「ほっ」と。キャンペーン

西麻布  オーベルジュ・ド・リル・トウキョウで優雅なランチ

お友達に誘われて、今年3月に閉店したザ・ジョージアンクラブの跡地にオープンしたオーベルジュ・ド・リル・トウキョウに行ってきました(5/1日オープン)
フランスのアルザス地方でミシュラン三ッ星を40年以上獲得している「オーベルジュ・ド・リル」の東京店で、ひらまつグループがプロデュースしているフレンチのお店。
(既に1号店は名古屋に出店しているみたい)
d0013068_11343293.jpg

六本木通りから一本入ったところにある英国ジョージアン王朝形式でまとめられた、誰もが目を奪われてしまう素晴らしい~白亜の洋館です。
メニューの表紙は、アルザスの美しい景色を・・・・・平松氏自らデッサンしたものだとか。
そう言えば、トシヨロイヅカと川島なお美が婚約を交わしたのもこのアルザスの「オーベルジュ・ド・リル」だそうですが、どうでもよいけどまだあの二人結婚してませんよネ?
d0013068_11423293.jpg

メインダイニングは、一階と地下1階の2層吹き抜けの空間で・・・・・・
高い天井、左右に分かれた螺旋階段、豪華なシャンデリア、真っ白な壁には素晴らしい絵画の数々が飾られ~華麗なる空間でした。
私の頭の中のBGMは~完全にウィンナーワルツが流れています♪♪ 
d0013068_11505037.jpg

アミューズはチーズ風味のグジュール、まんなかのグラスの中には、お洒落な豚の脂身のキューブ仕立てが入っていました。

↑ パンはそば粉が入ったものでエシレの無塩バターと海塩バターの2種類で・・・・こちらのパンは海塩バターと好相性で美味しい。
d0013068_12133887.jpg

2品めのアミューズは、パルメザンチーズのフランローズマリーの香り
パルメザンチーズのムースに生ハムが味のポイントになっていて、クリーミィで優しいチーズの風味が堪能できました。
d0013068_12245931.jpg

前菜はラングスティーヌとイカのクロックムッシュ、アヴォガドディップ添え
d0013068_12281089.jpg

メインは孔牛フィレ肉のポワレと茸の焼きリゾットソースブランケット
お肉か魚料理がチョイスできます。
素晴らしい焼き加減のお肉の上には、フォフグラが乗っており・・・・・絶妙な相性の良さ。
あっさりとした軽やかなソースは、主役のお肉の旨味を際立たせた~計算づくされた美味しい一皿。
d0013068_12453048.jpg


お口直しは、パイナップルのアイスと
ココナッツミルクのムース








d0013068_1252418.jpg

デザートは秋の果実のシュトゥルーデル・ヨーグルトとりんごのソルベ
バイ生地の中には、リンゴやいろんな木の実が入っていて、ヨーグルト風味のソルベと相性の良い素朴さを感じるスィーツ。
仏のアルザスと言えば、スイスやドイツに接する地域なので・・・・・・パリの洗練されたデザートと言うよりは、ドイツ文化圏の影響が強いのでしょうネ。

d0013068_13101684.jpg


コーヒー

d0013068_13113251.jpg




プティ・フール


華麗なるランチの終宴です。。。。。
現地の本店のレシピを忠実に再現しているそうですが、このゴージャスで優美な雰囲気と、アルザスの軽やかで優しいお味のフレンチはちょっとミスマッチな感じもしますが?
個人的には軽やかで繊細さの感じるフレンチは好みなので、とても楽しめました。。。。。
ちょっと残念だったのは~似たような料理やお味が重なったこと。

