生息しているピロリ菌を殺菌する効果があったり、火傷にも効果を発揮するらしい~~
また、就寝前にマヌカハニーを顔にパックすると、次の日素晴らしいお肌が期待できるとか????(まだ試していないけど)
by cherry2005 | 2005-10-24 13:38 | 美味しいもの・スィーツ・パン | Trackback | Comments(20)

レストラン アン ヴュー

d0013068_11243742.jpg

d0013068_11251411.jpg
久々にお友達とランチを楽しんできたのが、大阪北堀江にあるレストラン アン・ヴュー
当初、違うお店に行く予定だったのが、その日貸切で予約が取れず、急遽~美食家の友人に「どっか連れて行って~」と頼み込んだら、こんなお洒落なレストランに連れて行って頂きました。
 シャンデリアもいい感じ~
大人のためのNYスタイルレストランというコンセプトらしく、レストラン内はゴージャスかつモダン! こちらは空間デザイナーの巨匠間宮 吉彦さんの渾身作だそうです。

最近大阪が、海外の観光案内に「ヤクザがいる街」と紹介されているとかでビックリ!
私も最初東京から大阪へ引っ越しが決まった時、周りの人に「気をつけなさいヨ~」と何度も言われ、何を気をつけたらいいか分からないけど、梅田の地下街をバック抱え緊張して歩いていた事を思い出しました(笑)   今は、ダラダラ緊張感なく歩いていますが・・・・・
関東の友達からは、「関西弁話せるようになった~?」「ファッションセンス変わった?」と聞かれますが・・・・・・ほぼ今までどうりの言語活動で洋服の好みも変わらない様子。
同じ日本国内・・・・・私にはさほど違和感なく生活していますが、まだまだ日本の中の大阪って
異質な所と誤解されている所があるんでしょうかネ~~

d0013068_11484865.jpg

アミューズはフォアグラのカナッペ
d0013068_1156554.jpg

前菜はパルマ産生ハムやサーモン、テリーヌのサラダ仕立て
料理は、イタリアンとアジアンティストを取り入れたシンプルフレンチという事で・・・・・・
よく考えると???? 訳が分からなくなるけど・・・・・・・美味しければいいかって感じ~
d0013068_121140.jpg

サーモンのソテー 白ワインソース
このへんからフレンチぽくなり、ボリュームが出てきた感じ~
d0013068_1251153.jpg

牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
お肉は柔らかく、赤ワインのソースが味わい深い~わ・・・・・・・
何時間煮込んだら、こんなに柔らかくなるのかしらん?
d0013068_12162238.jpg

デザートの盛り合わせとカプチーノ
少しづついろんな種類のデサ゛ートが・・・・・こちらのシェフは女心を知り尽くしています~☆

深夜25時まで食事ができる大人のためのレストラン・・・・・・・
豊富なパーティープランで、心に残るレストランウエディングも企画しているそうです。
by cherry2005 | 2005-10-20 12:22 | フレンチ | Trackback | Comments(10)

カレー研究所 新大阪店

d0013068_19582395.jpg
JR新大阪駅コンコース下のフロアーにあるカウンターのみのカレー屋さんに行ってきました。
東京都内に3店舗、札幌、新大阪店と・・・
一応チェーン店らしい~
以前からお店の名前が気になっていて、いつか行ってみたいと思っていたのですが、なかなか機会がなくって・・・・・・今回ようやくいただいてきました。夫が靴を間違えたおかげで(笑)

お昼過ぎに携帯に連絡が・・・・・・どっちも黒の
革靴らしいのですが、右と左それぞれに違う靴を履いて出勤し、会社で気がついたらしい~
その日は、夕方から出張で出かけるため、新大阪駅へ片方の靴を私が持っていたという次第なのです。
しかし・・・・自宅玄関で履いた瞬間に気づかないのかなぁ~?と思うのですが(笑)
普通だったら、「そのまま履いてお帰りくださいませ~」と言いたいところですが、出張という事では可愛そうなので、片方の靴を持って新大阪駅へ・・・・・
d0013068_20162350.jpg

アボガドたっぷりの欧風野菜カレー
欧風カレーなのでお味はマイルド・・・・・スパイスと辛さを選択できるみたいですが、私は辛いのが苦手なので標準でいきました。
友人の話では、東京都内のカレー研究所と違い・・・・・・新大阪店は、メニュー数がかなり少なく
限られているので、その分お味のレベルは高いという事らしい~
d0013068_20241211.jpg

