<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

毎日練り物の日々・・・・・

今・・・・・日本全国お中元シーズン真っ只中!
我が家にも、普段より頻繁に宅急便のお兄さんたちがよく来てくれます~
お中元の由来は中国古来の祭りごとから来ているらしく・・・・上半期の区切りの意味で、日頃お世話になった方に贈り物をする習慣らしい。
贈ったり、お返ししたり・・・・・・これで、日本経済も活性化していくんでしょうネ!

ここ1、2週間という短期間の間に・・・・偶然にも3人の方から練り物系のお品を頂戴し、我が家の冷蔵庫には練り物だらけなのです。
以外に日持ちがしなくって・・・・賞味期限との戦いです(汗)
d0013068_20485377.jpg

こちらは、京都の京かまぼこ茨木屋さんのものです。
創業明治2年の老舗店らしく、いろいろと工夫をこらした繊細な食感で、創作性にとんでいます。(京都らしくお上品~)
d0013068_2114028.jpg

左側は笹衣(ささぎぬ)で、中にユズ味噌が入っていてほのかに笹の香りがします。
右側は、柳小町という名前のうなぎしんじょう。
うなぎの切り身が入っていて、しっとりやわらかくって美味しい~
d0013068_218024.jpg

こちらは愛媛県の伊予名産の(有)青木兄弟加工所さんのものです。
二段重ねになっていて、ピンク色のえびちくわが下段にギッシリ入っていました。
個人的には、じゃこ天が二段重ねになってた方が嬉しかったのですが・・・・・・笑
なぜか?上に2袋だけしか入っていません~
d0013068_2158670.jpg

ピンク色のがえびちくわ、キツネ色のほうが鯛ちくわ
えびちくわ・・・・・意識しながら食べていると、エビの風味がするようでないような微妙~な感じでボリュームのある一本!(色は可愛い~)
d0013068_21204179.jpg

広島の(株)阿藻珍味さんの鯛ちくわ
一個一個が丁寧に竹筒に練りこんであって、どっしりとしていてプリプリの食感。
分厚い皮が香ばしく、噛むほどに風味がでてきます。
尾道ラーメンなんかも製造しているところみたいです~

朝食とおやつをメインに戴いていますが・・・・・そろそろ限界のようなので、風味は落ちると思いますが冷凍にしようかと思案中。
なんか美味しい食べ方あったら教えてくださいませ~
最近暑くって・・・・・頭がボ~として思いつきません(笑)
by cherry2005 | 2005-07-29 21:46 | 美味しいもの・スィーツ・パン | Trackback | Comments(16)

浪速割烹 喜川

d0013068_20303725.jpg
賑やかな大阪の道頓堀から一本南にひっそりとした通りに、長さ80m、幅3メートルほどの2本の露地が東西に延びる有名な法善寺横丁があります。床は石畳で、両側に小料理屋やパプなど飲食店が60軒も並んでいて、なんとも風情があります。
平日のランチに・・・・・この通りでも老舗店として有名な浪速割烹 喜川に行ってきました。

今回は友人が予約をしてくれたのですが、予約時に、カウンター席でもどの辺が良いか?と尋ねてくださる気遣いに感激したとか~さすが老舗店!入店前から・・・・期待が高まります。



d0013068_20452444.jpg

お店構えも風格があって・・・・いい味出しています~
カウンターに座ると、昔の法善寺横丁のイラスト入り地図などが置いてあり、各所に遊び心が見られ、気分的に和みます。
d0013068_20503339.jpg