非日常的空間に包まれて、誰もが王子様とお姫様気分で、記念日やデートにと華やいだ気分を演出したいときには~最高のお店だと思います(^^)
Commented by toruneko65 at 2008-12-12 16:12
うわ~夢みたいな素敵なレストランですね。
オーベルジュということは宿泊もできるということかしら。
cherryさんっていいなぁ~
ランチでこんな素敵なところで過ごされるのですね。。
目の保養です。あまりに綺麗な数々のお料理に
長居してしまいました。
孔牛のフィレのお皿に見とれてしまいました。
参ったなって感じです。素晴らしい~~。♪
Commented by humsum at 2008-12-12 16:33
こんにちわ!!
華麗なるランチへ..招待!ありがとうございます!!
拝見しました..サラサラと素敵な文字列が列んでいて..
当方の知識では、判読に時間がかかりました..
レストラン内の造りに圧倒されました...正式なマナーを知って
ないと駄目ですね..今度、ご指導ください..併せて..
ご馳走してください..って言うのは、図々しいですね..(微笑)
Commented by shomama0320 at 2008-12-12 17:03
ジョージアンクラブの後はひらまつだったのですね。
ジョージアンクラブの内装そのままみたいなので、
アルザス料理とはミスマッチなのかもしれないですね。

それにしても一つ一つ、美しくって美味しそうですね~
エスコートしてくれる素敵な王子様がいないかしら(笑)

Commented by nagomi0916 at 2008-12-12 20:26
Cherryさん、お久しぶりです。
パソコンダウンから戻り、今、こつこつ、今年を振り返りUP
していっています。

ところで、やはり、かわらず、とても素敵な所にお出かけですね^^
溜息が出てしまいます。
ウィンナーワルツのイメージとほんとぴったりですね。
目で十分楽しませていただけました。
いいものをみるって、気持ちが豊かになりますね♪
Commented by picot-picot at 2008-12-13 18:43
知り合いから薦められたこともあって、ジョージアンクラブには一度は出かけてみようと思っていたのですが、あの急な閉店。確か、ミシュラン発売直後に閉店予定がわかったんですよね。本当に驚きました。

で、次にできたのがリル。実は興味がなくなっていたのですが、よく考えると、アルザスのお料理をいただけるのはおもしろい。でも、cherry2005さんの記事を拝見する限り、そんなにアルザスアルザスしていないような気もしたり。(デザートはそれっぽいですけれど)

ところでcherry2005さんに質問なんですけれど、こちらに再訪されたいです?たとえばディナーに行ってみたいと思われました??

実は夫がココ(この場所)にディナーに行きたがっているのですが、ジョージアンクラブの頃ならともかく、今はどうなんだろう?とわかんなくなってるんですよ。

行ったことがないので、想像するしかなく、ぜひcherryさんのご意見を聞かせていただければ・・と思い、コメントさせていただきました。よろしくお願いしまーす!
#長々と失礼いたしました。
Commented by moimoi at 2008-12-13 22:46 x
こんばんは!
とても素敵な空間のレストランでゴージャスですね♪ 
川島さんと鎧塚さんが・・というお話も何気に気になってしまいました~(笑)
cherryさんも記念日とかだったのでしょうか~?
お料理はもちろん、デザートまでさすが・・楽しめるという感じがします。最後のプティフールも沢山でどれから食べていいか迷いそうですね^^
Commented by ロレンス at 2008-12-14 09:52 x
大昔は別としてひらまつ系には縁がなくて(理由はない)
リンクしているページから企業情報を見ると、
今や株式会社ひらまつという東証二部上場の企業なんですね。
婚礼営業の売上が40%以上とはすごいですね。

ココはお姫様がいないと行けないお店だな(笑)
NYでもそういうお店に行けないのが残念。
Commented by suzu-kinako at 2008-12-14 11:13
とっても優雅なレストランでのひと時
多分私の生活では生涯行けそうにありません(;_;)
Commented at 2008-12-14 11:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cherry2005 at 2008-12-14 20:32
toruneko65さま
アルザスにある本店には、ホテルも併設されていて
小川のせせらぎと柳の緑に囲まれた
美しいところらしいです~~♪ 
そんな素晴らしいロケーションで~美味しい食事
堪能したいものですネ (^^)
残念ながら~日本国内のお店には
宿泊施設はないです。。。。。
孔牛フィレ肉は・・・・絶品でした (^^)
Commented by cherry2005 at 2008-12-14 20:41
humsumさま
こちらの建物のコンセプトは~
英国紳士が自分のタウンハウスを開放し
同好の志が集まるクラブを結成するというような
雰囲気を目指して造られたものだそうです。。。。。
本当に素晴らしい建物だと思います~♪
是非~大切なかたと、素敵な思い出を
作ってくださいませ(^^)
その時は、humsumさまが王子様ですネ☆ 

