2008年 04月 30日 ( 1 )

六本木 エディション・コウジ シモムラでランチ

地下鉄六本木一丁目の駅から直結したティーキューブビル内の1階にあるエディション・コウジ シモムラでグルメなにゃん姉さんとランチしてきました。。。。
方向音痴で地図の読めない私でも、このお店だったら現地集合でOKでした!
にゃん姉さんは・・・・・・都内のフレンチやイタリアンにとっても詳しいので、この日も都内のグルメ事情を、たっぷりとご教授いただきましたヨ 
d0013068_1140496.jpg

オーナシェフの下村さんは、1990年~8年ほど渡仏し「ラ・コート・ドール」「トロワグロ」など他にもフランスやイタリアの3つ星レストランを中心に修行を重ねられたそうです。
帰国後は、フランス大使公邸で開催されたアランデュカスのレセプション料理などを担当した、輝かしい経歴の持ち主072.gif
店内も、シンプルモダンなセンスの良い空間。
d0013068_11582248.jpg

アミューズはケッパーと生ハムのプチハンバーガ、パルメザンのお煎餅添え
最初から、洗練された料理が出てきて・・・・・・次の料理に期待が胸膨らみます。
d0013068_1275744.jpg

前菜は、冷製ブータンノワールと紅玉リンゴのコンビネーション
このお皿がテーブルに運ばれてきた時、思わずため息が出たくらい~盛りつけの美しさ、立体感のあるアートな世界に感激してしまいました。
最近ブータンノワール(豚の背脂や豚血を腸詰めした料理)を出しているお店が多くなりましたが、こちらのは~珍しい冷製タイプで、極めのこまかい繊細な食感でリンゴのピューレとも好相性。
お皿の上の茶色の植物はアマランサスの発芽だそうです。
d0013068_12303147.jpg

メイン料理は的鯛の軽やかなフリット ブロッコリーとレモンのコンフィテュール
的鯛が柔らかくしっとりと焼きあげられており、カダイフの衣がサクサクっとした軽やかな食感にし仕上げられていて美味しい。。。。。
爽やかな美しいブロッコリーのソースと、的鯛の下にはレモンのコンフィテュールが隠れており、酸味が良いアクセントになっていて豊かな素晴らしい料理に仕上がっていました。
カダイフとはギリシャやトルコなどが起源とされる極細の麺。

d0013068_1254085.jpg
デセールが運ばれると、ソルベカカオ(カカオを瞬間冷凍したもの)をスタッフが直接サービスしてくれる演出がありました。


d0013068_1321836.jpg



              カカオウォータ
ヴェネズエラ産のカカオニブから水で抽出したものらしい~
なんだか神秘的なお味。。。。。


d0013068_1382100.jpg

デセールはクリーム未使用のガナッシュショコラのムース、ソルベカカオ添え
最初、他の料理と比較すると平凡?なんて、浅はかな発言をしてしまったら、珍しいカカオウォータやソルベカカオなどがあとから登場。。。。。
ガナッシュショコラのムースはクリーム未使用のため・・・・・・濃厚で甘さ抑えめのクオリティの高い大人のデザートに仕上がっていました!
d0013068_13243435.jpg

プティフルはチコリと豆乳のムース、上にはカボチャのムースと種が可愛く乗っかっています。

東京に来て、初めての本格フレンチのお店がこちらだったのですが・・・・一皿一皿の料理の完成度の高さやシェフの洗練されたセンスの良さなど~モダンで美味しい料理の数々。
食事後シェフや他のスタッフが来られ、気さくに料理だけでなく、インテリアやサービス、カトラリーの話しをお聞きする事ができました~
ランチでも十分に満足感が得られる、素晴らしいフレンチ (^^)
by cherry2005 | 2008-04-30 13:52 | フレンチ | Trackback(1) | Comments(10)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