淡路産の新玉ねぎや夏野菜にユズ味噌がかかっているものです
玉ねぎにしっかりと味がついており、冷たくて美味しい~
d0013068_20531936.jpg

お椀は、鴨と生麩のお吸い物
コクがあってとてもボリュームのあるお椀でした~
d0013068_20571582.jpg

お刺身は、鯛、マグロ、イカ
小松菜のおひたしには、なんとも口当たりなめらかな豆腐の白和えがのっています~
d0013068_211633.jpg

泉州なすの煮浸し
大阪に来て、初めて泉州なすの存在を知りましたが・・・・上品なお味で美味しい~
なすの上には、沖縄産の海ぶどうがのっており・・・・夏を感じさせる一品。
d0013068_2155381.jpg

鮎の揚げ物で、中にはゆり根が入った、凝った料理。
ロール巻きみたいにユニーク。手前の千切りしたものは、かぼちゃだそうです。
d0013068_2110591.jpg

ハモの湯引き・・・・・・関西の夏にはかかせない料理。
柔らかくってプリプリ・・・・湯引きする事により、花が開いたように美しい~
板前さんの素晴らしい包丁さばきが見事でした!
d0013068_21241794.jpg

ゴーヤが入った炊き込みご飯。醤油とゴマ油で味付けしてあり、食欲がそそられます~
食事の時は番茶・・・・・デザートも食べた後に新しく煎茶を入れてくださり、のし梅が添えてありました。
お茶って、以外にそのままのお店が多い中で、さすがだなあ~と関心してしまいます。
こういう小さい事ですが・・・・・お店側の姿勢が感じられてきちんとした良いお店だなぁ~と感じます。
d0013068_21341784.jpg

トマトと青梅のコンポート
見事な色のコントランス・・・・・どこかの国の国旗のよう~

今回は、喜川旬膳5250円のコースをいただいてきました。
隣の奥様は、コロッケセット2625円を食べていて・・・・・伝統的な日本料理に留まらずにリーズナブルなコースもあり美味しそう・・・・・・(コロッケに目がない私)
京懐石などと比較すると、華やかさや派手さはありませんが、一品一品丁寧な仕事ぶりと素材の良さを感じる料理ばかりでした~
玄人好みのお店っていう感じ(いつか・・・・・・こんな粋なお店で飲んでみたい)
若い板前さんたちがキビキビと立ち働き、すかすがしい緊張感が気持ち良い雰囲気。
帰り際・・・・若い板前さんが外まで見送ってくださった時、いつまでも頭を下げている所が印象に残っています。
改めて、きちんとした良いお店である事を実感してしまいます~
by cherry2005 | 2005-07-24 22:06 | 和食 | Trackback(1) | Comments(20)

ラフレシールのチーズケーキ

d0013068_1435353.jpg
先日遊びに行ったハウステンボス内にあるチーズケーキ専門店ラフレシールで購入した
チーズケーキ キャラメル風味です。
ハウステンボスでは人気のお土産となっており
キャラメルのほろ苦い風味が大人ぽいお味。
チーズケーキもしっとりとしており、コクがあって美味しい~
池袋ナンジャタウンで開催された「チーズケーキ博覧会」では、堂々の1位を獲得した事もある
実力派なのです。


d0013068_14502810.jpg


右側のは、ちょうどこの時期季節限定で販売していたチーズケーキ レモン風味
爽やかなレモン風味と共に、芳醇なチーズの香りが口の中にふんわりと広がり美味しい~
私は、レモン風味の方が好きです。

いづれも女性パティシェがプロデュースしており、繊細なお味で・・・・テーマパーク内で販売しているお土産としては、かなりレベルは高いと思います。




d0013068_2223921.jpg

紅茶と相性が良い~あっさりとしたレモン風味のチーズケーキ

ハウステンボスへ続く
by cherry2005 | 2005-07-20 15:57 | 美味しいもの・スィーツ・パン | Trackback(3) | Comments(16)

ラ・ベ IN ザ・リッツ・カールトン大阪

ザ・リッツ・カールトン大阪のメインダイニングにあたるフレンチのラ・ベまるをの言いたい放題の maruwo_1さんとランチしてきました。
実は雑誌シュシュ関西版8月号の特典で、8000円相当のコース料理が、グラスワイン一杯付いて5000円でいただけるとあっては、もぉ~行くしかないと思い以前から予約していたのです~
d0013068_13241270.jpg
d0013068_13251587.jpg