本当にアボガドやジャガイモ、野菜がゴロゴロ入っていて嬉しい~
今スープカレーが流行っていますが、こういう家庭的な具沢山のカレーに、なぜか?感激してしまいました。
d0013068_20284436.jpg

こちらの付け合わせは、紅しょうがマンゴーのジャムだったのです~
カレーには、各家庭でいろんなこだわりや工夫があると思いますが・・・・・私の理想とするカレーのお味は甘辛いカレー
お好みでマンゴーのジャムをカレーに混ぜ合わせて食べると、なかなか美味しい~
by cherry2005 | 2005-10-16 20:36 | その他・無国籍料理 | Trackback | Comments(22)

Fujiya 1935

d0013068_11341750.jpg
大阪のグルメ系プロガーさんたちの間で話題のFujiya1935へようやく行ってまいりました。
以前からRolling365日記のmasoonさんのブログを拝見し・・・・・・・憧れのお店の1つでした。
食べ歩き友達のmaruwo_1さんとお会いした時、お誕生日に予約したの~というお話しを聞いて、ますます行きたくなり、ダメモトで衝動的に
TELしたらなんとなんと、予約がとれました~~ちょっとした宝くじに当たった気分です(笑)

こちらは4代続く洋食屋さんで、現在の4代目のシェフがスペインで修行され、イタリアンを
ベースにした創作スペイン料理の有名なお店。
料理は、7500円のコースのみで全16皿、飲み物は、3000円でワインが5種類楽しめるコースがあって、白が3種類、赤が2種類、いづれもスペインのワインで料理にあわせてセレクトされていて、とても利用しやすく楽しめました。


d0013068_12112443.jpg

この前菜にはビックリ~~芸術的過ぎました!(2人分です)
15種類の雑穀米のサラダ パリパリのミラネーゼ イカスミのポーロ
えびす南瓜の小さなサンド ピーツのグリッシーニ
d0013068_12171430.jpg

左側のは森の香りという説明で・・・・・・葉っぱにうす~くゼリーが付いていて、これを口の中に含んでから飲み物など飲まないで、次の料理を待っていてくださいとのこと・・・・・
次の料理が、右側のポルチーニ・パンチェッタ・落花生
d0013068_12224426.jpg

とうもろこしの冷たいスープ
お味が三層(バルサミコ・ヨーグルト・とうもろこし)からなり美味でしたが、見た目も美しい~スープでした。

d0013068_12332466.jpg

左側上段より *鳥飼いナス・青梅・ピスタチオ・パルメザンチーズ
          *松茸のスパッゲティーニ
左側下段より * ニョケッティー、石川小芋とゴルゴンゾーラのソース 
         *イクラの温かいフラン、グレープフルーツ添え

このあたりで何皿め?と思わず数えたくなるほどシェフの情熱をヒシヒシと感じます~
d0013068_12453446.jpg

タスマニアサーモンの低温コンフィ、黄色いピーマンのガスパッチョ
皮がパリ~中がレアで、黄色ピーマンのソースが美味しい!
d0013068_12503519.jpg

ほんのりスパイシーな乳飲み仔豚とみょうがのマリネ
お肉が柔らかくって美味しい一皿・・・・・乳飲みと聞いてちょっと複雑な気持ちになりました。
なんと美食とは残酷な事なんでしょうか~~
d0013068_1258402.jpg
デザートは嬉しい事に2種類楽しめます~
ヨーグルトのジェラートシナモン風味、ミントのスープ

下段のはリンゴのカラメリゼ、ほんのり苦いミルフィーュ

d0013068_1363885.jpg












食後のデザート酒としてリキュールを勧めていただきました。
梅やレモンのリキュールが、味がまろやかで美味しかったです~
接客は、シェフにソックリのお母様が若いスタッフと一緒に、気取りのない温かい接客で楽しい
ディナーを演出してくださいました。
一皿、一皿に若きシェフの情熱と才能・・・・・
本当に新鮮な驚きを感じさせる料理ばかりで、食後一流の芸術に触れたような・・・・・
完全に五感を刺激されてしまいました(約3時間弱かけた食事という事もあり、疲労感と共に
放心状態~~)
多分作った人は、もっと疲れた事でしょう~~☆