Commented by cherry2005 at 2008-12-14 20:48
shomama0320さま
私は今回初めてだったのですが・・・・・・
ジョージアンクラブの時に~一度行ってみたかったです。。。。。
お店の方に聞いたら、ジョージアンクラブと
賃貸契約を結んでいて、そのまま借りている
ということでした。。。。。
やはりこちらの優しい軽やかなフレンチは~
本店の素晴らしいロケーションである
小川のせせらぎと緑豊かな柳を眺めながら
楽しめたら最高だと思います (^^)


Commented by cherry2005 at 2008-12-14 21:01
nagomi0916さま
お久しぶりです。。。。。
パソコンダウンは大変でしたネ!
こちらの建物を最初にに建てられたオーナーは
最高の空間で~最高のフレンチを楽しんで欲しい
というコンセプトらしいです。。。。
優雅で洗練されたこの空間には~
ウィンナーワルツしかないですよネ♪♪


Commented by cherry2005 at 2008-12-14 21:34
picot-picotさま
今は~名古屋リルの日本人料理長が担当しており
本店のスペシャリテと彼のオリジナルも取り入れているらしいです。
アルザスの料理がどういうものかという事も分からないのですが~
picotさんが仰るように、デザートだけそれっぽいと思いました(笑)
さて~本題ですが、予算さえ合えば~私もディナー行って
みたいと思う気持もありますが、かならず再訪したい
という強い思い入れではありません。。。。
全体的に、胃に持たれない軽やかなモダンフレンチという
感じで、正統派の濃厚なソースを好まれるようだと
ちょっと物足りなさを感じると思います。。。
参考にならなくってすみません (汗)
Commented by cherry2005 at 2008-12-14 21:45
moimoi さま
特に記念日というわけではなく~
友人に誘われて行ってきたランチです。。。。。
何かの記念日にふさわしい~優雅で洗練された
特別な空間ですよネ(^^)
川島さんと鎧塚さんが婚約を交わしたのは~
アルザスの本店らしいのですが、緑豊かな川べりに
佇む絵画のような素晴らしいロケーションのところ
だそうです。。。。。夢のような話ですよネ(^^♪ 
Commented by cherry2005 at 2008-12-14 22:05
ロレンス さま
話題の仏のお店を日本に呼び寄せては~
ここ数年ほんとうに出店ラッシュですネ。。。。。
いつか「店と屏風は広げ過ぎたら倒れる」に
ならないとよいのですが・・・・・笑
是非~美しいお姫様をエスコートして
最高の空間でお食事楽しんでくださいませ(^^♪
Commented by cherry2005 at 2008-12-14 22:10
suzu-kinakoさま
こちらの優雅で洗練された華麗なる
空間に圧倒されそうですが~
ランチだと~割と利用しやすい価格設定でした♪
晴れの日に、大切なかたと良い思い出をつくるには
相応しいレストランだと思います(^^♪
Commented by cherry2005 at 2008-12-14 22:15
鍵コメさま
西麻布にひっそりと佇む白亜の一軒家は、
まるでヨーロッパの貴族の館を思わせるような
非日常的空間でした (^^♪

無事届いたのですか~良かったですネ!
寒そうですが~こちらこそヨロシクお願い致します(^^)
Commented by ako_bishoku at 2008-12-15 07:54
本当に美しい、優雅なランチでしたね♪
食べてみたいなって思う料理がいくつかありました。

シュトゥルーデル、作ったことがあるのですが、生地を
テーブルいっぱいになるまで薄く広げるのがとても手間の
かかるお菓子だったのを覚えています。 その分、とっても
美味しいのですけどね♪ つい先日読んだ、マンガ「おいしんぼ」
でも取り上げられていれ、私の中で勝手にタイムリーだな、って
思っちゃいました(笑)。
Commented by meshi at 2008-12-15 16:00 x
私も繊細フレンチが好きなので、
かなり興味津々です♪
ジョージアンクラブの時も行ったこと無かったので、
ここはとっても気になります〜。
孔牛フィレ肉のポワレがとっても食べたいです!