店内は、正統派英国アンティーク調で重厚かつゴージャス!
利用しているお客様は、いかにも美食家カップルやセレブ御一家などなど・・・皆様お昼間からシャンパンなどを開けて優雅にランチしておりました。
良い意味での緊張感と共に気合が入ります(笑)

パンは何種類からか選べますが、私はひまわりの種が入ったパンと、鰯のペーストが練りこんだ四角形のパン…ワインと相性の良い美味しいパンでした。
d0013068_13283612.jpg

前菜は魚介のタルタルにキャビアがたっぷりサンドされたものです~
あまりにもクリエィティブ過ぎて、どこから手を付けたらいいのか・・・・・困る料理でした~
d0013068_13423265.jpg

贅沢にたくさんキャビアが入っている豪華な一品。
高級なキャビアって、からくなくって美味しい・・・・・幸せな気持ちでいっぱいでした~☆
d0013068_1346313.jpg

セップ茸のスープをエスプレッソ風に泡たてたものです。
下層はなすのスープ、間にはパプリカなども入っておりいろんな味が混在した
奥深い一品。
一口サイズのチーズパウンドケーキが添えられています。
日本料理の懐石風に演出しているのがお洒落!
d0013068_13521350.jpg

メイン料理は、肉か魚料理を選べ・・・私達二人ともお肉料理をチョイス。
ウズラの骨付きモモ肉の料理・・・・さりげなく高級食材のトリュフがのっていました。
あっさりとしたお味ですが、しっかりとした美味しい一皿。
d0013068_13573662.jpg

デザートは4種類から選ぶことができ、随分迷いましたが、お米をミルクで煮込んだもので
南米産のトンク豆が添えられているものをチョイス。
絵画のように芸術的な一皿で感動・・・・・・
d0013068_1475862.jpg

maruwo_1さんが選んだデザートは、コーヒーのブリュレにチーズソースのマカロン
こちらもリッチで美味しそうでした。

こちらのシェフ・・・・・デビッド・セニア氏は、南仏ニースのご出身で、わりとイタリア料理に近い感じの料理を作られるとか~日本人の好みを良く知り尽くし、斬新さと洗練さを組み合わせた芸術的な一皿を創り上げています。

高級グランメゾンでありながら・・・・ソムリエやギャルソンも大変温かく親切な接客で、楽しくもまた豊かな時間を過ごす事ができました。
帰り際・・・・・シュシュの表紙にも登場していたこちらの素敵なマネージャー
(フランス人?)と記念写真をと・・・・・・・スタッフに声を掛けて頂き、細やかな心遣いに感謝です。
こちらの写真は、素敵な紳士の肖像権の問題もありますので、maruwo_1さんと私の
大切な思い出にさせて頂きます~☆
突然お誘いしたのに、快くランチをご一緒にして頂いたmaruwo_1さん、ありがとうございました。
by cherry2005 | 2005-07-17 13:50 | フレンチ | Trackback(2) | Comments(24)

漢方茶カフェ 素夢子古茶屋

京都で、とても不思議なカフェを発見しました!
こちらは、カフェ入り口なのですが・・・・なんとも妖しく不思議な感じ~
知らない人は、いったい何屋さんなんだろう~??と戸惑いそうですネ!
d0013068_2241182.jpg

お店の名前は素夢子 古茶家(そむし こちゃや)漢方カフェ。
「素」・・・・・もとの元、根源、無垢の白。
「夢」・・・・・物質界と離れ、精となって放たれた飛翔する様。
「子」・・・・・あらゆる可能性をもった成長の因子。
「素夢子」とは、物性から解き放たれた自然の秘密の影という意味らしい~(難しい?)