大阪市中央区鎗屋町2-4-14
TEL 06-6941-2483
営業時間 11:30~14:00   18:00~21:00
定休日   日曜日、第1月曜日
席      16席(昼は40席)
by cherry2005 | 2005-10-12 13:22 | スペイン料理 | Trackback(2) | Comments(36)

エンニオ・モリコーネ in JAPAN2005

d0013068_22363582.jpg
昨晩・・・・・大阪フェステバルホールにてイタリアの映画
音楽の巨匠として有名な、エンニオ・モリコーネのコンサートに行ってきました~
今までに450本以上もの映画音楽を生み出してきた映画音楽界のカリスマ・・・・・・
多分、名前は知らなくっても、誰でも一度はこの人の作品を耳にした事があると思います~~

今回は、代表作とも言えるグラミー賞を獲得した「アンタチャブル」や私の大好きな作品「ニューシネマパラダイス」「マレーナ」・・・・・・そして、90年代の作品として「海の上のピアニスト」などが演奏され、しばし癒されました。

d0013068_2301974.jpg

このおじい様はいったい何歳なのだろうか~~と思うほど、精力的に自ら指揮を振り大所帯のローマシンフォニーと共に、迫力あるオーケストラミュージックを楽しませてくださいました。
やっぱり一番印象的なのは、二期会のコーラス
ソプラノ歌手(イタリアの人?)が加わって演奏された「続・夕陽のガンマン」は、さぞやオールドファンを興奮させ、うならせた事と思います~
残念ながら、私はこの作品見ていないんですが・・・・・
メロディは何度も聞いた事があります(迫力満点)


d0013068_036383.jpg

実は余談なのですが、当初夫と行くつもりて゛2枚チケット購入していました・・・・・夫が急に仕事の予定が入ってしまい行く事が難しくなったのです~(よくある事)
急遽・・・・数少ない友人たちに声を掛けたのですが「興味がない」「都合が悪い~」「金欠」などなどさまざまな理由でコンサート2日前なのに同伴者が見つからず・・・・・(汗)
一人で行ってもよかったのですが、この一枚のチケットを無駄にするのがもったいなくって・・・・・金券ショップに相談したけど、冷たくあしらわれるだけ~(ペア券ならOKとか~)
こうゆう時って、ヤフーオークションとかに出せば良いんでしょうか??

今回は、なんとか前日になって「私でよければ~」と優しい手を差し伸べてくださる方がいたので、
チケットを無駄にする事なくホット胸を撫で下ろしている次第なのですが~~
by cherry2005 | 2005-10-07 23:38 | エンターティメント | Trackback(3) | Comments(20)

栗ご飯と手まり麩

d0013068_8171238.jpg

栗をたくさん頂いたので、栗ご飯を作ってみました~
最近は、栗の皮むきがとっても面倒で、手抜きでスーパーによく売っている栗ご飯セットを常用する事が多かったので(それがまた美味しい~)・・・・・私にしては久々に頑張りました

前日からアク抜きのため水に浸しておき、皮むき直前にも沸騰した湯に栗を入れて軽く茹でて、
鬼皮が柔らかくなりますようにとお祈りをして・・・・・・・・・
なんとか無事に手を切らないで、TVを観ながら鬼皮、渋皮を剥く事ができてヨカッタ~!
やっぱり料理って、面倒だけど下準備って大切だワ~~と実感。

出来上がってみれば、口の中いっぱいホクホクの秋の味覚を感じる事ができ、自分でイチから栗の皮を剥いて作った栗が愛おしくって~このうえなく美味しいて゜す。
d0013068_1453285.jpg

京都の錦市場で見つけた手まり麩の詰め合わせ。
珍味の喜久屋で見つけました~
菊水花卵、魚麺手まり、花手まりの三種類で、美しく可愛すぎて・・・・・見つけた時、即買いしてしまいました。
d0013068_1420184.jpg

魚のすり身と昆布、焼き麩で出来上がっていて、熱いおだしを注ぐだけで簡単に食べられます。
菊水花卵は、おだしを入れると本当にパ~と菊の花が咲いたように綺麗~~
欲張って全種類入れてしまいましたが、彩りの鮮やかなお吸い物が簡単にできて重宝しています。
錦市場に行ったら、また買ってこようと~~
by cherry2005 | 2005-10-03 14:31 | ワイン会・お家ごはん | Trackback | Comments(26)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