そうそう、私も気になってたんです。
川島直美さん達って結婚してないですよね?
やめたのかしら???
Commented by aki-to-chip at 2008-12-15 16:19
どれも美味しそうです~
でもこんなステキなところに一緒に行ってくれる男性は私の近くにはいないので^^;お友達と行きたいで~す^^
私も川島さんたちのこと気になっています。
結婚する前が長いほうが楽しいっていえば楽しいですけどね^^
Commented by cherry2005 at 2008-12-17 10:48
ako_bishokuさま
胃にもたれない~軽やかなモダンフレンチでした♪
こちらのシェフは泡、アワがお好きなようで~
チーズの風味とソースの泡が印象的でした (^^♪
シュトゥルーデルは~オーストラリアのお菓子
だったのですネ。。。。
こちらのは~中身が凄くいろんなものが入っていて
手が込んでいるみたいでした。
ほのぼのと~温かさを感じるお菓子ですネ (^^)
Commented by cherry2005 at 2008-12-17 10:54
meshiさま
私もジョージアンクラブ行ったことないんですヨ~
TVで・・・・日本にも、こんな凄いところがあるんだと
指くわえて見ていました(笑)
華麗でゴージャスなお店の雰囲気とは別に
料理は繊細で軽やか、サーピスもフレンドリーで
割とリラックスして食事が楽しめるようなサービスを
心がけている感じでした (^^)

川島さん・・・・・ここまで婚約期間が長いと、
自然消滅していないか~余計な心配してしまいますよネ(笑)
Commented by cherry2005 at 2008-12-17 11:08
aki-to-chipさま
女性どうしでも~普段とは違う
華やいだ雰囲気で楽しい食事ができると思います。。。。♪
サービスも、ゲストを緊張させずに
寛いで楽しめるような~フレンドリーなサービスでした (^^)

川島さん・・・・・話題作りとかも言われていましたが~(笑)
何年たっても~結果的にゴールインしてくれれば
おめでたいことですけどもネ (^^)


Commented by queso at 2008-12-17 20:31 x
かなり昔ですが、以前仕事でこちらのお店には行った事があります。
仰る通り、非日常の記念日ディナーのためにあるような外観&内装ですよね。(^^)
私はすっかり最近はこういったお店には遠ざかってしまいましたが・・・。
ヨロイヅカ氏は庶民的な方だったので、川島氏との婚約は驚きました。が、やはり、・・・だったのでしょうか?? 
Commented by makota_0843 at 2008-12-18 16:21
cherryさーん、ここはお城???(^^)
今にもらせん階段からお姫様が降りて来そうな雰囲気ですね~♪
私、こういうお店って行った事がないから
きっと緊張しちゃってお食事が喉を通らないかも。(笑)
こういうお店には、どんな装いでお出掛けになるのですか~?^^

Commented by cherry2005 at 2008-12-19 18:17
quesoさま
お仕事でとは~とても素敵なところへ
行かれるのですネ~♪
こちらの建物のコンセプトが・・・・・
英国紳士が自分のタウンハウスを開放し
同好の志が集まるクラブを結成するという目的らしいです。
英国紳士のいない日本の日常生活では~
かなりかけ離れた空間ですよネ(笑)

ヨロイヅカ氏・・・・・私も川島さんと婚約したと聞いた時は
驚いたというか~ガッカリしました。(^^)

Commented by cherry2005 at 2008-12-19 18:22
makota_0843さま
お城ではないのですが・・・・・
ヨーロッパの貴族の館といった雰囲気の
白亜の邸宅といったところでしょうか~♪
サービススタッフは・・・・・わりとフレンドリーで
ゲストを緊張させないようなサービスを
意識的にしているみたいで、楽しく食事ができました♪
ランチなので・・・・いつもと変わらない
服装ですヨ 。(^^)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by cherry2005 | 2008-12-12 13:43 | フレンチ | Comments(28)

美味しいものが中心の写真日記です~♪時々旅行とワインも好き。最近忙しくって、記事アップがマイペース気味です (^^)  


by cherry
プロフィールを見る
画像一覧