こちらのオーナーは、帯問屋さんで・・・・・奥様は韓国の方だそうです~
d0013068_229325.jpg

お店に入ると、このような家具が飾られていました。
薬箱でしょうか?
中国や韓国、インドなどから直接買い付けた家具などがセンス良く置いてあり、
店内はアートギャラリーのような上質な空間になっています。
d0013068_2213188.jpg

私は、五味子茶(ごみじゃちゃ)を注文。
読んで字のごとく、甘み、辛味、塩味、苦味、酸味の5つの味がする漢方茶。
喘息、疲労回復、高血圧の予防などに効果があるらしい~可愛らしく浮いているのは、梨かりんごだ゜と思います。
d0013068_22201295.jpg

友人は、水正果(すじょうんが)を注文。
煎じた生姜汁に蜂蜜を入れ、干し柿や松の実を入れたお茶です。
お味見させてもらったら、ツーンとした生姜の香りと蜂蜜の甘さが楽しめます。
右側は、漢方ケーキ・・・・・・・・和柄のお皿がお洒落です~
d0013068_22381181.jpg

店内は暗めの照明で・・・・・流れるような音楽とフワフワと揺れる布が癒し効果を
出しています。
店内のインテリアに多く使われている布地は、韓国の伝統的な染物「柿渋染め」。
一人で利用しているお客さんが多く、この非日常的な異次元空間に身を任せ、夢のような不思議な雰囲気にたっぷりと浸っているようでした。
by cherry2005 | 2005-07-13 22:35 | カフェ | Trackback(1) | Comments(24)

長崎新地中華街 会楽園

d0013068_22542768.jpg

長崎最後の夜は、長崎市内の中華街にある老舗の会楽園でディナーしてきました。
横浜、神戸と並ぶ日本の代表的な中華街の1つですが、かなり小さいです~
3分もあれば、余裕で一周できそうな感じ。
d0013068_2312164.jpg

前菜の盛り合わせ
焼き豚や蒸し鶏、トマトと定番のものに、海老料理がありました。
この海老、カラごと食べられて・・・・ピリ辛味でビールとの相性が良かったです。
d0013068_2341762.jpg

接客の若い女性に、このお店のお勧めは?と聞いてみたら・・・・・・
エビチリ春巻きと言っていたので、素直に注文してみましたが・・・・特に印象に残るほど美味しいっていう感じでもありませんでした(笑)
d0013068_239685.jpg

長崎空港で、長崎名物豚の角煮饅頭を見かけた時から・・・・・絶対食べてみたいと思っていた一品。
最初、白い饅頭と豚の角煮が別々のお皿にのって出てきます。白い饅頭は、肉まんとかの生地に似て、柔らかくほんのり甘い~
d0013068_23142262.jpg

豚の角煮は、箸でつまむと崩れそうになるくらい柔らかく・・・・・味付けは甘めです。
私は初めて食べましたが、とても美味しかったです~
全国区で販売してくれればいいのに~と思いました。
d0013068_23195678.jpg

長崎と言えば、やっぱり定番の特製ちゃんぽん
明治時代に、中国からの留学生のために考案されたものらしい~
野菜や魚介類、色鮮やかなかまぼこなど・・・・・具沢山で、いろいろな食材の出汁が出ていてあっさりしているけど、コクがあってスープが美味しい~
今回は、長崎名物皿うどん卓袱料理を食べる時間がなく・・・・ちょっと心残りな長崎の夜でした~
by cherry2005 | 2005-07-10 23:38 | 旅行・お出かけ | Trackback(2) | Comments(8)

ホテル ヨーロッパ

ハウステンボスに行くならホテル ヨーロッパに泊まりたいと、前々から思っていました~
d0013068_20303838.jpg

こちらは、運河と繋がっているホテル内の内海。
ハウステンボスから専用クルーザに乗り、そのままロビーでチェックインできます。
綺麗な花壇が飾られ、内海には白鳥が水遊びしていて・・・・・とても優雅な雰囲気です。
d0013068_2035045.jpg

ディナーは、ホテルヨーロッパのメインダイニングになるフランス料理のデ アドミラル
アミューズは、鶏肉とアンチョビ・・・・・とってもゴージャスなプレートが印象的でした。
d0013068_20403414.jpg

前菜は、豚頬肉のゼリー寄せ
あっさりしていますが、とても美しい一皿でした~
d0013068_2043855.jpg

魚料理は、魚介類のブイヤベース
お好みで、にんにくやユズ胡椒などを入れていただきました。
d0013068_20452271.jpg

特選牛フィレ肉のグリエ マスタードソース
お肉が柔らかくジュウシー・・・・炭火で焼いているようで、香ばしい風味が美味しい~
d0013068_20473788.jpg

デザートは、久々のワゴンデセール・・・・・ついつい身を乗り出して、心躍る一瞬です!
画像には写っていませんが、フルーツやアイスクリームも何種類かありました。
チョコレートケーキが、上品なチョコの苦味が味わえて美味しい~
こちらの料理は、10000円のコースです。
d0013068_2254375.jpg
話すと長崎訛りがご愛嬌のイケメンソムリエが選んでくれた、チリの赤ワイン。

最近フレンチやイタリアンをいただく時は、こっそりバックに胃薬や消化促進剤をしのばせている情けない私なのですが・・・・・今回は、とてもあっさりしていて、お腹に優しいフレンチでした(笑)
窓辺からは、ハウステンボスの運河が眺められる、クラッシックで優雅なレストラン。
料理も、意図的にクラッシックな感じのコース内容を演出しているのかなぁ~と思いました。

ホテルヨーロッパ内へ続く
by cherry2005 | 2005-07-06 21:05 | 旅行・お出かけ | Trackback(2) | Comments(20)

HUIS TEN BOSCH  に行ってきました!

先週の土曜日から長崎のハウステンボスに行っておりまして、今日帰ってきました。
ここ数日関西は雨が続いていたようですが・・・・・・長崎は、初日の午前中のみ激しい雨に見舞われただけで、その後は、曇り空で比較的涼しい日々を過ごす事ができました。

2003年に、莫大な負債を抱えハウステンボスが会社更生法を適用された時から・・・・・
私はまだ行った事がなかったので、いつか無くなっちゃうのではと??
今回行くまで・・・・・・・・私なりに焦っておりました(笑)
d0013068_22413918.jpg

ハウステンボス内の街並みは、中世のオランダを再現しており景観がとても素晴らしい~
本当に、ヨーロッパの街並みを歩いている気分になります。
d0013068_22475725.jpg

ランチで利用したチーズワーフ
1Fは、ナチュラルチーズが豊富に揃ったチーズショップになっており、2Fがチーズを使った欧風創作料理のレストラン。
コクのあるエメンタールチーズとグリエールチーズの風味が美味しいチーズフォンデュを食べてきました~
デザートは、マスカルポーネのプリン
d0013068_2355088.jpg

こちらは、色鮮やかな花が咲き誇っているキンデルダイクの花畑
キンデルダイクとは、オランダに実際にある地名で・・・・・現在も貴重な風車群が残っており、世界遺産にも指定されている町です。

大人が充分に楽しめる、リゾート型テーマパークという感じで・・・・・とても気に入りましたが、週末というのに思いのほかお客さんが少なくて寂しい感じ~
混み合っていないので、私自身はとてもリラックスできて楽しめたのですが、あまり少ないのも気の毒なような、ついつい余計なお世話ですが、経営的にこれから大丈夫なのかな?と今後のなりゆきが心配になってしまいます(笑)

ハウステンボス内へ続く
by cherry2005 | 2005-07-04 23:40 | 旅行・お出かけ | Trackback(1) | Comments(26)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